その時、日銀はどうするのか? (※画像はイメージです/PIXTA)

米国、欧州、そして中国でもインフレ圧力が強まりつつある。過去30年間、グローバリゼーションの下で世界的に物価が安定し、日本はデフレに陥った。しかし、世界がインフレ期に入れば、日本の消費者物価も連動して上昇する可能性がある。仮に2%の目標が達成された場合、日銀はどう動くのか。それが経済や市場に与える影響について、頭の体操が必要なのではないか。

\12/2(木)緊急開催/
2022年4月、東証の「市場再編」
中小型株に生まれる投資機会とは?

米国の物価上昇:マーケットの判断はFRBと同じく「一過性」

10月の米国における消費者物価上昇率は前年同月比6.2%であり、30年ぶりの高水準だった(図表1)。欧州主要国や中国でもインフレ圧力が強まりつつある。

 

期間:1961~2021年10月 出所:セントルイス連銀、Bloombergのデータよりピクテ投信投資顧問が作成
[図表1]日米独英の消費者物価上昇率 期間:1961~2021年10月
出所:セントルイス連銀、Bloombergのデータよりピクテ投信投資顧問が作成

 

その理由について、FRBは新型コロナ禍から経済活動が再開される過程での一過性の摩擦との見解を示してきた。一方、1991年12月の旧ソ連消滅以降、米国主導のグローバリゼーションがもたらしてきた物価の安定期が、本格的な転換点を迎えつつあるとの見方も台頭している。米中両国の覇権争いが世界のサプライチェーンを分断し、資源の争奪戦が予想されるからだ。また、リーマンショック、新型コロナ禍で主要国の中央銀行が大量のマネーを供給しており、結果として通貨価値が相対的に下落する可能性も否定できない。

 

世界的なインフレ圧力の高まりは、現時点ではリスクシナリオの1つと言えるだろう。ただし、米国では賃金の上昇も加速しつつあり、複合的な要因が物価を押し上げている。危機下における金融緩和で供給されたマネーが実物資産へ向かえば、過去30年間経験のなかったインフレ局面となり得るだろう。

 

これまで、米国のインフレ連動債と10年国債の利回りから算出された市場が織り込む期待インフレ率は、1年程度先の消費者物価をかなり正確に予測してきた(図表2)。

 

期間:1998年~2021年11月10日 出所:Bloombergのデータよりピクテ投信投資顧問が作成
[図表2]米国・期待インフレ率と10年国債利回り 期間:1998年~2021年11月10日
出所:Bloombergのデータよりピクテ投信投資顧問が作成

 

しかしながら、足下は大きな乖離が生じている。マーケットは、FRB同様、現在の物価上昇を一過性と認識しているのだろう。ただし、その前提が崩れた場合、イールドカーブは右肩上がりの角度を急速に拡大することが想定される。言い換えれば、長期金利の上昇に備えるべきなのではないか。

外的な要因による物価目標達成:日銀の目標利回り引き上げが招くリスク

米国以上に影響が大きいのは日本の可能性がある。日銀が長短金利操作付き量的・質的緩和を採用しているからだ。

 

1990年代に入り、米欧主要国の物価が安定するなか、日本はデフレに陥った。逆に考えれば、米欧がインフレ期に突入した場合、日本の物価も外的要因で上昇する可能性がある。仮にコア消費者物価の上昇率が2%を超える状況になれば、日銀は10年国債利回りのターゲットを引き上げることになるだろう。結果として長期国債の価格は下落する。

 

一方、10月31日の総選挙では主要政党が財政政策を訴え、第2次岸田文雄内閣は「数十兆円規模」の経済対策を準備中だ。一般会計分はその全額が新規財源債の発行で賄われ、当面、財政赤字は大幅に膨らむだろう。

 

日銀が段階的に10年国債利回りの誘導水準を引き上げるとすれば、国債価格の下落は長期化する。そうした状況下において、国債が円滑に消化できるのか、日銀は利回り目標を維持できるのか、これは壮大な実験になるのではないか。あくまでリスクシナリオだが、念頭に入れる必要があるだろう。

 

 

※当レポートの閲覧に当たっては【ご注意】をご参照ください(見当たらない場合は関連記事『その時、日銀はどうするのか?』を参照)。

 

(2021年11月12日)

 

市川 眞一

ピクテ投信投資顧問株式会社 シニアフェロー

 

\12/2(木)緊急開催/
2022年4月、東証の「市場再編」
中小型株に生まれる投資機会とは?

 

\PR/ 年間延べ2000人以上が視聴!
カメハメハ倶楽部
「資産運用」セミナー

 

【カメハメハ倶楽部のイベント・セミナー】

※<特設ページ>富裕層のためのヘッジファンド活用

 

【12/1開催】希少な"FIT型案件”を限定公開「太陽光発電」投資の最新事情

 

【12/1開催】「立ち退き、賃料増額調停」のトラブル事例と対応のコツ<弁護士が解説>

 

【12/2開催】税務メリットとキャピタルゲインが狙える!小型航空機・ヘリ投資とは?

 

【12/2開催】プロでも間違えやすいグループ再編成を活用した事業承継のルールとは?

 

【12/2開催】2022年4月、東証の「市場再編」中小型株に生まれる投資機会とは?

 

【12/7開催】市場の変動に左右されず安定した収益を獲得するための 「ヘッジファンド」戦略

 

【12/8開催】企業オーナー向けの決算対策「オペレーティングリース」投資の基礎講座

 

【12/8開催】相続、事業・資産承継の悩みを解決する「民事信託」の具体的活用術

 

【12/11開催】償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力<幻冬舎会場・限定版>

ピクテ投信投資顧問株式会社 シニア・フェロー

日系証券の系列投信会社でファンドマネージャーなどを経て、1994年以降、フランス系、スイス系2つの証券にてストラテジスト。この間、内閣官房構造改革特区評価委員、規制・制度改革推進委員会委員、行政刷新会議事業仕分け評価者など公職を多数歴任。
著書に『政策論争のデタラメ』、『中国のジレンマ 日米のリスク』(いずれも新潮社)、『あなたはアベノミクスで幸せになれるか?』(日本経済新聞出版社)など。
2011年6月よりテレビ東京『ワールドビジネスサテライト(WBS)』レギュラー・コメンテーター。

著者紹介

ピクテは1805年、スイス、ジュネーブにおいて会社創設以来、一貫して資産運用サービスに従事し、運用サービスに特化したビシネスモデルを展開してまいりました。信用格付ではフィッチ・レーティングスからAA-の格付けを取得しております(2018年5月末現在)。注:上記の格付はピクテ・グループの銀行部門の債務の信用に対するもので、運用部門や運用能力に関するものではありません

1981年、日本経済や株式市場の調査を目的に東京事務所を設立しました。その後、1987年から機関投資家を対象とした資産運用サービス業務を開始、1997年には投資信託業務に参入し、運用資産総額は1.98兆円となっています(2018年12月末現在)。外資系運用機関の大手の一角として、特色ある資産運用サービスをお届けしております。

著者紹介

連載PICTETマーケットレポート・Deep Insight

【ご注意】
●当レポートはピクテ投信投資顧問株式会社が作成したものであり、特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではなく、また特定の銘柄および市場の推奨やその価格動向を示唆するものでもありません。
●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。当レポートに基づいて取られた投資行動の結果については、ピクテ投信投資顧問株式会社、幻冬舎グループは責任を負いません。
●当レポートに記載された過去の実績は、将来の成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
●当レポートは信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。
●当レポート中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。
●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。
●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の対象ではありません。
●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資家保護基金の対象とはなりません。
●当レポートに掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!