▲トップへ戻る
信託財産の管理以外にもある受託者の役割とは?

前回は、善管注意義務と忠実義務の義務以外に重要となる受託者の義務について説明しました。今回は、委託者の信託財産を管理する以外の点で、受託者が行うべきことを見ていきます。

手間を省くことを目的とした信託事務の委託は禁止

自己執行義務とは受託者が自ら信託事務を行わなければならない義務をいいます。受託者は委託者との信頼関係に基づき、信託事務を行うわけですから、原則として、受託者自身が事務を行うのは当然のことです。

 

とはいえ、分業化、専門化の進んだ現代社会において、すべてを受託者自身で行うことには無理があります。そこで信託法の改正では、一定の要件を定めた上で、受託者が信託事務を第三者に委託することを可能としました。信託法28条は、以下のような要件を満たした場合には信託事務の委託が許容されるとしています。

 

①信託行為に信託事務の処理を第三者に委託する旨又は委託することができる旨の定めがあるとき。

②信託行為に信託事務の処理の第三者への委託に関する定めがない場合において、信託事務の処理を第三者に委託することが信託の目的に照らして相当であると認められるとき。

③信託行為に信託事務の処理を第三者に委託してはならない旨の定めがある場合において、信託事務の処理を第三者に委託することにつき信託の目的に照らしてやむを得ない事由があると認められるとき。

 

もっとも、信託事務を第三者に委託するに当たっては信託の目的に照らして適切な者に委託し、かつその第三者に対し、必要かつ適切な監督をしなければなりません(信託法35条)。そのため、受託者が単に手間を省くことなどを目的として第三者に信託事務を委託することはできません。

 

さらに、信託業法では、信託事務の全部委託を禁止するなど、信託法よりも細かく規制しており、委託者、受益者に損害を与えるような委託はできないようになっています。

帳簿作成・保存にも明確なルールがある

委託者の財産を預かる以上、受託者は、信託財産の管理をするだけでなく、帳簿を作成、保存し、財産の状況を委託者に説明しなければなりません。そのため、信託法は37条で、「受託者は、信託事務に関する計算並びに信託財産に属する財産及び信託財産責任負担債務の状況を明らかにするため、法務省令に定めるところにより、信託財産に係る帳簿その他の書類又は電磁的記録を作成しなければならない。」と定めています。

 

ここでいう法務省令とは、信託法とともに施行された、信託の計算等に関する事項について定めた法務省令のことを指します。また、同条では「受託者は、毎年1回、一定の時期に、法務省令で定めるところにより、貸借対照表、損益計算書その他の法務省令で定める書類又は電磁的記録を作成しなければならない。」とも規定されています。

 

こうして作られた書類等は、下記の通り、一定期間保存しておくことが義務づけられています。委託者、受益者はこれらの書類を閲覧する権利を持っており、信託財産の状況やその他の情報等を必要に応じて知ることが可能となっています。

 

【図表 帳簿の保存義務】

虎ノ門法律経済事務所 所長弁護士

昭和41年3月、中央大学法学部法律学科卒業。昭和48年3月、早稲田大学大学院修士課程政治学研究科修了。昭和45年4月、弁護士登録(東京弁護士会)。昭和47年4月、千賀法律事務所を開設(現在の虎ノ門法律経済事務所)。平成11年に日弁連常務理事、平成12年に東京家庭裁判所調停委員、平成14年に東京弁護士会弁護士研修センター運営委員会委員長など、数多くの公職を歴任。現在は、虎ノ門法律経済事務所を母体とする株式会社虎ノ門サポート信託の代表取締役も務め、個人を中心に不動産信託に特化した財産管理のサポートをしている。

著者紹介

連載資産防衛のための「信託」の基礎知識

本連載は、2013年12月2日刊行の書籍『資産運用と相続対策を両立する不動産信託入門』から抜粋したものです。その後の法改正は反映されておりませんので、ご留意ください。

 

資産運用と相続対策を両立する 不動産信託入門

資産運用と相続対策を両立する 不動産信託入門

編著 千賀 修一

幻冬舎メディアコンサルティング

高齢の不動産オーナーなどは、老後の不動産管理や賃貸経営、そして相続に関して、さまざまな不安要素が生じてくるものです。不動産管理に関する知識がなかったり、あるいは財産を目当てとした思わぬトラブルなどが発生したりし…

 

海外不動産セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

オーナー必見!ハワイ不動産の「管理戦略」「出口戦略」最新事情

~これから購入する人も知っておきたい、売却まで見据えた「ハワイ不動産投資」のポイント<br>「ハワイ不動産売却時の税務」に精通した専門税理士もゲストで登場!

講師 内藤 克 田村 仁 氏
日時 2018年09月13日(木)
内容

・高値で売れる物件、なかなか売れない物件・・・

 2018年最新版!ハワイ不動産の売却事情とは?

・ハワイ不動産の所有や売却にかかるコスト、

 本当は何がどれくらいかかるのか?

・ハワイ不動産売却の基本的な流れ

・所有不動産の価値を下げずに売却するためのポイント

・売却まで意識したハワイ不動産の管理・修繕のポイント

・ローンの活用もあり!ハワイ不動産の上手な「買い替え方」とは?

・ハワイ不動産売却時の税務(解説:内藤克税理士)

・成功事例で見る「購入価格<売却価格」での売却パターン

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧