デジタル証券のメリット…不動産ST、REIT、クラウドファンディングの比較から考察 (※写真はイメージです/PIXTA)

2020年5月に金融商品取引法が改正されて誕生した「デジタル証券(ST:Security Token)」は、有価証券の完全なペーパーレス化、従来とは違う技術を持ったシステムによって管理される「インフラ面での進歩版」といえます。そんなデジタル証券のメリット・デメリットについて、One Tap BUY(現PayPay証券)を創業し、現在はHash DasH株式会社取締役の三好美佐子氏が、今もっとも活用が期待されている「不動産デジタル証券(不動産ST)」を例に、REITやクラウドファンディングなど、従来からある競合的な金融商品と比較して考察します。

【関連記事】ブロックチェーン技術により誕生した「デジタル証券」の実態

デジタル証券は従来の資金調達手段の「いいとこ取り」

資金調達の手段といえば、主に下記の4点が挙げられます。

 

【代表的な4つの資金調達手段】

 

1.IPO=株式の発行・上場

2.STO(Security Token Offering)=デジタル証券の発行

3.クラウドファンディング

4.ICO=新しい暗号資産の発行

 

どれも事業内容を投資家に提示してお金を集める点で共通しています。そして、発行企業側の負担としては、財務や管理体制を定められた上場基準を満たすことや300~400ページにも及ぶ書類の準備などにより1.IPOがもっとも重く、数年がかりで取り組むことになります。

 

逆に、4.ICOは監督官庁がなく企業側の負担は非常に軽くなりますが社会的な信用性も低くなります。

 

また、3.クラウドファンディングは年間に集める金額が1億円未満でなければなりません。

 

このように俯瞰すると、2.STO(デジタル証券の発行)は、金融商品取引法によりIPO同様に守られていながら、発行のための基準はそこまで高くはなく、手続き書類も50~60ページ程度まで軽減されるなど、負担がIPOほどは大きくありません。信用性が高く、発行企業にとって負担が大きすぎない資金調達手段に位置づけられます。

 

では、次に、投資家側から見たデジタル証券のメリットについて、現在もっとも活用が期待されている「不動産デジタル証券(不動産ST)」を例に、競合的な商品と比較する形で確認したいと思います。

REITとの違い:「リアルな不動産投資」に近い投資

REIT(上場不動産投信)は取引所に上場している不動産小口化商品で、株式と同じように買ったり売ったりできる金融商品です。

 

投資対象はひとつの決まった不動産ではなく複数の物件が組入れられており、REITのなかで物件を購入したり売却したりプロによる運用が行われます。

 

イメージとしては、賃貸不動産を運用する会社の株式に投資するといった感じが近いかもしれません。

 

一方、不動産デジタル証券の主流は、特定の決まった物件ひとつを購入して保有し続ける形です。複数物件で運用されるREITは1軒の物件に万一のことがあってもリスクは低減される分散投資効果がありますが、その反面、自分で物件を選ぶことはできず何に投資するか把握しにくいことになります。

 

物件が明確に分かったうえで投資することができる点で、不動産デジタル証券は分かりやすい商品です。

 

また、REITは取引所が開いていればいつでも取引できる利便性がありますが、価格が需給関係で決まるため、金利上昇や大口投資家の売却などの不動産と関係ない理由でも値下がりすることがあります。この点、株価に非常に近いところがあります。

 

一方、不動産デジタル証券は、現状、物件の評価額を基にした価格で取引されるなど不動産そのものとは関係のない要因では値段が動かない仕組みになっています。

 

なお、将来的には、デジタル証券も投資家間で取引できるようになる方向ですが、その場合でも、株式市場とは異なるプラットフォームでの取引で、また、明確なひとつの物件に投資する性質上から物件に由来しない理由では値段は動きにくくなるのではないかと推測されます。

 

決まった物件、自分で選んだ物件を購入して持ち続け、値段も安定している点で、不動産デジタル証券はリアルな不動産投資に近い手触りを持つ投資商品といえます。

 

【5/20 関連セミナー開催】
不動産価値創造企業「レーサム」不動産小口化商品、待望の第2弾商品説明会

Hash DasH株式会社 取締役

明治大学法学部卒業。
1990年東京証券(現東海東京証券)入社、投資信託商品本部に所属、その後、外資系資産運用会社を経て、2004年ユナイテッドワールド証券取締役。銀行のダイレクトマーケティングやおつり投資サービス等にも関わる。
2014年には「One Tap BUY(現PayPay証券)」創業、2021年よりHash DasHに参画。個人への財産形成手段の普及がライフワーク・テーマ。

■Hash DasH株式会社 https://www.hashdash.co.jp/index.html

著者紹介

連載One Tap BUY(現PayPay証券)創業者が語る「新時代の証券取引」

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ