(※画像はイメージです/PIXTA)

無差別殺傷事件が多発しています。新幹線の中で人を殺傷した青年も、交番を襲い拳銃を奪った青年も、引きこもりの経験があったといいます。なぜこれほど悲惨な事件が多発しているのでしょうか。精神科医が著書『シン・サラリーマンの心療内科』(プレジデント社、2020年9月刊)で解説します。

落ちているゴミにも不安を感じる女

精神を病む人々は、しばしば自分のせいではないことで、罪を負わせられることに著しい不安を示す。その不安は、関係のない出来事にあえて自分を結び付けるように働くことがある。例えば近所で火事があると、自分が火をつけたと疑われることから逃れるため、現場をわざわざ迂回して通ろうとする。次第に自分が放火犯と噂されていると思い込み、引きこもるようになる。

 

こういう思い込みは「関係妄想的念慮」と言い、特定の精神病に特有の症状とされるが、最近さまざまな精神的な危機状況で起こりやすくなっている。悪いことが起こるとその情報を自分に引き寄せ、あり得ないような関係付けをしてしまうのである。

 

こういった心理は、誰しもの深層心理にある不安によって引き起こされる。社会が複雑化しすぎて、善悪の判断が難しくなり、時にはメディアの増幅機能によって、些細なことで思わぬ責任を背負い込まされることもある。そのことが人々の心の底の不安を増大させている。

 

そもそも、起きてしまった事件について行われる裁判も、提示された証拠を基に判決が下されるが、提示されない真実は無数にあり、新しい証拠が加われば事件の責任の所在も変わる。良かれと思ってしたことで訴えられ、予想外の責任を取らされることもある。そこで、予めできる限りの予防線を張ることになる。昨今の契約書が、うんざりするほど細かく取り決めてあるのも、事が起きた時に責任から逃れるための工夫であり、社会の複雑化の表れであろう。

 

40過ぎの真面目な会計係の女性は、自身のパソコンがウイルス感染して会社の情報が漏れ、ひどく落ち込んでしまった。ITの取り扱いには自信があり、今まで真面目に一生懸命やってきた。それが、たかだか1回のクリックで感染を許してしまったことで自信喪失し、過剰な責任を感じるようになった。

 

幸い情報漏れは軽微で済んだが、一歩間違えれば大規模な顧客情報漏れを起こしていた。責任の重大さに打ちのめされた彼女は、パソコンに触れるだけで心臓がバクバクするようになり、キーボードが濡れるほど手汗をかくようになった。

 

そして、通りに落ちている「バナナの皮」にも不安を感じるようになった。拾って近くのごみ箱に捨てたなら、所定のごみ袋を使わず、勝手に他の住人のごみ箱に捨てたと責められるだろう。かといって、そのまま放置し、もし老人が滑って転んだら、拾わなかったことを咎められかねない。近頃、監視カメラもついているのだ。

 

結局、彼女はバナナの皮を拾って家に持ち帰らざるを得なかった。

 

ばかばかしい関係付けともいえるが、たまたま遭遇したバナナの皮という些細な情報に囚われ、自らその責任を拾ってしまったのだ。複雑化した今の社会では、これに似たジレンマが至るところで起きている。すでに医療の現場でも、責任を問われることを恐れ、ディフェンシブ・メディスン(防衛的医療)の傾向が色濃く出始め、過剰な検査を行って客観性を装よそおえる、データとマニュアルだけでの診療が進んでいる。

 

人々はこの豊かに見える時代に何か不安を感じ始めている。ほんの些細なことで大きな罪を負わされ、給与や地位、生活のすべてを奪われるかもしれない恐怖心を抱いている。そんな深層心理があり得ない「妄想」を引き起こす。

 

遠山 高史
精神臨床医

 

 

↓コチラも読まれています 

ハーバード大学が運用で大成功!「オルタナティブ投資」は何が凄いのか

富裕層向け「J-ARC」新築RC造マンションが高い資産価値を維持する理由

 業績絶好調のジャルコのJ.LENDINGに富裕層が注目する理由 

コロナ禍で急拡大!トラックリース投資に経営者が注目する理由

  「給料」が高い企業300社ランキング…コロナ禍でも伸びた会社、沈んだ会社

あなたにオススメのセミナー

    ※本連載は遠山高史氏の著書『シン・サラリーマンの心療内科』(プレジデント社、2020年9月刊)から一部を抜粋し、再編集したものです。

    シン・サラリーマンの心療内科

    シン・サラリーマンの心療内科

    遠山 高史

    プレジデント社

    コロナは事実上、全世界の人々を人質にとった。人は逃げるに逃げられない。この不安な状況は、ある種の精神病に陥った人々が感じる不安と同質のものである――。 生命の危機、孤立と断絶、経済破綻、そして……。病院に列をな…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ