謎だらけの「ロータリークラブ」…例会に参加した税理士が驚愕 (※写真はイメージです/PIXTA)

高崎経済大学経済学部教授、さくらジャパン税理士法人の税理士である田中久夫氏の著書『ロータリークラブに入ろう!』より一部を抜粋・再編集し、知られざる「ロータリークラブ」の魅力について解説する。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

初めての「ロータリークラブ」例会は驚きの連続で…

例会の会場は、地元のホテルGVだ。指示された時間通りに3階の会場に行くと、紹介者のMK社長など数人が出迎えてくれた。

 

最初に、会長であるNKさん、幹事のYJさんという方との面会があった。NKさんは東京で事務所を持っている弁護士さん、YJさんは紙製品卸会社の社長とのことであった。NK会長は、「ようこそ」と言って、僕に握手を求めてきた。どうやら、この会は握手をすることが挨拶なのだと知った。彼が言うには、「僕も、今日から会長になったんだ。一年間よろしく」

 

えっ、今日から? しかも一年間だけ?

 

ここで知ったのは、

 

①ロータリークラブの年度は7月1日から翌年の6月30日までの1年間であること。……アメリカナイズの年度だ! カッコいい!

②役職の任期はすべて1年きりで、会長といえども例外ではないということ。……民主的だ! さすがアメリカン!

③クラブで一番偉いのは会長であり、その番頭役のナンバー2を「幹事」と呼ぶこと。

④入会が認められるのは、NKさんのように住所か職場のいずれかが地元かその近隣にあればOKであること。その地に住んでなければならないということではない。

 

さあ、例会がはじまった。会場には10人ほどが座れる円卓がズラリ。総勢70人はいるだろうか。席は自由だということだったが、新会員の紹介があるからといって上座の席に通された。そのときMK社長が小声で一言。

 

「新人は、最初だけは上座に座れるけど、次回からはもう少し下の方に座った方がいいよ。新人のくせに生意気だ、と言う人もいるからね」

 

おや、案外、和風の序列意識を持つウエットな会員もいるのだな、と思った。

 

会長や幹事、その他副会長などの役員の席は、ステージの両隣に会員の方を向いてセットされている特別席だ。ステージの後方には、国旗とロータリーのマークらしい歯車模様が描かれた旗が下がっている。もう一つ、「四つのテスト」と書かれた不思議な布きれも鎮座している。

ついに例会スタート「会長、点鐘をお願いしま~す」

時間になった。おもむろにYJ幹事が立ち上がって言った。

 

「会長、点鐘をお願いしま~す」

 

NK会長はステージに立ち、目の前にある洋風の釣り鐘のような形の鐘を小さな木槌(きづち)で1回叩いた。チ~ン! 心なしかか細くて、でもいやに澄んだ音がした。その瞬間、会場の皆が一斉に立ち上がる。

 

何だ? 何が起きたんだ? 僕も立つのかな?

 

\\11/2(火)開催//
2023年3月末日まで 投資金額4,200万円 ⇒ 2,900万円の 「一括償却」 “コインランドリー事業”

日本には1億2000万の「LIFE」がある――。幻冬舎ゴールドライフオンラインは、その一つひとつのLIFEに光を当てる、市井(しせい)の人々が主役のWEBメディアです。
掲載ジャンルは、論説、小説、仕事、お金、文化、食、エッセイ、健康など。毎日15本以上の記事をお届けしています。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドライフオンライン人気記事

本記事は幻冬舎ゴールドライフオンラインの連載の書籍『ロータリークラブに入ろう!』(幻冬舎MC)より一部を抜粋したものです。最新の法令等には対応していない場合がございますので、あらかじめご了承ください。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧