「お笑い芸人が出演した番組を見ない」ビビる大木が語った理由

自分が出演した番組を見ないというお笑い芸人が実は多いといいます。それはなぜでしょうか。ビビる大木氏が著書『ビビる大木、渋沢栄一を語る』(プレジデント社)で明かします。

【関連記事】夫婦合わせて収入「月48万円」だが…日本人の「平均的な暮らしぶり」の厳しい現実

「通り魔を警察より早く捕まえろ」

ビビる大木:現在のバラエティは制約だらけ!!
渋沢栄一:熱い真心が必要だ!

 

僕がまだ若手だった頃の話ですが、足立区に通り魔が出ました。「その通り魔を、警察より早く捕まえろ」というロケの依頼がテレビ局からありました。

 

そのときは、僕は普通のロケ指示だと思って快諾しました。やるのが当たり前だと思っていましたし、「どうしたら犯人を捕まえられるのかな」と本気で考えました。相方と二人でハンディカメラを持ち、街中を捜査というか、パトロールしながら撮影して歩きました。

 

結局、犯人を捕まえられませんでしたが、振り返って考えると、「すげぇことをやってたな」と思います。今、その話をすると、「今は絶対にその企画、テレビ局では通らないよ」と言われます。「それで事件になったら、誰が責任取るんだ」という話に、企画段階でなってしまうからです。

 

渋沢さんは、仕事をする際に、「単に自分の役割を決まりきったカタチでこなすだけなら、それは本来の仕事とは言えない。ただ、命令にしたがって、処理しているだけだ」と言います。

 

仕事とは、自分からやる気を持って、「こうしたいし、ああしたい」「こうやって、これをこうすれば、さらによくなるだろう」と思いつきや、理想的な展開を加えて実行していくことであり、そうなって初めて仕事は仕事になる。そのためにも、「熱い真心が必要だ」と言っています。

 

テレビの世界は、ある意味、雁字搦めです。視聴者の価値観がダイレクトに番組の内容を左右します。今まで通用していたことがダメになってくるのです。そうであるならば、考え方を変えないと、みんなに見てもらえません。そういう新しい価値観に左右されます。テレビは、最近、制約だらけです!

 

しかし、渋沢さんの言葉のように「熱い真心」があれば、もっとおもしろいテレビの世界をつくっていくことができるはずだと、僕は信じています。

 

【オンライン開催(LIVE配信)】7/9(土)開催
投資家必見!銀行預金、国債に代わる新しい資産運用
ジャルコのソーシャルレンディングが「安心・安全」な理由

ワタナベエンターテインメント 芸人

1974年9月29日生まれ。埼玉県春日部市出身。1995年、渡辺プロダクションに所属し、コンビ「ビビる」を結成。2002年にコンビ解散、以後ピン芸人としてマルチに活躍中。

現在、テレビ東京「追跡LIVE!SPORTSウォッチャー」、テレビ東京「家、ついて行ってイイですか?」、中京テレビ「前略、大とくさん」でMCを務める。

趣味は幕末史跡めぐり。ジョン万次郎資料館名誉館長、春日部親善大使、埼玉応援団、萩ふるさと大使、高知県観光特使など、さまざまな観光・親善大使を務める。

【主な著書】
『覚えておきたい幕末・維新の100人+1』(本間康司・ビビる大木著、清水書院)
『知る見るビビる』(ビビる大木著、角川マガジンズ)

著者紹介

連載ビビる大木、渋沢栄一を語る

※本連載は、ビビる大木氏の著書『ビビる大木、渋沢栄一を語る』(プレジデント社)より一部を抜粋・再編集したものです。

ビビる大木、渋沢栄一を語る

ビビる大木、渋沢栄一を語る

ビビる 大木

プレジデント社

歴史好き芸人・ビビる大木が、 同郷の偉人・渋沢栄一の遺した言葉を紐解く! 「はじめまして、こんばんみ! 大物先輩芸人と大勢の後輩芸人の狭間で揺れる40代『お笑い中間管理職』の僕。芸人としてこれからどうやって生き…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ