資産家男性の四十九日…見知らぬ女性がそっと出した遺言書に、遺族は大混乱【弁護士が解説】 (画像はイメージです/PIXTA)

資産家の高齢男性が亡くなり、遺族は遺産分割と相続税の納付の件で頭を悩ませていました。すると、見知らぬ女性が亡き男性の自筆の遺言書を携え、やってきました。そこに書かれていた内容は「全財産をこの女性に贈与する」というもの。果たして法的な効果はあるのでしょうか。長年にわたり相続案件を幅広く扱ってきた、高島総合法律事務所の代表弁護士、高島秀行氏が実例をもとに解説します。

【関連記事】相続対策で「娘婿」と養子縁組したが…娘の離婚で起こり得る、恐ろしいトラブル【弁護士が解説】

資産家男性、愛人に「全遺産を贈与する」と遺言を…

鈴木さんは、貸マンションを何棟も持っている資産家です。鈴木さんには、奥さんの花子さん、子どもに長男の太郎さんと長女のゆり子さんがいます。鈴木さんは子どもたちが独立して解放されたためか、60歳を過ぎて、行きつけの飲食店の若い従業員の愛子さんに入れあげました。愛子さんに資産を全部くれたら愛人になるといわれ、「私が死んだら全遺産を愛子さんに贈与する」という手書きの遺言を書いて渡してしまいました。

 

その後数年して、鈴木さんに病気が見つかり、亡くなってしまいました。

 

花子さんたち遺族は、四十九日の法要のあと、遺産分割と相続税の支払いについて話し合っていたところ、愛子さんが手書きの遺言を持ってやってきて、鈴木さんの遺産は遺言により全部愛子さんのものだと言います。

 

花子さんたちはどうしたらよいでしょうか。

 

①手書きの遺言は無効だから、心配する必要はない。

 

②愛人に対する遺言は無効だから、心配する必要はない。

 

③愛人に対する遺言も有効だから、遺留分を請求するほかない。

 

④愛人に対する遺言でも、事情によっては有効になる場合があり、裁判で争って無効にする必要がある。

 

お金持ちの男性に愛人がいる話はたまに聞くことがあります。また、真面目な男性が高齢になってからそのような相手ができると、免疫がないため歯止めが利かなくなるということも聞きます。今回は、そんな男性が亡くなったら全遺産を愛人に贈与するという遺言を書いて渡してしまったというお話です。

 

まずは、前提として手書きの遺言書は、有効でしょうか。

 

\\12/4開催//
「フィリピン×シンガポール」世界の富裕層が実践する資産保全術

高島総合法律事務所
代表弁護士 

1965年生まれ。慶応義塾大学法学部法律学科卒業、1994年弁護士登録。第一東京弁護士会所属。現在、高島総合法律事務所、代表弁護士。

不動産会社、個人の資産家等の顧問を務めており、『相続・遺産分割する前に読む本―分けた後では遅すぎる!』、『訴えられたらどうする!!』、『企業のための民暴撃退マニュアル』(以上、税務経理協会)などの著作がある。

「遺産相続・遺留分の解決マニュアル」をホームページに掲載している。

著者紹介

連載相続専門弁護士が解説!よくある相続トラブル実例集

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!