高収入職業のはずが…老後「お金に困る医師」の「口癖」 (※写真はイメージです/PIXTA)

「医師」といえば、高給取りの代表格とも言うべき職業です。ところが今後、医師の収入は減っていく一方と言われており、従来のように診療報酬に依存していては、今の収入レベルを維持できなくなる可能性があります。

【関連記事】「お金がないなら、またアルバイトすればいいや。」…37歳勤務医が気づいた“医師の弱点”

もし訴訟されたら…?「医師になれば一生安泰」は幻想

2004年、福島県の病院で帝王切開における死亡事故が起きました。執刀医が逮捕されメディアで大々的に報道されました。結果としてこの医師は無罪となったものの、医療訴訟というものが社会的に認知された出来事であったことは間違いないでしょう。

 

2000年代は医療訴訟が急激に増加し、年間1000件以上が続いた時期でした。最近は800件程度に落ちついていますが、いつ訴えられてもおかしくないという状況には変わりありません【図表】。そのため、研修医は比較的訴訟リスクの高い産婦人科や外科を選択しない傾向があるようです。

 

(出典)医療事故情報センターホームページ
【図表】「平成29年医事関係訴訟統計から見た集中部型審理の現況」 (出典)医療事故情報センターホームページ

 

しかし、どの診療科であっても訴訟リスクはゼロではありません。ひとたび裁判となれば、たとえ無罪となっても元の職場へ復帰するのは難しいといわれています。あくまで万一ではありますが、このような事態に備えて第二の人生を想定しておくことは必要ではないでしょうか。つまり、どのような状況になっても生きていける準備をしておくのです。

医療費削減、医師余り…「医師の収入」は減る一方

「2020年4~5月、全国133の大学病院で合計約313億円の損失」(全国医学部長病院長会議)

 

「開業医の9割以上が昨年(2019年)同時期と比較して患者が減り、そのうち約35%が患者が5割以上減っている」(東京保険医協会、2020年4月の調査)

 

――これらは新型コロナウイルスの影響によるものです。コロナ禍で外来患者が減り、経営が悪化している病院が増加しているのです。「不要不急の病院通い」=「無駄」と気づいた人たちは今後も戻らないといわれています。

 

そもそも以前から病院経営は、人口減による患者の減少や社会保障費(医療費)の削減などで今後難しくなるといわれていました。

 

社会保障費に関して政府は2040年までの見通しを公表しており、2018年度に39.2兆円だった医療費は、2040年度には最大68.5兆円(1.7倍)に増大すると推計しています(厚生労働省「2040年を見据えた社会保障の将来見通し」)。

 

にもかかわらず保険料を負担する現役世代は約6500万人から約5600万人へと約15%も減少してしまう見込みです。このようなことから、国の財政のために医療費の削減は急務となっています。

 

医療費の削減は、医師の収入減に直結します。特に開業医は深刻で、厚生労働省が「外来医師多数区域」を公開するほど供給過多となっており、診療所淘汰の時代は目の前という見方もあります。そこに追い打ちをかけたのがコロナ禍です。まさに弱り目に祟り目という状態でしょう。

 

また、今後はAI(人工知能)技術の台頭も医師の収入減につながっていくはずです。

 

医師専用のコミュニティサイトなどを運営するメドピアの調査によると、42.6%の医師が「今後医師の需要は減少する」と回答しました(有効回答数3319)。その理由には「少子化」「お産の減少」などがありますが、特に目立っていたのがAI技術の導入です。同社では「診断領域では、すでにAIが現実になろうとしている。今後、診断や治療はある程度AIやロボットなどの先端技術の助けを借りつつも、医師は患者に寄り添うコンサルティング的なサービスに力を注ぐことになるだろう」とコメントしています。

 

医師の需要減少の要因は、そのほかにも「治療薬の進歩」「手術領域などへのロボット導入」などが考えられます。このようなことを踏まえ厚生労働省は「2033年には医師は余剰状態になる」と推計しています。

 

「医療費は削減」「医師は余剰状態」。これでは医師の収入は減る一方です。今後は、従来のように診療報酬に依存していると今の収入は維持できなくなります。

 

また、現在は健康診断、予防接種、コンタクトレンズ検診など比較的楽な仕事でも食べていけるようですが、それも難しくなるはずです。おそらくこのような業務に依存する医師は、弁護士同様にワーキングプアになっていくでしょう。

 

一方で今の収入を維持、またはより多く稼ぐ医師は、保険外診療や医師ならではのスキルを活かした起業などを行うのではないでしょうか。今後は「貧困ドクター」と「資産家ドクター」の二極化が進むはずです。

株式会社トライブホールディングス 代表取締役社長

1979年生まれ。東京の不動産投資会社にて、土地売買からアパート、マンション、ビル建設までを幅広く手掛ける。自らが考える不動産価値と収益を最大化する不動産物件を実現するため、2010年に㈱トライブを共同で設立。翌2011年、同社代表取締役就任。これからの高齢化社会では、不動産と医療は密接に連携すべきという持論の下、高収益と高付加価値を同時に実現する独自の不動産物件を多数手掛ける。自ら沖縄の医療法人にも助力し、倒産しかけた医療施設の再建に乗り出し、再生させた。また、新たな医療法人の立ち上げにも参画し、地域医療の活性化に努めている。著書に『なぜ医者は不動産投資に向いているのか?』『資産10億円を実現する 医師のための収益物件活用術』(いずれも幻冬舎)がある。

著者紹介

連載研修医のための金融リテラシー講座

※本連載は、大山一也氏の著書『研修医のための金融リテラシー講座』(幻冬舎MC)より一部を抜粋・再編集したものです。

知らないあなたは将来損をする! 研修医のための金融リテラシー講座

知らないあなたは将来損をする! 研修医のための金融リテラシー講座

大山 一也

幻冬舎メディアコンサルティング

「医師になったらお金の心配はいらない」なんてウソ! 「医師になれば一生安泰」。世の中のほとんどの人がそう思っているはずですが、現実はブラックな職場環境や激務などによって毎日つらい思いをし、安泰と感じている研修…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ