40代から増える「ひざの痛み」…整形外科と整骨院どちらに行くべき? (※写真はイメージです/PIXTA)

40歳を超えた頃から、徐々にひざの痛みを訴える人が増えてきます。「年齢のせい」と放置する人が多いようですが、実際は「ひざの疾患」が原因かもしれません。最も多いのは「変形性膝関節症」といって、膝関節がしだいに変形し、痛みや炎症を起こす病気です。進行すれば歩行困難になる恐れも…。本稿では、なるべく早く対処するために知っておきたい、「受診」のポイントを見ていきましょう。

【医師限定】節税、開業、資産形成…全部叶える!
資産家ドクターになる「不動産投資」講座 開催中>>

「1~2週間続く痛み」や「症状の再発」は限界のサイン

よく指をポキポキ鳴らす人を見かけますが、ひざを曲げたときにもポキポキと音がしたり違和感があったとしても、人が気にすることはほとんどありません。たまに痛みが出たとしても、「ひざをどこかにぶつけたかな」とか「ひざを捻ったのかな」と思い、市販の痛み止めを飲んだり湿布を貼って様子をみています。

 

そのうちに、頻繁にひざが痛むようになってきます。日中の動作だけではなく、夜間に寝ていても痛くて眠れなくなるなど、それまで使用していた市販薬では治まらない状態が続くと、さすがに「おかしい」と思って受診する患者さんを多く見かけます。特に高齢者の場合は我慢強い人が多く、40歳以降のひざ痛に最も多い「変形性膝関節症」では、進行期や末期になってから受診するケースも少なくありません。

 

しかし、痛みが1~2週間続いたり、ひざが腫れてきたり、しばらく様子を見て1度は良くなったのに再び痛くなり、それを繰り返すようになったりしたときは、それ以上放置せずに整形外科専門医を受診してください。

 

また、階段の上り下りがつらい、正座ができなくなったなど、日常生活で今まで感じたことのない症状が現れた場合も、受診のタイミングといえます。

 

10/13 オンライン開催(LIVE配信)
【医師・歯科医師限定/参加特典付き】「栄養療法」にご関心のあるドクター必見!
予防・根本治療を目指す「サプリメント活⽤」の成功ノウハウ>>

ひざ疾患を正確に診断・対処できるのは医療機関だけ

なかには医療機関ではなく、接骨院や整骨院といった治療院に行かれる人がいます。変形性膝関節症の場合は、確かに治療院でも外見的にある程度の判断がつきますが、同じ症状でも別の病気の可能性は否定できません。それを判断するにはレントゲンなどの検査が必要となり、確定診断を下せるのは医師だけなのです。初期の対応を間違えると、症状を進行させてしまう危険があるため、きちんと診断を受けるうえでも医療機関を受診することをお勧めします。

 

受診する際のポイントは、どのようなときに困っているのか、何をするときに痛みが出るのかを具体的にメモしていくこと。意外なことに、ひざが痛いと訴えはするものの具体的なことは分からずに受診される方も多くいます。どのようなときに痛いのかを自覚していないまま治療を行っても、満足のいく効果は得られません。何をするとき、どのような動きをするとき、どこが痛いのかを覚えておきましょう。

事前に「問診で聞かれること」を知っておくとスムーズ

中高年や肥満ぎみの人がひざ痛を訴えたときには、多くの場合で変形性膝関節症の可能性が高いのですが、それ以外にも半月板損傷や関節リウマチ、感染症などもあります。生命に関わる重大な病気にかかっているかもしれませんので、年齢や体型などで判断することなく、正確に病気を特定するうえでも検査はとても重要です。

 

患者さんが受診すると、医師はまず問診・視診・触診・X線検査を行ってひざの状態を把握します。そして、必要に応じてMRI検査、血液検査、関節液検査を行います。これらの検査結果から病気を特定して診断を下し、治療を始めることとなります。

 

【問診】

ひざの痛みについて、いつから現れたのか、原因に思い当たることはないかなど症状に関すること、また薬を服用しているか、ヒアルロン酸などの注射を受けたことがあるかといった治療に関することをお聞きします。具体的には次のような質問をされますので、あらかじめ思い返しておくと良いでしょう。

 

なお、医師の質問に対して分からないことは、正直に「分かりません」と答えてください。無理にこじつけた答えをすると、診断を誤る原因になるからです。

 

●どこが痛みますか

●いつから痛みますか

●どんなときに痛みますか

●何かスポーツをしていますか。過去にしていましたか

●寝ているときに痛みますか

●痛み止めを飲んでいますか

●ひざに鍼や注射を打ってもらったことがありますか

●若い頃より体重は増えていますか

 

【視診と触診】

問診が終わると膝関節の変形やひざの腫れなどを、実際に患部を見て確認したり、直接触れて圧痛(あっつう〔押すと感じる痛み〕)があるか、ひざに水が溜まっていないか、可動域はどれくらいかなどを確認します。

 

 【医師限定】の資産形成相談、開催中。
 プレミアム個別カウンセリング はこちら⇒
 

診断に不可欠な「X線検査」は医療機関でしか行えない

【X線(レントゲン)検査】

整形外科の診療においてX線検査は基本的なものであり、ほとんどのケースで行われます。X線は放射線の一種で、物質を透過したり吸収されるという性質があり、これを利用して撮影しています。

 

X線撮影では、仰向けに寝た状態と立った状態との2種類の写真を撮ります。特に立った状態は、普段の生活で立ったり歩いたりしたときにどれくらいひざに荷重がかかっているかというひざの状態を反映していますので、診断するうえでは大事な情報となります。

 

逆に、寝た状態ではひざに体重がかかっていないため、意外と骨と骨の隙間が空いていることがあり、正確な診断がつかないこともあります。ですから変形性膝関節症の診断には立った状態でのX線撮影が必要となります。

 

X線写真にはっきり写るのは骨だけですが、大腿骨と脛骨がぶつかり合うという変形性膝関節症の特性上、骨の状態を見るのはとても重要なことです。主に骨の変形や骨棘、大腿骨と脛骨の隙間を確認するのが目的です。

 

正常な膝関節は、大腿骨と脛骨の間に6~8ミリの隙間がありますが、変形性膝関節症になると隙間が狭く写ります。

 

ちなみに、同じX線を使って断層撮影しているのがCTです。CTは「コンピューテッド・トモグラフィ(Computed Tomography)」の略で、日本語では「コンピュータ断層撮影」といいます。CT検査の場合は、検出器を体の回りに一周させ、いろいろな角度からX線を照射して透過したX線量の違いを検出し、その割合をコンピュータで計算して画像にしています。CTもX線ですから骨以外の組織の撮影には不向きなうえ、レントゲン検査よりも被ばく量が多くなることから変形性膝関節症の診断ではあまり使用しません。

 

ただし、手術する場合は、より詳しく評価するために3次元CTなどを用いることがあります。

まだまだある…必要に応じて行われる検査

【MRI検査】

X線検査やCT検査では骨の状態は確認できますが、軟骨や半月板、靭帯の状態は確認できません。患者さんのなかには、膝関節の変形が見られないのに痛みを強く感じることがあります。そういう場合は半月板や靭帯を損傷しているなど、変形性膝関節症とは別の病気の可能性が考えられます。

 

そこで、さらに詳しく調べるときに行うのがMRI検査です。MRIは、「マグネティック・レゾナンス・イメージング(Magnetic Resonance Imaging)」の略で、日本語では「核磁気共鳴画像法」といいます。文字通りMRIの場合は、強力な磁気を発生させ、それを人体に当てて磁力によって体内の水分を測定し、内部の状態をコンピュータで画像化しています。

 

これによりX線検査では分からなかった軟骨や半月板、靭帯、筋肉などの様子を見ることができますので、ひざの外傷、半月板損傷、腫瘍、壊死、炎症、浮腫の状態などを知るうえで欠かせない検査となります。

 

【血液検査】

血管から採血を行う検査で、化膿性膝関節炎、関節リウマチ、痛風など、変形性膝関節症とは別の病気が疑われる場合に調べます。

 

【関節液検査】

ひざに熱をもっていたり腫れていたりして細菌感染などが疑われるときは、注射器で関節液を抜いて調べます。関節液検査では、関節液の量・色・血球の数、そのほか含まれる組織や成分を分析します。これによって炎症の程度や病名を診断することができます。

 

正常な関節液は無色透明で粘性があり、量も少ないので抜き取るのは困難ですが、ひざに炎症が起きていると関節液の量が増えるので採取することができます。関節液の色も、炎症が強くなると白や緑白色、褐色などに濁ってきます。これは、関節液に含まれる白血球やリンパ液が、光を乱反射させるために色がついて見えるからです。

 

この検査も、関節リウマチ、痛風、化膿性関節炎、結晶性関節炎、色素性絨毛結節性滑膜炎(しきそせいじゅうもうけっせつせいかくまくえん)など、変形性膝関節症とは別の病気が疑われるときに行います。

 

このようにひざ疾患の診断には、いろいろな検査を行って総合的に判断しています。

 

 

松田 芳和

まつだ整形外科クリニック 院長

 

 

 近日開催!注目のセミナー 

※ 【9/25開催】マレーシア・新ランドマーク 『THE SAIL』~5つ星ホテル投資の全貌

 

※ 【9/25開催】\相続税対策/不動産小口化商品「セレサージュ」シリーズ、情報解禁!

 

 9-10月開催のセミナー 

※ 【9/24開催】10年・年10%利回り保証「ベトナム・5つ星スパリゾートホテル投資」

 

※ 【9/29開催】資産はあるけど活用方法にお悩みの方必見のオンラインセミナー!

 

※ 【9/30開催】自己資金0円で始める!次世代のアパート経営「ROBOT HOUSE」の全貌

 

※ 【10/2開催】「フィリピン×シンガポール」世界の富裕層が実践する資産保全術

 

※ 【10/2開催】節税+利回り6.16%!新感覚「グランピングリゾート」

 

※ 【10/13開催】次世代の医療~栄養状態に着目した診療ポイント【医師・歯科医師限定】

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

医師限定】資産家ドクターになる「不動産投資」講座

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

まつだ整形外科クリニック 院長 

1994年、富山医科薬科大学(現富山大学)の医学部卒業。アメリカでの研修・留学を経験。

2006年には膝専門医が選ばれるJohn. Insallトラベリングフェローに、アジア・環太平洋代表として選出(当時日本人として2人目、世界では毎年4名)。

2007年には日本整形外科学会代表としても選出される(毎年1名)。

2010年に医療法人社団nagomi会を設立し、当法人の理事長を務めるとともに、日本整形外科学会専門医、日本スポーツ協会公認スポーツドクター、日本医師ジョガーズ連盟所属ランニングドクター、埼玉県ラグビー協会メディカル委員、一般社団法人健康スポーツ研究会会長など多くの役職に就く。

2020年からは城西大学薬学部客員教授に就任。国内外の学会発表、論文多数あり。

著者紹介

連載ひざ革命~最期まで元気な歩行を可能にする再生医療

※本連載は、松田芳和氏の著書『ひざ革命』(幻冬舎MC)より一部を抜粋・再編集したものです。

ひざ革命 最期まで元気な歩行を可能にする再生医療

ひざ革命 最期まで元気な歩行を可能にする再生医療

松田 芳和

幻冬舎メディアコンサルティング

ひざ痛の予防から再生医療まで。 人生100年時代を豊かに生きるための「ひざ寿命」の延ばし方を徹底解説。 昨今、「健康寿命」の重要性が問われています。 人生100年時代といわれて久しいですが、その生活の質を左右す…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧