母親の再婚と急死が招いた「継父の子」への資産流出…防衛策はあるか?【弁護士が解説】 (画像はイメージです/PIXTA)

近年では、離婚や再婚をする方が増えてきました。しかし、それによって親子関係や相続関係が複雑化し、血縁から受け継いできた遺産が思わぬ方向へ相続されてしまうリスクがあることも、資産家の方は忘れてはなりません。具体的な対策はあるのでしょうか。長年にわたり相続案件を幅広く扱ってきた、高島総合法律事務所の代表弁護士、高島秀行氏が実例をもとに解説します。

【関連記事】相続対策で「娘婿」と養子縁組したが…娘の離婚で起こり得る、恐ろしいトラブル【弁護士が解説】

亡き母の財産を、ひとり息子と母の再婚相手で分割

山田さんは、貸マンションを何棟も持っている資産家でした。山田さんには、ひとり娘の陽子さんがいました。陽子さんは、最初の結婚で息子の大介さんをもうけますが、離婚。その後、健司さんと再婚しました。じつは健司さんも再婚で、前妻の博美さんとのあいだに裕一さんという息子がいますが、関係は疎遠です。裕一さんは母親の博美さんと暮らしています。

 

陽子さんが再婚後、山田さんが亡くなり、陽子さんは山田さんの貸マンションや預金、株式など5億円の遺産をすべてひとりで相続しました。ところがその後、陽子さんもすぐに亡くなってしまいました。

 

健司さんと大介さんは義理の親子ですが、ずっと同居していて仲がよく、陽子さんの遺産についても、義理の父である健司さんが2分の1、息子である大介さんが2分の1の割合で2億5000万円ずつ相続しました。

 

ところがその後、健司さんに病気の兆候が見えてきました。大介さんが知人にそのことを話すと、万一健司さんが亡くなった場合、健司さんの財産はほとんどが陽子さんから相続した山田さんの遺産であるにもかかわらず、健司さんと養子縁組をしていない大介さんは健司さんの相続人にはなれず、前妻の博美さんとの子である裕一さんにすべて相続されてしまう可能性があると指摘されました。

 

陽子さんの再婚相手の建司さんと、陽子さんの息子の大介さんは、陽子さんからそれぞれ2億5000万円を相続。 建司さんに万一のことがあった場合、亡き妻・陽子さんから相続した資産2億5000万円の行方は?
【相続人関係図】 陽子さんの再婚相手の健司さんと、陽子さんの息子の大介さんは、陽子さんからそれぞれ2億5000万円を相続。
健司さんに万一のことがあった場合、亡き妻・陽子さんから相続した資産2億5000万円の行方は?

 

さて、大介さんはどうしたらよいでしょうか。

 

①健司さんの遺産2億5000万円は、大介さんの母親である陽子さんから相続したものなので、健司さんが亡くなれば、陽子さんの子どもの大介さんが相続することになる。

 

②健司さんは、大介さんという息子がいる陽子さんと結婚したことにより、健司さんと大介さんは親子の関係となる。したがって、大介さんは健司さんの相続人となり、大介さん2分の1、裕一さん2分の1の相続分で遺産を相続することとなる。

 

③健司さんと陽子さんが結婚しても、健司さんと大介さんが養子縁組をしなければ親子にはならない。このまま健司さんが遺言も書かなければ、健司さんが陽子さんから相続した2億5000万円は裕一さんが相続することとなる。

 

\\12/4開催//
「フィリピン×シンガポール」世界の富裕層が実践する資産保全術

高島総合法律事務所
代表弁護士 

1965年生まれ。慶応義塾大学法学部法律学科卒業、1994年弁護士登録。第一東京弁護士会所属。現在、高島総合法律事務所、代表弁護士。

不動産会社、個人の資産家等の顧問を務めており、『相続・遺産分割する前に読む本―分けた後では遅すぎる!』、『訴えられたらどうする!!』、『企業のための民暴撃退マニュアル』(以上、税務経理協会)などの著作がある。

「遺産相続・遺留分の解決マニュアル」をホームページに掲載している。

著者紹介

連載相続専門弁護士が解説!よくある相続トラブル実例集

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!