コインランドリー投資はアリか!? 「勝敗」をわける決定的要素 ※画像はイメージです/PIXTA

投資対象として定着つつある「コインランドリー」。一方で「コインランドリー投資に失敗した」という声も聞かれるようになっています。成功と失敗をわけた要因は何だったのでしょうか?

【関連記事】中小企業経営者から「コインランドリー投資」が注目されるワケ

増加の一途を辿る「コインランドリー」

 

厚生労働省『コインオペレーションクリーニング営業施設に関する調査』によると、1996年には全国で1万0,228店だったコインランドリーは、2013年には1万6,693店と1.6倍に。またコインランドリー情報誌『ランドリービジネスマガジン』によると、2017年には2万店を超えたと推計されています。

 

またNTT『アイタウンページ』で都道府県ごとにコインランドリーの店舗数をカウントしていくと、最も多い「東京都」で820店。「大阪府」「兵庫県」「神奈川県」「福岡県」と、大都市を抱える自治体が上位を占めています。

 

これだけの数のコインランドリーがあるということは、それだけニーズがあるということ。昨今、衛生意識が高まっていること、共働き世帯が増加したことなどで、「自宅ではなく外で洗濯をする」という人が増えているのです。

 

ニーズがあれば、当然、投資対象として目をつける人も。いまやコインランドリー投資は、中小企業経営者の新たな収益の柱としてだけではなく、会社員の副業としても認知されるなど、すそ野は拡大の一途を辿っています。

 

コインランドリー投資を選ぶ投資家が増える一方で、「コインランドリー投資で失敗した!」という声も聞かれるようになりました。そこにはどのような理由があるのでしょうか。

コインランドリー投資のメリット

 

コインランドリー投資には、よく言われるいくつかのメリットがあります。

 

メリット① 空室リスクがない

不動産投資と同列に語られることの多いコインランドリー投資。賃貸物件であれば当然空室が発生し家賃収入が得られない、というリスクが付きまといますが、コインランドリー投資であれば、空室リスクとは無縁です。

 

メリット② 人件費が安い

コインランドリーで展開されるサービスは、基本的にセルフサービス。無人での営業も可能です。もちろん清掃や集金などは欠かせませんが、常駐の必要はありません。

 

メリット③ 専門知識が必要ない

新しいビジネスには専門知識がつきものですが、コインランドリー経営には、特別な知識は必要ありません。フランチャイズであれば、細かな対応はすべて本部が行ってくれるので安心です。

 

ほかにも、初期費用の約70%を即時償却できるため、税金対策が必須の企業にも向いている投資だといえるでしょう。また小規模宅地等の特例が適用できることから、相続税対策として活用する人も。コインランドリー投資で利用できる税制優遇には時限があるものもあるので、最新情報をチェックすることが重要です。

 

【5/28 関連セミナー開催】
10年間「年10%」の利回り保証!「ベトナム初・5つ星スパリゾートホテル投資」の全貌

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している。

著者紹介

連載資産防衛のための投資手法研究

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ