新興国市場…2022年以降のテクノロジーのトレンド

本記事は、フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社の「2022年新興国テクノロジー市場見通し」最新レポートを転載したものです。

【関連記事】2022年2月の注目イベント

オミクロン株出現も「最悪の懸念」は過ぎ去った

【本記事のポイント】


●コロナ禍をきっかけに、新興国市場のデジタル化は不可逆的な流れとして定着しました。これまでDX(デジタル・トランスフォーメーション)をけん引してきたのは消費者向けのインターネット業界でしたが、製造業もイノベーションを利用して生産性の向上に取り組むなど、産業向けのインターネット・アプリケーションも勢いを増し始めています。

 

●総じて、インターネットビジネスはあらゆる分野に浸透しており、新興国市場ではいまだ大きな成長余地があります。インターネット関連企業が増加するにつれ、競争も激化します。

 

●もうひとつの長期的なトレンドである脱炭素化においても、テクノロジーは重要な役割を果たしています。二酸化炭素(CO2)排出量が多い企業の多くは、CO2コストの増加を見越して、積極的にテクノロジーを活用してCO2排出量の削減に取り組んでいます。

 

新型コロナウイルスの変異型「オミクロン株」の出現をきっかけに、景気をめぐる不透明感が広がり、市場も値動きの激しい展開となっています。本レポートの執筆時点では、今回のパンデミックの先行きについて結論を出すのは時期尚早であり、我々は注意深く状況を見守っています。

 

確かなのは、ワクチンの接種率が高まるとともに新たな治療法が登場しており、世界の多くの地域が新型コロナウイルスとの共存に努めているということです。新たな変異型の出現によりコロナ禍前の正常な状態に戻るのが遅れたとしても、市場の最悪の懸念は過ぎ去ったはずです。

 

コロナ禍をめぐる懸念は、格差をともないながらも徐々に後退していくと予想しています。このため、新興国市場の構造的な成長要因が再び投資家の焦点になると考えられます。

 

【5/20 関連セミナー開催】
不動産価値創造企業「レーサム」不動産小口化商品、待望の第2弾商品説明会

フランクリン・テンプルトンは70年以上にわたり、お客様により良い運用成果を提供することにすべて尽力してきました。これまでに世界160カ国以上の何百万人ものお客様からご信頼をいただき、おかげさまで当社は1.5兆ドルの運用資産を誇る世界最大級の資産運用会社となっています
※2020年12月末現在


フランクリン・テンプルトン
https://www.franklintempleton.co.jp/index.html

著者紹介

連載【フランクリン・テンプルトン・ジャパン】グローバルマーケット情報

※いかなる目的であれ、当資料の一部又は全部の無断での使用・複製は固くお断りいたします。
●当資料は説明資料としてフランクリン・テンプルトン(フランクリン・テンプルトン・リソーシズ・インクとその傘下の関連会社を含みます。以下FT)が作成した資料を、フランクリン・テンプルトン・ ジャパン株式会社が翻訳した資料です。
●当資料は、FTが各種データに基づいて作成したものですが、その情報の確実性、完結性を保証するものではありません。
●当資料に記載された過去の成績は、将来の成績を予測あるいは保証するものではありません。また記載 されている運用スタンス、目標等は、将来の成果を保証するものではなく、また予告なく変更されることがあります。
●この書面及びここに記載された情報・商品に関する権利はFTに帰属します。したがって、FTの書面に よる同意なくして、その全部もしくは一部を複製し又その他の方法で配布することはご遠慮ください。
●当資料は情報提供を目的としてのみ作成されたもので、証券の売買の勧誘を目的としたものではありません。
●フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第417号、加入協会/ 一般社団法人投資信託協会・一般社団法人日本投資顧問業協会・一般社団法人第二種金融商品取引業協会) はフランクリン・リソーシズ・インク傘下の資産運用会社です。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ