祖父の死から10年経たずに父が他界…相続税が軽減される「相次相続控除」を税理士が解説 ※画像はイメージです/PIXTA

「相次相続控除」とは、今回の相続における被相続人が過去10年以内に別の相続で財産を取得し相続税を支払っていた場合に、過去に被相続人が支払った相続税の一部を今回の相続税から控除できるという特例です。この特例を正しく理解していないと相続税を払い過ぎて損をしてしまう可能性があります。そこで本記事では「相次相続控除」の基本について見ていきます。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

「相次相続控除」とは?

[図表1]相次相続控除とは

 

[図表1]の通りですが、第1次相続で今回の被相続人が支払った相続税のうちの一部を、今回の相続(第2次相続)における相続税の計算上控除できるという制度内容となります。

 

なお、控除できる相続税の税額の計算式は[図表2]の通りとなっています。

 

[図表2]相次相続控除の計算式

 

相次相続控除の計算式A=今回の被相続人が前回の相続で支払った相続税

B=今回の被相続人が前回の相続でもらった財産価額

B=今回の相続における財産価額の合計額

D=今回の相続で相次相続控除をうける相続人が取得した財産価額

E=前回の相続から今回の相続までの経過年数(1年未満は切り捨て)

 

[図表2]の計算式を見ると、かなり複雑なように見えますが、分かりやすく言い換えると、

 

今回の相続の被相続人が前回の相続のときに支払った相続税のうち

“前回の相続から今回の相続までの経過年数“×10%部分 を減額した金額

 

ということになります。

 

たとえば、今回の相続の被相続人が前回の相続で100万円の相続税を支払ってすぐに亡くなっていた場合には、経過年数による減額はないので、この100万円がそのまま今回の相続税の計算上控除されるということになります。

相次相続控除が適用できる者の要件

以下の3つの要件があります。すべての要件に当てはまる必要があります。

 

1)相続人であること

今回の相続の被相続人の相続人であることが条件です。そのため、遺言書で財産をもらった受遺者や、相続放棄をして生命保険のみを取得した者などは含まれません。

 

2)今回の相続発生前10年以内に発生した相続により被相続人が財産を取得

連続して10年以内で相続が発生している場合にのみ適用が可能です。

 

3)前回の相続で被相続人に相続税が課税されていること

前回の相続で被相続人が相続税を支払っていることが要件となります。例えば、配偶者の税額軽減等で前回の相続では相続税の納税が生じていなかったようなケースでは、この要件には該当しないこととなります。

 

\\11/2(火)開催//
2023年3月末日まで 投資金額4,200万円 ⇒ 2,900万円の 「一括償却」 “コインランドリー事業”

相続税を専門に取り扱う珍しい税理士事務所。年間1,500件(累計7,000件以上)を超える相続税申告実績は税理士業界でもトップクラスを誇り、中小企業オーナー、医師、地主、会社役員、資産家の顧客層を中心に、低価格で質の高い相続税申告サービスやオーダーメイドの生前対策提案等を行なっている。各種メディアやマスコミから取材実績多数有り(※写真は代表社員 荒巻善宏氏)。

税理士法人チェスター http://chester-tax.com

著者紹介

連載専門の税理士が解説~すぐに役立つ「相続税対策」実践講座

本連載は、税理士法人チェスターが運営する「税理士が教える相続税の知識」内の記事を転載・再編集したものです。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧