妻所有の自宅に、夫の両親が突然来訪「今日からここで暮らす」拒絶は可能か?【弁護士が解説】 (画像はイメージです/PIXTA)

夫婦二人が暮らす高級マンションは、資産家のひとり娘である妻が、父親から生前贈与されたもの。ところがある日、夫は黙って自分の両親をマンションに招き入れ、「ここで僕の両親と同居する」といい出しました。妻は拒絶することができるのでしょうか。長年にわたり相続案件を幅広く扱ってきた、高島総合法律事務所の代表弁護士、高島秀行氏が実例をもとに解説します。

【関連記事】相続対策で「娘婿」と養子縁組したが…娘の離婚で起こり得る、恐ろしいトラブル【弁護士が解説】

「悪いわね、老後はここに住まわせてもらうわ」

鈴木さんは、貸マンションを何棟も持っている資産家です。鈴木さんには、ひとり娘のゆり子さんがいます。ゆり子さんは、鈴木さんから生前贈与を受けた高級マンションで、夫である太郎さんと2人で暮らしていました。

 

すると、太郎さんがゆり子さんに黙って太郎さんの両親を呼び寄せ、一緒に住むといい、太郎さんの両親が移り住んできました。夫の両親は、老後はここで過ごしたいといっています。

 

ゆり子さんは、どうすればよいでしょうか。

 

①夫である太郎さんが呼び寄せた以上、従うほかない。

②同居人である太郎さんが住むことを承諾している以上、諦めるしかない。

③夫の親を追い出すのは、人として問題がある。

④マンションの所有者は、ゆり子さんなので、ゆり子さんが承諾していない以上、太郎さんの両親に立ち退いてもらうことができる。

 

【9月27日(火)開催セミナー】
1000万円から始めるNY州シラキュース不動産
実質利回り10%以上「土地付き一戸建」
特選物件紹介セミナー

あなたにオススメのセミナー

    高島総合法律事務所
    代表弁護士 

    1965年生まれ。慶応義塾大学法学部法律学科卒業、1994年弁護士登録。第一東京弁護士会所属。現在、高島総合法律事務所、代表弁護士。

    不動産会社、個人の資産家等の顧問を務めており、『相続・遺産分割する前に読む本―分けた後では遅すぎる!』、『訴えられたらどうする!!』、『企業のための民暴撃退マニュアル』(以上、税務経理協会)などの著作がある。

    「遺産相続・遺留分の解決マニュアル」をホームページに掲載している。

    著者紹介

    連載相続専門弁護士が解説!よくある相続トラブル実例集

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    TOPへ