約22兆円のGDPが消失!中小企業の後継者問題の絶望的現実

経営者の引退を控えた中小企業をそのまま放置しておくと、2025年にはその多くが後継者不在で廃業し、約22兆円のGDPを失う恐れがあるといいます。なぜ中小企業の廃業がこれだけのインパクトがあるのでしょうか。株式会社M&Aナビ社長の瀧田雄介氏が著書『中小企業向け 会社を守る事業承継』(アルク)で解説します。

【関連記事】銀座の天ぷら職人が、跡取り息子に「何も教えない」深い理由

平均引退年齢70歳超の経営者が245万人

今後日本に訪れる「大廃業時代」を回避すべく、事業承継の在り方や具体的な手法を解説します。

 

最後まで目を通すことで、親族に会社を引き継ぐ親族内承継から第三者に会社を譲る第三者承継に至るまで、事業承継に関する幅広い知識が身に付くようになっています。

 

本連載の最大の特徴は、金融機関の事業承継支援に着目していることです。近年、金融機関は事業承継の支援に力を入れており、オーナー経営者が事業承継の相談をするのに最適なパートナーとなりえます。また、新たに普及しつつある「M&Aプラットフォーム」についても紹介していますので、基礎から最新の情報まで読者の方の理解が深まることを願っています。

 

■中小企業が承継されなければ22兆円のGDPが失われる?

 

最初の問題提起は、日本経済に襲い掛かろうとしている危機についてです。私も試算を見て驚きましたが、経営者の引退を控えた中小企業をそのまま放置しておくと、2025年にはその多くが後継者不在で廃業し、約22兆円のGDPを失う恐れがあるといいます。大企業が姿を消すならいざ知らず、なぜ中小企業の廃業がこれだけのインパクトをもたらすのでしょうか。

 

なぜなら、日本経済を支えているのは全国各地の中小企業だからです。その数は、国内にある企業約421万社のうち、99.7%を占める約419万社になっており、国内で働く人々の7割近くは中小企業に勤めています。日本の産業構造として圧倒的多数を占めるのは大手ではなく、中小企業なのです。

 

ところがいま、中小企業は大きな転機を迎えていて、それが経営者の高齢化です。その大半が60代半ばで、2025年までに平均引退年齢の70歳を迎える経営者が245万人にものぼります。

 

さらに問題なのは、そのうちの半数の約127万社で、後継者が不在だという点です。すなわち、この状況を放置すると経営は黒字であっても、高齢化を理由に廃業を選ばざるを得ない経営者がそれだけいるのです。

 

結果、会社の売上は消え従業員の雇用はなくなり、取引先の経営にも悪影響が及び、22兆円の経済損失を招くといいます。

 

株式会社M&Aナビ 代表取締役社長

1990年生まれ。広島県出身。大手業務基幹パッケージベンダー株式会社ワークスアプリケーションズにて、人事・給与プロダクト開発に従事。その後、スタートアップ企業にてサービス開発を経験し、ソフトウェア開発会社を設立。M&A ナビの開発に当初より関わり、2019年1月取締役CTOとして株式会社ALIVALに参画。2021年2月に代表取締役社長就任、商号も株式会社 M&A ナビに変更する。日本の事業承継問題を解決できるような新たなプラットフォームの創出を目指す。後継者不足で悩む経営者と親密な関係を築いている地域金融機関がM&Aのメインプレイヤーになるべきという想いから、現在は、自社サービスを地域金融機関にSaaS として提供し、地域金融機関のM&A・事業承継のDXを支援する。
株式会社M&Aナビ
https://ma-navigator.com/

著者紹介

連載後継者がいなくても大丈夫!大事に育ててきた会社を100年先につなぐ方法

※本連載は、瀧田雄介氏の著書『中小企業向け 会社を守る事業承継』(アルク)より一部を抜粋・再編集したものです。

中小企業向け 会社を守る事業承継

中小企業向け 会社を守る事業承継

瀧田 雄介

アルク

後継者がいなくても大丈夫!大事に育ててきた会社を100年先へつなぐ、これからの時代の「事業承継」を明らかにします。 日本経済を支える全国の中小企業は約419万社。そして今、その経営者の高齢化が心配されています。2025年…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ