大発会大幅高に見る今年の本命銘柄 (※写真はイメージです/PIXTA)

本記事は、マネックス証券株式会社が2022年1月5日に公開したレポートを転載したものです。

インデックスファンドより高いリターンを狙う!
「アクティブファンド特集」を見る

 

【関連記事】2022年の日本株相場見通し

本記事のポイント

・今年の大発会は幸先いいスタート
・真のDXにトヨタはたどり着いた
・企業価値評価の中心は真のDX企業への変革に

今年の大発会…上昇幅は史上4番目の高水準

今年の大発会は500円超の大幅高と幸先いいスタートとなった。日本証券新聞によると、上昇幅(510.08円)は1992年、1996年、2018年に次ぐ史上4番目の高水準とのことだ。

 

また同紙は「発会高は年間高」のアノマリーに触れ、大発会上昇となった過去46回の年間騰落は32勝14敗(勝率69.5%)と紹介している。つまり大発会が高かった年は、年間でも約7割の確率で株価が上昇するということだ。

 

大発会で目立ったのがトヨタ(7203)の大幅高だ。115円台をつけた円安に加え、この日の日本経済新聞朝刊が「トヨタ自動車は2025年にも、次世代車の加速や安全制御機能などを一括で動かす頭脳にあたる基本的な車載ソフトウエアを実用化する」と報じたことが買い材料になった。

 

トヨタは一時、132円高の2,237円50銭まで上昇し、昨年11月17日に付けた株式分割考慮後の上場来高値を約1ヵ月半ぶりに更新した。半導体不足の解消による生産回復の期待も追い風になった。

 

さらに米国市場でもトヨタのADRが大幅に上昇した。トヨタの2021年の米国市場の新車販売台数が233万台となり、ゼネラル・モーターズ(GM)を抜いて首位になったとの報道が好感された。

 

複数の好材料の中でも、やはり「車載ソフトウエアを実用化」のニュースのインパクトが大きいと考える。

 

これはトヨタの自動車生産に対する「思考」が、テスラのそれに追いついたことを意味する。すなわち、クルマの性能の進化は「買い替え」によってではなく、ソフトを「アップデート」することで手に入れるという発想である。クルマ作りの中心にソフトウエアを据えたということだ。

 

「クルマ(vehicle)」という製品にとってもソフトが中心だが、トヨタという「自動車メーカー」にとってもソフトウエアが中心に位置づけられるようになった。

 

【8/18(土)関連セミナー開催】
節税、相続、贈与対策から資産形成まで…10万円から始める不動産クラウドファンディング

マネックス証券株式会社 チーフ・ストラテジスト

上智大学外国語学部卒。神戸大学大学院・経済学研究科後期博士課程修了。博士(経済学)。マーケットに携わって30年超、うちバイサイドの経験が20年。国内銀行系投資顧
問、外資系運用会社、ヘッジファンドなど様々な運用機関でファンドマネージャー等を歴任。
2010年より現職。青山学院大学大学院・国際マネジメント研究科(MBA)非常勤講師。
テレビ東京「ニュースモーニングサテライト」、BSテレビ東京「日経プラス9」等のレギュラーコメンテーターを務めるなどメディアへの出演も多数。

マネクリサイトはコチラ
転載元ページはコチラ

著者紹介

連載【広木隆・チーフストラテジスト】ストラテジーレポート/マネックス証券株式会社

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ