サッチーは悪妻だったのか?野村克也監督の活躍を支えた言葉

野村克也さんの野球解説者、監督としての活躍を支えたのは、サッチーこと野村沙知代さんの叱咤激励だったという。その言葉とは。※本連載は、ビビる大木氏の著書『ビビる大木、渋沢栄一を語る』(プレジデント社)より一部を抜粋・再編集したものです。

【関連記事】ビビる大木も感動!銀座の天ぷら職人が、跡取り息子に「何も教えない」深い理由

サッチーの「本を読め、読め」の叱咤激励

強情を通すわがままを元気と誤解するな
人と争って自分が間違っておっても強情を張り通す、これが元気がよいと思ったら大間違いである。
【『論語と算盤』人格と修養】

 

■野村沙知代さんに憧れて

 

野村克也さんは45歳で現役引退されて、その翌年から野球解説者をされ、10年後の55歳のときにヤクルトスワローズの監督に就任しました。野村さんがヤクルトの監督に就任できたのは、野球解説者の仕事をしつつ、監督として成功するために10年かけてその準備に取り組んだからです。

 

その間、奥様のサッチーこと野村沙知代さんの陣頭指揮のもと、野村さんは中国古典やビジネス書など、読書を習慣化されていきました。野球解説は聞いていてさすがにおもしろいけれど話に奥行きが感じられないのは、またひっきりなしに呼ばれる講演会の評判がいまひとつパッとしないのは、言葉を知らないからだと看破した沙知代さんは、野村さんに「本を読め、読め」と言われたそうです。

 

その陣頭指揮が間違っていなかったのは、野球解説はもちろん、講演会も次第に評判がよくなっていったからです。「本を読めば、講演会でもうまく話せるようになるわよ」と、野村さんに勧めました。この読書が監督になってからも活きたと言います。

 

野村さんには、沙知代さんという名監督がいて、まさに二人三脚で奮励努力したことになります。テレビを見ながら、僕も怖いなと思いましたが、大人になってから考えてみると、結局、結婚するのなら沙知代さんのような奥さんのほうがいいのではないかと思うようになりました。

 

■僕の沙知代さんは「なんくるないさ」

 

僕のワイフについて触れます。ワイフは沖縄の人で、「なんくるないさ(何とかなるさ)」精神が人一倍強い、しかしとてもかわいい女性です。マイナス思考の僕にとって、「なんくるないさ」という音に触れると、それだけで気分が楽になる気がします。

 

僕が結婚したのは38歳です。ワイフは僕より11歳年下です。40歳で子どもが生まれ、初めて父親になりました。

 

こんなことがありました。

 

「今日は家で夕飯を食べれるかな」と思ったので、「今から帰るけれど、夕飯何かな?」と聞くと、「今日は、たい飯!」と言うのです。

 

僕は「え?」と驚きました。これまで1回も出たことがなかったメニューでした。「いつの間に鯛飯をつくれるようになったんだ。すごいな、鯛飯なんて」と感動してしまいました。何度かロケで鯛飯を食べたことがありましたが、まさに職人技を必要とする一品でした。

 

「あんなうまいものを家でできるのか」と思い、「鯛、買ったのかな?」「土鍋は確かうちにあったけれど、あれをどうにか使ってうまくやってるのかな?」と期待は膨らみ、わくわくしながら帰りました。

 

ところが、食卓を見ると、見当たりません。ワイフに、「あれ、鯛飯は?」と聞くと、「これだよ」と言って出てきたのはタイ米で炊いたご飯でした。うん、まさに「タイメシ」。ネタではなく、本人はガチンコで、タイ米のことをタイ飯だと思っていたのです。

 

「え、これタイ飯って言わないの?」

 

笑いという最高の一品を頂戴しました。

 

僕は最近、もちろん奮励努力もしますが、ワイフの「なんくるないさ」で素直に運命が開いていきそうな気がしています。渋沢さん、夫婦で協力し合っての運命との出会いもありですよね。

 

ワタナベエンターテインメント 芸人

1974年9月29日生まれ。埼玉県春日部市出身。1995年、渡辺プロダクションに所属し、コンビ「ビビる」を結成。2002年にコンビ解散、以後ピン芸人としてマルチに活躍中。

現在、テレビ東京「追跡LIVE!SPORTSウォッチャー」、テレビ東京「家、ついて行ってイイですか?」、中京テレビ「前略、大とくさん」でMCを務める。

趣味は幕末史跡めぐり。ジョン万次郎資料館名誉館長、春日部親善大使、埼玉応援団、萩ふるさと大使、高知県観光特使など、さまざまな観光・親善大使を務める。

【主な著書】
『覚えておきたい幕末・維新の100人+1』(本間康司・ビビる大木著、清水書院)
『知る見るビビる』(ビビる大木著、角川マガジンズ)

著者紹介

連載ビビる大木、渋沢栄一を語る

ビビる大木、渋沢栄一を語る

ビビる大木、渋沢栄一を語る

ビビる 大木

プレジデント社

歴史好き芸人・ビビる大木が、 同郷の偉人・渋沢栄一の遺した言葉を紐解く! 「はじめまして、こんばんみ! 大物先輩芸人と大勢の後輩芸人の狭間で揺れる40代『お笑い中間管理職』の僕。芸人としてこれからどうやって生き…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ