相続した土地には崖がある…税理士が相続税の計算方法を解説 ※画像はイメージです/PIXTA

もし、相続予定の土地の一部に崖があったら。建物を建てることはできないので、相続税は安くなりそうだけど…。本記事では、特殊な土地の相続税税評価額の求め方を解説します。

がけ地補正率で覚えておきたい2つのこと

がけ地補正率を使って評価額を調整する土地は、図表1のように一つの区画に平坦な部分とがけ地の部分がある土地です。

 

[図表1]がけ地補正率を使って調整する土地の例

 

がけ地補正率を使って評価額を調整するときは、平坦な土地であると仮定して求めた評価額にがけ地補正率をかけます。がけ地補正率の値が小さいほど、土地の評価額は下がることになります。がけ地補正率を使った評価では、次の2つのことが影響します。

 

・がけ地になっている方角

・全体の地積のうちがけ地部分の地積の占める割合

 

それぞれについて詳しくみていきます。

補正率はがけ地になっている方角によって異なる

がけ地補正率の値は、がけ地になっている方角によって異なります。図表2のがけ地補正率表で示されているとおり、北が崖になっている場合が最も評価が低くなり、西、東、南の順に評価は高くなります。

 

[図表2]がけ地補正率表

 

補正率は全体の地積のうちがけ地部分の地積の占める割合によって異なる

がけ地補正率の値は、全体の地積のうちがけ地部分の地積の占める割合(がけ地割合)によっても異なります。がけ地部分の割合が多いほど利便性が悪くなると考えられているためです。

 

図表2のがけ地補正率表で示されているとおり、がけ地割合が全体の10%以上であれば、がけ地補正率による調整の対象になります。がけ地割合が10%増えるごとに評価額は低くなります。

 

がけ地割合は、次の算式で計算します。

 

がけ地割合=崖部分の地積/全体の地積

3ステップでできる「がけ地補正率」による計算方法

がけ地補正率を使った土地の評価方法を理解していただくために、図表3をあげてステップ別に計算方法を説明します。簡単な事例であれば、がけ地補正率を使った評価額の計算はご自身でもできます。

 

[図表3]がけ地補正率が適用できる土地の例

【STEP1】がけ地の地積を測る

がけ地の地積を測るには測量を依頼することになりますが、がけ地の測量は費用がかかるためあまり現実的ではありません。また自分で測ろうとしても崖になっているのではなかなか難しいと思います。

 

一つの方法として平坦な部分の地積を測り、登記簿の地積からマイナスして残った部分をがけ地の地積とするやり方があります。そのときに注意しなければならないのは、登記簿の地積が実際の地積と異なる場合(縄伸びなど)があることです。相続税の財産評価では実際の地積で評価することとなっているため、登記簿の地積をそのまま使うと相続税の計算を間違えてしまう可能性もあります。

 

登記簿の地積が実際の地積と異なる可能性があれば、費用をかけてでも土地全体の測量を依頼することをおすすめします。

相続税を専門に取り扱う珍しい税理士事務所。年間1,500件(累計7,000件以上)を超える相続税申告実績は税理士業界でもトップクラスを誇り、中小企業オーナー、医師、地主、会社役員、資産家の顧客層を中心に、低価格で質の高い相続税申告サービスやオーダーメイドの生前対策提案等を行なっている。各種メディアやマスコミから取材実績多数有り(※写真は代表社員 荒巻善宏氏)。

税理士法人チェスター http://chester-tax.com

著者紹介

連載専門の税理士が解説~すぐに役立つ「相続税対策」実践講座

本連載は、税理士法人チェスターが運営する「税理士が教える相続税の知識」内の記事を転載・再編集したものです。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧