2022年から高校の授業で「資産形成」がスタート…身につけておきたい投資・運用の基本 (※写真はイメージです/PIXTA)

導入する企業が増えている企業型確定拠出年金。掛け金や運用商品は従業員が自ら決定し、投資運用していきます。せっかく企業型確定拠出年金に加入してもらっても、正しい運用がされなければ老後の安心につながらない可能性もあるため、その教育は非常に重要です。企業年金コンサルタントの細川知宏氏が詳しく解説します。

【関連記事】年金300万円、貯蓄5000万円…ゆとりのはずが老後破産の理由

ギャンブルとは別物…「投資運用」の正しい知識を

投資運用と聞くと「儲かる株の銘柄を当てる」とか「安いときを狙って買い、高いときを狙って売る」といった売買をイメージするかもしれませんが、それは投資というよりギャンブルに近いものです。

 

そのようなギャンブルではなく、安心できる資産形成のための「投資」の理論では、どの銘柄やどの国の市場が成長するのか、また、いつ値下がりして、いつ値上がりするのかといったことは予測できないということを前提にします。

 

そこで、短期的な価格変動による利益を求めるのではなく、長期的な経済の成長から利益を得るという考え方を取ります。

 

例えば株式なら、世界中のさまざまな国の株式市場に広く薄く投資をして、世界の長期的な経済成長に応じた、株式市場の成長を待つのです。また、短期的な値動きに左右されないように、一度にまとめて買うのではなく、タイミングをずらして、少しずつ投資していくことがよいとされます。

 

このように「長期・分散」の投資が基本になります。そしてその次に、その人ごとのライフステージに応じたリスクの取り方を考えます。

 

例えば、まだ若くて今後の投資期間を長く取れる人なら、一時的な減少があっても、長期的に大きなリターンが取れる可能性のあるような投資を選ぶこともできます。一方、定年退職が近くなる人は、変動が少ない投資内容のほうが安心です。

 

ところが、実際に企業型確定拠出年金導入企業の加入者に話を聞くと、まだ若いのに利息がほぼゼロの定期預金で運用していたり、逆に、もう50代半ばなのに、リスクの高い株式タイプの商品1本で運用をしていたりなど、不適切な運用の例がよく見られます。

さんびゃくしゃ 代表 企業年金コンサルタント

1964年生まれ、大阪府出身。2010年大和証券株式会社を退職。
その後独立し、2011年に資産運用を中立的立場でアドバイスするIFA法人を設立。顧客の信頼を得て、初年度を除いて10期連続黒字化を達成。
中小企業を元気にする企業型確定拠出年金を全国に普及するため、2021年には社会保険労務士、税理士と連携して「さんびゃくしゃ」を設立。
ホームページなどを通じて企業型確定拠出年金の導入をサポートしている。

著者紹介

連載社員を幸せにしながら社長の資産を増やす方法

※本連載は、細川知宏氏の著書『社員を幸せにしながら社長の資産を増やす方法』(幻冬舎MC)より一部を抜粋・再編集したものです。

社員を幸せにしながら社長の資産を増やす方法

社員を幸せにしながら社長の資産を増やす方法

細川 知宏

幻冬舎メディアコンサルティング

社員の退職金・年金を「見える化」し、社長の老後資金も増やせる⁉ 中小企業だからこそ活用できる「企業型確定拠出年金」を徹底解説。 本書では、大手証券会社勤務を経てIFA(金融商品仲介業者)となり、数々の「企業型確定…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ