税務署に「目をつけられやすい申告」とは?…税務調査を避ける方法を税理士が解説 (写真はイメージです/PIXTA)

相続税の税務調査はいつ頃来るのでしょうか。税務調査が入りやすいのはどういった場合か、税務調査を避けやすくするにはどうすればよいのか…ということとあわせて、税理士法人・都心綜合会計事務所の税理士・天野清一氏が解説します。

「税務調査は無作為で行われているわけではない」

相続税の申告をすると、その内容が本当に正しいかどうか調べるために税務職員が家にやって来て、調査が行われることがあります。

 

税務調査は亡くなった方の自宅へ、2人くらいでやって来る場合が多く、2日間ほどかけて行われることが一般的です。その間、相続人の方は主に申告内容についての質問を受けたり、資料の提出を求められたりと、対応に追われることとなります。

 

この税務調査は、相続税の申告を行った後、半年~2年ほど経ってから行われることが多いです。税務署も申告内容を確認したり、内容を調査したりする時間が必要ですので、申告後すぐに来るわけではありません。

 

さて、税務調査は無作為で行われているわけではありません。

 

調査の対象になりやすい申告、簡単に言うと、目をつけられやすい申告というものがあります。どのような申告でしょうか。

 

まずは、申告書に間違いがある場合や、申告書に添付されている資料に不備があるものです。申告書や資料におかしなところがあれば、申告した内容も疑わしいと思われるのは当然のことです。

 

続いて、申告した相続財産が単純に高額である場合も、税務調査の対象になりやすいと言えます。おおむね3億円を超えると対象になる確率が高まると考えてよいでしょう。

 

また税務署が予想していた額より申告された相続財産が少なかったという場合も、税務調査の対象になりやすいといえます。

 

税務署はそれまでの確定申告書などの情報から、個人の財産をある程度把握しています。もし税務署が把握している情報よりも、相続税の申告書に書かれた財産が極端に少なければ、脱税のために財産を隠したのではないかと疑われやすくなります。

 

このような基準で税務調査が入りやすくなるのですが、逆に税務調査を避けやすくする方法もあります。

税理士法人 都心綜合会計事務所 代表

昭和24年3月 足立区で生まれる

昭和46年3月 中央大学商学部卒業

昭和50年4月 税理士登録

昭和52年7月 天野清一税理士事務所開業

平成16年8月 新宿区神楽坂に事務所を移転し、都心綜合会計事務所として現在に至る。

平成17年7月~平成23年9月 TKC東京都心会 会長

平成23年9月~ TKC東京都心会 顧問



現在、全国相続協会相続支援センター新宿区神楽坂相談室の室長も務める。

全国相続協会相続支援センター https://www.souzoku-kyoukai.com/

著者紹介

連載税理士が解説!後悔しない「相続税対策」

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!