「息子は亡くなったのに…」尽くしてくれる長男の嫁へ、姑が財産を残す方法は?【弁護士が解説】 (画像はイメージです/PIXTA)

夫亡きあとも舅姑と同居し、親身に面倒を見てくれた長男の嫁。姑はいたく感謝しており、ぜひ財産を相続させたいと考えています。しかし、同居する家族であっても、息子の嫁には相続権がないため、そのままでは財産を渡せません。思いを実現するには、どんな方法があるのでしょうか。長年にわたり相続案件を幅広く扱ってきた、高島総合法律事務所の代表弁護士、高島秀行氏が実例をもとに解説します。

【関連記事】妻所有の自宅に、夫の両親が突然来訪「今日からここで暮らす」拒絶は可能か?【弁護士が解説】

面倒を見てくれる、亡き長男の嫁へ財産を渡したい

鈴木陽子さんは、貸マンションを何棟も持っている資産家です。

 

陽子さんは、夫である太一さんをすでに見送っています。お子さんは、長男の太郎さん、次男の次郎さんと長女のゆり子さんですが、太郎さんは病気のため、夫の太一さんより前に亡くなってしまいました。次郎さんとゆり子さんは健在です。

 

長男のお嫁さんの月子さんは、長男が亡くなってからも孫の星男くんと星子ちゃんと一緒に陽子さん夫婦と同居して、太一さんと陽子さんの面倒を見てくれました。

 

太一さんの相続のときは、相続税のこともあり、陽子さんがすべて相続しました。

 

[図表]家族関係図

 

陽子さんは、長男の嫁の月子さんに感謝しており、ろくに顔を出さない次郎さんやゆり子さんよりも、月子さんに財産を残してあげたいと思っています。陽子さんは、どうしたらよいでしょうか。

 

①月子さんは陽子さんの娘ではないので、遺言を書いても月子さんに財産を残してあげることはできない。

 

②月子さんは陽子さんの娘ではないので、養子縁組をすれば財産を残してあげることができるが、次郎さん、ゆり子さんの承諾が必要となる。

 

③月子さんに財産を残すには、養子縁組をしなくても遺言を書けば財産を残してあげることは可能だが、税金や遺留分のことを考えると養子縁組をした上で、遺言を書いてあげた方がよい。

 

 

【5/28 関連セミナー開催】
10年間「年10%」の利回り保証!「ベトナム初・5つ星スパリゾートホテル投資」の全貌

高島総合法律事務所
代表弁護士 

1965年生まれ。慶応義塾大学法学部法律学科卒業、1994年弁護士登録。第一東京弁護士会所属。現在、高島総合法律事務所、代表弁護士。

不動産会社、個人の資産家等の顧問を務めており、『相続・遺産分割する前に読む本―分けた後では遅すぎる!』、『訴えられたらどうする!!』、『企業のための民暴撃退マニュアル』(以上、税務経理協会)などの著作がある。

「遺産相続・遺留分の解決マニュアル」をホームページに掲載している。

著者紹介

連載相続専門弁護士が解説!よくある相続トラブル実例集

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ