米国消費者物価指数 今後は「家賃」がカギに (※画像はイメージです/PIXTA)

12月10日に発表された米国CPI(消費者物価指数)は前年比+6.8%となり、1982年6月以来の高い伸び率となった。今回は市場予想と一致したことから株式市場ではひとまず安堵感が広がったが、今後はCPI全体のおよそ3割を占める住居費(家賃)が住宅価格の上昇に遅行して物価上昇を引き起こす可能性があるため注意が必要だ。

インデックスファンドより高いリターンを狙う!
「アクティブファンド特集」を見る

米国CPIは1982年6月以来の高い伸び率

12月10日に発表された米国CPI(消費者物価指数)は前年比+6.8%となり、1982年6月以来の高い伸び率となった(図表1)。

 

月次、前年比、単位:%、期間:1991年12月~2021年11月 出所:ブルームバーグのデータを使用しピクテ投信投資顧問作成
[図表1]米国CPI(消費者物価指数)と同住居費 月次、前年比、単位:%、期間:1991年12月~2021年11月
出所:ブルームバーグのデータを使用しピクテ投信投資顧問作成

 

また、変動の激しいエネルギーと食品を除いたコアCPIは前年比+4.9%となり、こちらは1991年6月以来の伸び率となった。コアCPIの内訳では、中古自動車/トラックが前年比+31.4%、新車が同11.1%と依然として高い上昇率を示したほか、レンタル自動車/トラックも同37.2%と目立った。それ以外でもテレビ(同+7.9%)、スポーツ用品(同+8.4%)、男性向けアパレル(同+7.6%)、家具・寝具(同+11.8%)といった幅広い品目で物価上昇を引き起こしていることが明らかとなり、サプライチェーン(供給網)のボトルネックに端を発した供給不足が、未曾有の高インフレを引き起こしている状況が浮き彫りになった。

 

こうした中、今後新たな物価上昇の火種となりうるのが住居費である。住居費(Shelter)は主に帰属家賃(Owner’s equivalent rent of residence)と家賃(Rent of primary residence)で構成され、CPI全体の32.4%(2021年10月時点)を占める。住居費を100%とした場合の構成比率は帰属家賃で73%、家賃で23%となる(帰属家賃とは、持ち家を所有する人がその家を借家だと仮定した場合に払うであろう想定家賃を計算したもの)。この住居費は前年比+3.8%と、CPI全体の上昇率と比較すればまだ大した伸び率とは言えないが、今後は「ボディブロー」のようにジワジワと上昇してくる可能性がある。

家賃の先行指標となりうる住宅価格指数

FHFA(米国連邦住宅金融庁)米国住宅価格指数と米国CPIの住居費を比較すると、住宅価格の上昇に遅行するかたちで家賃が上昇する傾向が見て取れる。局面によって遅行の程度(ズレ)はまちまちだが、約12ヵ月~18ヵ月前後といったところだろう。このFHFA米国住宅価格指数は2021年9月時点で前年比18.5%も上昇しているため、住宅を購入することが困難になった個人が賃貸市場に流入するかたちで、今後は住居費(家賃)が遅れて上昇することが想定される。

 

今後家賃が上昇すると考えられるもうひとつの要因としては、経済正常化の進展が挙げられる。職場への出勤や学校の再開等によって都市部へ移動する人が増えており、賃貸市場がさらに活性化してくる可能性がある。

 

出所:ブルームバーグのデータを使用しピクテ投信投資顧問作成
[図表2]FHFA(米国連邦住宅金融庁)住宅価格指数(右軸)と米国CPI(消費者物価指数)住居費(左軸) 出所:ブルームバーグのデータを使用しピクテ投信投資顧問作成

 

米主要メディアによれば、米国ニューヨーク州ニューヨーク市マンハッタンにおける集合住宅の家賃が今年11月に前年比23%も上昇したと報じられている。今回の11月米国CPIは市場予想と一致したことから株式市場ではひとまず安堵感が広がっているが、すでに主要都市部では家賃上昇が顕在化し始めているため注意が必要だ。

 

 

※当レポートの閲覧に当たっては【ご注意】をご参照ください(見当たらない場合は関連記事『米国消費者物価指数 今後は「家賃」がカギに』を参照)。

 

(2021年12月13日)

 

田中 純平

ピクテ投信投資顧問株式会社 ストラテジスト

 

\PR/ 年間延べ2000人以上が視聴!
カメハメハ倶楽部
「資産運用」セミナー

 

【カメハメハ倶楽部のイベント・セミナー】

※<特設ページ>富裕層のためのヘッジファンド活用

 

【2/3開催】金融資産1億円以上の方のための「本来あるべき資産運用

 

【2/3開催】2022年の中小型株の「有望銘柄」発掘方法とは?

 

【2/3開催】サブリース契約」のトラブル事例とその対処方法[弁護士が解説]

 

【2/3開催】クリニックオーナー必見!日本に居ながらできる「海外投資・資産管理術

 

【2/15開催】弁護士が解説する「賃貸契約のトラブル対応法 

 

【2/15開催】遺言×家族信託×後見制度!企業・不動産オーナーのための相続対策

 

【2/17開催】不動産にまつわる親族間の相続トラブルと解決法[弁護士が解説]

 

【2/17開催】現地から解説!「米国株」での資産運用&米国株式市場の見通し 

ピクテ投信投資顧問株式会社
運用・商品本部 投資戦略部 ストラテジスト 

日系運用会社に入社後、14年間一貫して外国株式の運用・調査に携わる。主に先進国株式を対象としたアクティブ・ファンドの運用を担当し、北米株式部門でリッパー・ファンド・アワードを受賞。アメリカ現地法人駐在時は中南米株式ファンドを担当し、新興国株式にも精通。ピクテ入社後は、ストラテジストとしてセミナーやメディアなどを通じて投資家への情報提供に努める。日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)

著者紹介

ピクテは1805年、スイス、ジュネーブにおいて会社創設以来、一貫して資産運用サービスに従事し、運用サービスに特化したビシネスモデルを展開してまいりました。信用格付ではフィッチ・レーティングスからAA-の格付けを取得しております(2018年5月末現在)。注:上記の格付はピクテ・グループの銀行部門の債務の信用に対するもので、運用部門や運用能力に関するものではありません

1981年、日本経済や株式市場の調査を目的に東京事務所を設立しました。その後、1987年から機関投資家を対象とした資産運用サービス業務を開始、1997年には投資信託業務に参入し、運用資産総額は1.98兆円となっています(2018年12月末現在)。外資系運用機関の大手の一角として、特色ある資産運用サービスをお届けしております。

著者紹介

連載PICTETマーケットレポート・Deep Insight

【ご注意】
●当レポートはピクテ投信投資顧問株式会社が作成したものであり、特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではなく、また特定の銘柄および市場の推奨やその価格動向を示唆するものでもありません。
●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。当レポートに基づいて取られた投資行動の結果については、ピクテ投信投資顧問株式会社、幻冬舎グループは責任を負いません。
●当レポートに記載された過去の実績は、将来の成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
●当レポートは信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。
●当レポート中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。
●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。
●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の対象ではありません。
●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資家保護基金の対象とはなりません。
●当レポートに掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧