ワイン投資…ブルゴーニュワインの王様、シャンベルタンワイン (※写真はイメージです/PIXTA)

欧米で株式や債券と同じように投資対象として人気を高めている「ワイン」。今回は、コート・ド・ニュイ最大の産地であり、「ブルゴーニュの王」と称される「ジュヴレ・シャンベルタン」のワインに焦点をあてます。

【関連記事】「正規輸入代理店の裏貼りがあるワイン」が高額落札される理由

ブドウ畑を地質に着目して評価

原産地統制呼称法*1に先立つこと80年、1855年に出版された “Histore et Statistique de la Vigne et des Grands Vins de la Côte d’Or” (『コート・ドール県のブドウ樹および偉大なワインに関する歴史と統計』) においてジャン・ラヴァル博士が行ったコート・ドール*2初の格付けは、特に地質に着目し、畑を4段階に評価する方法を取りました。

 

*1:フランスの農業製品、フランスワイン、チーズ、バターなどに対して与えられる認証であり、製造過程および最終的な品質評価において、特定の条件を満たしたものにのみ付与される品質保証

*2:フランス、ブルゴーニュ地方のディジョンから南に50~60kmに及ぶ産地のこと

 

ジュヴレ・シャンベルタン村で最上位のTête de Cuvée (特級ワイン)に指定されたのは、クロ・ド・ベーズを含むシャンベルタンのみで、これに次ぐカテゴリーであったPremière Cuvée(一級ワイン)の筆頭は、1936年に原産地統制呼称法でGrand Cru (特級畑)とされたマジ・シャンベルタンやリュショット・シャンベルタンではなく、現在も一級畑のままのクロ・サン・ジャックでした。

 

政治的意見の入る余地が少なかったラヴァル博士の格付けは、現在もブドウ畑の真のポテンシャルを示しているように思います。

特級畑が集中する「ジュヴレ・シャンベルタン」

ジュヴレ・シャンベルタンはコート・ド・ニュイ*3最大の原産地統制呼称法上のコミューヌ(村)*4で、532ヘクタール(ha)に及ぶ、コート・ドールとしては広大なブドウ畑を有し、コート・ド・ニュイに24しかない特級畑のうち、9つまでもがここに集中しています。

 

*3:ディジョンの南に接するマルサネからニュイ・サン・ジョルジュまでの、長さ約20キロのエリア

*4:原産地統制呼称法(ワイン法)上の「ジュヴレ・シャンベルタン」村には、行政区分上のジュヴレ・シャンベルタン村と、ブロション村の南半分が含まれる

 

村の南側、海抜高度260~320メートルの東向きの斜面に位置する特級畑群はシャンベルタン (12.9 ha) を筆頭に、その北隣りのシャンベルタン・クロ・ド・ベーズ (15.4 ha) 、南隣りのラトリシエール・シャンベルタン(7.4ha)、クロ・ド・ベーズの北のマジ・シャンベルタン(9.1 ha)、マジの西側で斜面上部にあたるリュショット・シャンベルタン(3.3 ha)、クロ・ド・ベーズからグラン・クリュ街道を挟んで東側のグリヨット・シャンベルタン (2.7ha)、グリヨットの北隣のシャペル・シャンベルタン(5.5 ha) 、街道を挟んでシャンベルタンと向かい合うシャルム・シャンベルタン(12.2 ha)、その南に隣接するマゾワイエール・シャンベルタン(18.6 ha)で、特級畑の総面積は87haに及びます。

 

このうち、シャンベルタン・クロ・ド・ベーズの畑のワインは「シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ」という統制名称だけでなく、「シャンベルタン」という名前でも販売することができ、同様にして、マゾワイエールの畑のものは「マゾワイエール・シャンベルタン」だけでなく、「シャルム・シャンベルタン」としても販売することができます。

 

しかしながら、マゾワイエールに区画を所有する生産者のほとんどが、より知名度の高い「シャルム・シャンベルタン」名でワインを販売しているのに対し、クロ・ド・ベーズに区画を所有する生産者の多くが、知名度の高い「シャンベルタン」名を選ばず、「シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ」をそのまま名乗っているという事実は、ある示唆を含んでいます。

 

ジュヴレ・シャンベルタン村においては、地勢に由来する局地気候が非常に重要で、特級畑群の北に位置するコンブ・ド・ラヴォーと呼ばれる急峻な小渓谷が雹などの悪天候を西側に逃がす働きをするため、特級畑が降雹の被害に遭うことはまれです。

 

また、冷たい空気は斜面の底部に流れ込んでいくため、斜面最上部に位置する特級畑が霜害に遭うことは珍しく、実際、ジュヴレ・シャンベルタンの80haを超えるブドウ畑が霜害で壊滅した1985年でも、特級畑の被害は皆無でした。

 

西から東にかけて緩やかに傾斜し、西側の斜面上部ほど表土が浅く、水捌けが良い特級畑群のなかでも、シャンベルタンはやや南に向いた陽当たりの良い傾斜で、1855年にラヴァル博士が理論的にこの畑を最上としたのには、充分な理由があったように思われます。

 

【7/2(土)関連セミナー開催】

世界の富裕層が実践「フィリピン・永住権」を活用した最新・資産保全術を限定公開

 

Top Lot  ワインオークション アドバイザー

著書に『ワインの自由』(集英社)、『ワインの個性』(ソフトバンク)、論文に ‘Bordeaux Futures: The Capital Asset Pricing Model and its Risk Hedging’ (1992)、共著に『ワインと洋酒を深く識る酒のコトバ171』(講談社)、監修に『ソムリエ』(集英社)、『ソムリエール』(集英社)、『ワインのばか』(フジテレビ)など。

著者紹介

連載初めてのワイン投資…マーケットの現状と今後の可能性

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ