(※写真はイメージです/PIXTA)

ともに会社を経営し、仕事に情熱を傾けてきた夫婦は、子どもを持たずお互いのキャリアを尊重する人生設計を選択しました。ところが法事の席で、夫の妹は兄夫婦に対し、驚くような言葉を口にします。相続実務士である曽根惠子氏(株式会社夢相続代表取締役)が、実際に寄せられた相談内容をもとに、生前対策について解説します。

【関連記事】平均給与「433万円」より厳しい…「日本人の現状」

「相続に、お互いのきょうだいを関わらせたくない」

今回の相談者は、50歳の山本さんです。山本さんは大手企業に就職後、経験を積んで起業しました。その後、仕事のつながりで知り合った8歳年上の妻と結婚しました。結婚当初、山本さんの妻は会社員でしたが、夫に触発されて独立。これまでの経験を生かした仕事内容の会社を経営しています。2人の会社はいずれも好調です。

 

山本さん夫婦には子どもがなく、仕事を中心とした生活を送っています。仕事熱心な経営者二人の収入により、築き上げた資産はかなりのものとなっています。

 

山本さん夫妻は、コロナの状況にあって、今後をしっかり考えたいと思うようになりました。

 

「私たち夫婦の両親はすでに亡くなってしまったのですが、私には兄と妹、妻には弟がいます。もし夫婦のどちらかに万一のことがあった場合、きょうだいにも相続分があると聞いています。お互いの親族を巻き込むことは避けたいのです」

 

山本さんも妻も、ごく一般的なサラリーマン家庭で育ったといいます。山本さんの実家の財産は郊外の自宅と数百万円程度の預貯金でした。

 

相続発生時、すでに会社経営が軌道に乗っていた山本さんは、兄と妹に遺産を譲り、自分は相続しませんでした。また、妻は、相続時には弟と財産を均等に分けたものの、弟はかなりの浪費家で、すぐに財産を使い切ってしまったと聞いています。

 

「とくに気がかりなのは、子どもが3人いる私の妹のことなのです。父親の法事の席で、子どもの将来について、あれこれお金のかかる計画を口にするので、妻が〈先々まで考えていてすごいわね〉といったところ、〈だってお兄ちゃんの家の財産は、いずれこっちのものになるじゃない?〉といわれ、言葉を失ったと…」

 

注目のセミナー情報

【国内不動産】2月29日(木)開催
土地オーナー必見!
高入居率×高収益×高い節税効果
「賃貸ガレージハウス」全貌公開!

次ページ妹はきょとんした表情で…

あなたにオススメのセミナー

    本記事は、株式会社夢相続のサイト掲載された事例を転載・再編集したものです。

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ