22年経済成長率は5%予想…日本人が「カンボジア不動産」に投資する方法 ※画像はイメージです/PIXTA

不動産投資家からの注目度が高いASEAN諸国。そのなかでも「カンボジア」は今後、海外からの投資が増加することが期待されています。カンボジア不動産を検討する前に知っておきたい、現地事情をみていきましょう。

【関連記事】カンボジア不動産は危険?それでも投資家が注目する3つの理由

訪問経験者に聞いた「カンボジアへの不満」は?

 

高い経済成長性から、世界の投資家から注目を集めるASEAN諸国。シンガポールやマレーシア、タイ、インドネシア、フィリピン……これらの国は、投資対象国としてもよく知られている存在です。一方で、経済成長が鈍化傾向にあることから、より高い利回りを求めて、その他の国に目を向けようという動きも加速しています。対象となる国のひとつが、カンボジアです。

 

カンボジアと聞いて思い浮かべるのは、内戦の悲劇、そして世界遺産のアンコールワットでしょうか。日本人には前出の国々と比べて、馴染みの薄い国かもしれません。

 

日本アセアンセンター『ASEAN旅行意識調査』によると、全国の20歳以上の男女1万人(海外旅行意向のない人含む)のカンボジアへの訪問経験は、「訪問したことがある」が5.4%。

 

【ASEAN10ヵ国への訪問経験】

「シンガポール」19.7%

「タイ」16.9%

「マレーシア」11.9%

「インドネシア」10.7%

「ベトナム」8.8%

「フィリピン」7.9%

「カンボジア」5.4%

「ミャンマー」2.8%

「ラオス」2.5%

「ブルネイ」1.9%

 

出所:日本アセアンセンター『ASEAN旅行意識調査』より

 

カンボジアを訪問した際に満足したこととして、「名所・旧跡」が最も高く53.2%。「歴史・文化」41.9%、 「景観・雰囲気」41.4%と続きます。一方で満足できなかったことは「治安」で15.8%。またカンボジアへの観光旅行意向がない理由も「治安に不安がある」で47.3%でした。

 

カンボジアでは1999年に反政府ゲリラ組織クメール・ルージュの武力闘争が終息し、首都・プノンペン近郊で武力衝突やテロなどの発生の可能性は低くなっています。しかし外務省による「危険レベル」は「レベル1」ながらも、「十分注意してください」が継続されています。内戦時に持ち込まれた銃火器が広く出回っている状況で、事件が度々発生。また内戦終了から、一から国をつくり上げている段階で、警察等治安組織もまだ未成熟という事情もあります。

 

【5/20 関連セミナー開催】
不動産価値創造企業「レーサム」不動産小口化商品、待望の第2弾商品説明会

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している。

著者紹介

連載資産防衛のための投資手法研究

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ