(※写真はイメージです/PIXTA)

独身の叔父の病状が思わしくなく、近い将来相続が発生しそうな状況です。相続人は叔母2人、相談者、相談者の妹の合計4人。すると叔母たちから、叔父の商売を受け継ぎたいから相続放棄をしてほしいとの依頼が…。妹が二つ返事で了承したことから、相談者は孤立状態です。相続実務士である曽根惠子氏(株式会社夢相続代表取締役)が、実際に寄せられた相談内容をもとに、生前対策について解説します。

【関連記事】平均給与「433万円」より厳しい…「日本人の現状」

先代からの商売を引き継いだ独身の叔父、危篤状態に

今回の相談者は、50代の女性の石井さんです。独身で子どものない父方の叔父が危篤状態で、恐らく近いうちに起こると思われる叔父の相続の件で相談したいということでした。

 

叔父は石井さんの亡父の弟で、叔父の下には2人の妹(石井さんの叔母)がいます。また、石井さんは妹が1人います。

 

叔父の相続人となるのは、叔父の妹である2人の叔母と、叔父の兄の代襲相続人となる、石井さん姉妹の合計4人です。

 

叔父は若いときに離婚を経験しており、それ以降はずっと独身です。子どももいません。30代までは会社員でしたが、その後は祖父母の商売を受け継いで成功させ、それなりの収益を上げていました。しかし、数年前から体を悪くしてしまい、介護施設に入所しています。

 

ある日、石井さんのもとに叔母のひとりから相談したいことがあると連絡が入りました。石井さんは妹ともに叔母の家を訪問すると、もうひとりの叔母の姿も見えました。

 

「叔父さんがそろそろ危ないのだけれど…」

 

そういって口火を切った叔母は、石井さんに切り出しました。

 

「前もってお話ししておきたいのだけれどもね、私たちふたりで、実家の商売を引き継いでいきたいの。だから、あなたたちは相続放棄してもらえない?」

 

石井さんの妹は「それでお爺ちゃんのお店が続けられるなら…」と叔母の話に頷きました。

 

末っ子の叔母は満足そうに微笑むと、言葉を続けました。

 

「私のうちも舅の相続を経験しているけど、手続きは本当に大変よ。面倒なことに巻き込むのも申し訳ないし…」

 

2人の叔母と石井さんの妹は、石井さんの顔を見ました。

 

「いまはなんともいえません…」

 

石井さんが小さく答えると、叔母たちは、戸惑ったように顔を見合わせました。その後、ぎこちない会話が続きましたが、相続にまつわる話し合いは中断しました。

 

注目のセミナー情報

【海外不動産】6月27日(木)開催
「家賃収益×全額返金」保証付き
安定運用を実現「カンボジア不動産」投資戦略

 

【国内不動産】7月4日(木)開催
【高利回りが続く物件の条件を徹底解説】
1都3県・駅チカ物件で利回り7%超を実現!
フルローン×新築アパート投資の全貌

次ページ相続放棄できない「切迫した事情」

本記事は、株式会社夢相続のサイト掲載された事例を転載・再編集したものです。

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録