動物はギプスができない…ペットの骨折の治し方【獣医が解説】

人間が骨折した場合と同じように、ペットの骨折も患部を固定し、安静にすることで骨がくっつきます。しかし、動物はギプスで骨を固定することができないため、骨がなかなかくっつかず、最悪の場合骨が溶けてしまうこともあります。獣医師として数々の動物の命と向き合ってきた中村泰治氏が、ペットが骨折してしまった際の治療法を解説します。

【関連記事】犬と猫、合わせて1,800万頭!進化する「ペット」の飼育環境

レントゲン検査では発見しにくい「成長板骨折」

骨折の検査にはCTが非常に適しています。レントゲン検査で原因が分からなかった場合に、CT検査ではっきりすることはよくあります。かかりつけ医でCT検査ができない場合は、主治医に依頼してCT検査のできる病院を紹介してもらうという方法もあります。

 

レントゲン検査やCT検査に加え、さまざまな情報から病気やケガを判断することもあります。

 

例えば、受診したのが若い動物であれば、成長板骨折というケガの可能性を疑います。

 

成長板とは、骨が作られる際に重要な働きをする組織の一つです。成長期の骨にはこの成長板と呼ばれる組織があり、ここで骨が作られて、少しずつ伸びて硬くなっていきます。成長板は、通常の骨よりももろいため、衝撃が加わると折れやすくなっています。

 

この成長板の骨折は、レントゲン検査などでは判別しにくいという特徴があります。前述のさまざまなレントゲン撮影法でも判別できない場合はCT検査を実施することで診断が可能になることもあります。

 

一方で、レントゲン検査では異常がなく、年齢の高いペットであれば、関節炎などの可能性も疑います。関節炎などでも歩行に問題が起きますが、レントゲンでは異常が発見しにくいからです。

 

ほかにもCTでしか診断できないケガは多く、整形外科領域ではCTは非常に有効な検査機器の一つです。

 

例えば関節の中や足首の中など、骨が複数ある場所があります。複数ある骨のうちのどこか1つだけが折れていたり、欠けている場合は、レントゲン検査だけではなかなか分かりません。

 

また、骨盤のような箱型の骨の骨折では、同時に複数の場所が骨折しているケースがほとんどです。その場合はレントゲン検査だけでは骨折している場所が正確に把握できません。そのようなときでもCTがあれば、正確に骨折している場所を確認することができるのです。

骨折の治療が早いほど、回復も早くなる

骨折の治療は、手術が第一選択として挙げられます。また、骨折に関しては基本的に、早ければ早いほど治療がやりやすく、その後の回復も早いことが分かっています。

 

骨がずれたまま放置すると、その状態のまま周囲の筋肉が固まってしまったり、仮骨を形成して折れて曲がったまま固まったりしてしまいます。また、大きな衝撃や骨の折れ方では、開放骨折と呼ばれる骨が皮膚から飛び出す状態のこともあります。開放骨折をしている場合は、通常の手術が行えず、まずは感染に対しての治療から優先します。

 

万が一、そのような状態になってしまうと、手術は非常に難航します。そうならないために早め早めに治療を行うのがベストです。

 

基本的に骨は同じ位置に1カ月程度、固定されていれば、ある程度はくっつきます。人であれば2、3カ月かかりますが、動物であれば1カ月動かさずに安静にすれば、自然につくのです。

 

しかし人間では一般的な、ギプスで固定して安静にするという方法は、動物では困難です。

 

理由は体のサイズが小さ過ぎることや、毛が多いこと、動物がギプスを噛んでしまうことなどに加え、ギプスだとどうしても小さな動きは起こってしまい、骨が動いてしまうからです。

 

しっかり固定ができないと骨はくっつかずに、癒合不全(ゆごうふぜん)と呼ばれる状態になってしまいます。癒合不全になると、最悪の場合は骨が溶けてしまうこともあるのです。そのような状態にまで進むと、治療方法は骨の移植や人工骨の利用など、極めて難易度の高い手術しかなくなってしまいます。早い段階ですぐに手術をしてしっかり治すことが大切です。

 

【5/20 関連セミナー開催】
不動産価値創造企業「レーサム」不動産小口化商品、待望の第2弾商品説明会

獣医師

1995年日本大学卒業。獣医師。
得意とする科目は、一般外科、腎泌尿器科、脳神経科。
師匠の教えである「見る・触る・聞く」の初心を忘れずに「異変にいち早く気づく」姿勢と大学病院のような高度な検査や治療を両立することで
「少しでも助けられる命を増やしたい」を信念としている。

著者紹介

連載現役獣医師が解説!ペットの「命」を救う高度医療

※本連載は、中村 泰治氏の著書『もしものためのペット専門医療』(幻冬舎MC)より一部を抜粋・再編集したものです。

もしものためのペット専門医療

もしものためのペット専門医療

中村 泰治

幻冬舎メディアコンサルティング

飼い主のペットに対する健康志向が高まるにつれて、動物医療に対して求められることは多様化し、専門的な知識が必要とされてきています。 動物病院は多くの場合、1人の医師が全身すべての病気を診る「1人総合病院」状態が一…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ