なぜ「箇条書き思考」より「図解思考」のほうがうまくいくのか

「新しい事業を始めるとき、さまざまな課題が浮かび上がるが、それを箇条書きにしてみても、ものは考えられない。課題の大小、相互の関係、全体像などを解析するためには、図でとらえなければならない」──。セコムの創業者である飯田亮氏(現・取締役最高顧問)は、久恒氏のインタビューにこう答えたといいます。なぜ、図解思考のほうがうまくいくのでしょうか。※本連載は、久恒啓一氏の著書『50歳からの人生戦略は「図」で考える』(プレジデント社)より一部を抜粋・再編集したものです。

【関連記事】50歳を乗り越えても…65歳で急に「転落の危機」に陥るワケ

「文章至上主義」と「箇条書き信仰」から脱しよう

この連載の目的は、人生鳥瞰図を作成することによって、自分の人生の棚卸しを行い、壮年期に向けて新たな人生戦略を立て、ライフデザインを描くことにあります。

 

人生鳥瞰図の作成の仕方については別稿で述べますが、そこで紹介するのは、人生鳥瞰図の基本的なモデルです。自分の人生鳥瞰図は、それを参考にしながら、自分で描いていくことになります。

 

そこで、必要になるのが、「図解思考」です。

 

図解によって、ものごとの全体の構造をとらえ、何が本質的に重要であるのか、ものごとの本質的な意味を明らかにするのが図解思考です。

 

一般的に ものごとを簡潔に整理して理解したり、考えたり、相手に伝えようとしたりするときに、多くの人が用いるのが文章と箇条書きです。しかし、文章はごまかしがきく。そして箇条書きでは大小、重なり、関係がわからない。

 

会社内で次々と作成される報告書、企画書、稟議書、連絡書など、「書」と名のつくものは、おおよそすべてが文章化されています。社会に出て仕事をするうえで、「文章を上手に書けることが重要なスキルである」と、少しも疑わずに仕事をしていた人が大部分でしょう。

 

しかし、文章を書き、それをもとに議論すると、細かな言葉の使い方などに深入りすることになって疲弊し、徒労感に襲われることも多い。「文章至上主義」といってもいいでしょう。

 

また、書いた本人も、ものごとを構成する「重要なポイント」などを箇条書きにすると、わかりやすく整理されたような気がするので、箇条書きを自明のこととして多用してしまう。「ビジネス文書は箇条書きにするもの」と信じて疑わない。これはまさしく「箇条書き信仰」といってもいいでしょう。的確に「理解し、考え、伝える」ことができるというビジネスの基本的な条件を満たすうえで、箇条書きには大きな欠点があるのです。

 

それは、ひと言でいえば、箇条書きで列挙された各要素の関係性が明確に示されないということです。それぞれの要素がどうつながり、全体とどんな関係があるのかが不明確である。それが、的確に理解し、考え、伝えることを阻害してしまう。

 

「文章至上主義」と「箇条書き信仰」から脱却することが必要です。

 

多摩大学 名誉教授
宮城大学 名誉教授
 

1950年、大分県中津市生まれ。九州大学法学部卒業。

1973年、日本航空に入社。広報課長、経営企画担当次長などを歴任した。一方、社外の「知的生産の技術」研究会で活動を重ね、図解コミュニケーションの理論と技術を開発し、1990年に初の単著『コミュニケーションのための図解の技術』(日本実業出版社)を刊行した。

1997年、早期退職し、新設の県立宮城大学教授(事業構想学部)に就任。学生部長、キャリア開発室長、大学院研究科長、総合情報センター長、学長補佐などを歴任。また、国土交通省や経済産業省の環境政策、人材育成の研究会委員、宮城県の行政改革、長期総合計画、農業など27の委員会委員長、委員を務めるなど地域活性化に貢献した。

2008年、多摩大学経営情報学部教授に就任。2012年、経営情報学部長、2015年、副学長、2019年、多摩大学特任教授、多摩大学総合研究所所長を歴任し、2021年より現職。

NPO法人知的生産の技術研究会理事長。「日本人のアタマの革命(図解)とココロの革命(人物研究)」をライフワークとする。両分野の著書は100冊以上、『久恒啓一図解コミュニケーション全集』全10巻(日本地域社会研究所)を刊行中。

久恒啓一図解WEB:http://www.hisatune.net/
図解塾:https://note.com/metakit/m/mf7154ea1785b

著者紹介

連載50歳からの人生戦略は「図」で考える

50歳からの人生戦略は「図」で考える

50歳からの人生戦略は「図」で考える

久恒 啓一

プレジデント社

「人生鳥瞰図」で仕事も人生もうまくいく! 大人のためのキャリアデザインの教科書。 私は日本人の「アタマの革命(図解)」と「ココロの革命(遅咲きの人物伝)」の二つをライフワークとしている──。 こう語るのは、…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ