「筋肉のためにタンパク質をいっぱい摂る」の思わぬ悪影響【整形外科医が解説】 (※写真はイメージです/PIXTA)

40歳を超えた頃から、徐々にひざの痛みを訴える人が増えてきます。ひざ痛の原因として最も多いのは「変形性膝関節症」で、潜在的な患者は約3000万人にのぼるとも…。つい年齢のせいにして放置されがちですが、悪化すれば歩行困難、果てには寝たきりにも発展しかねない危険な症状です。ひざの健康を守るには、どうすればよいのでしょうか。ここでは体重や食生活に着目して解説します。

【関連記事】「片手で荷物を持つ人」は要注意…ひざを痛める意外な生活習慣【整形外科医が解説】

肥満がもたらす「ひざの痛み・腫れ」の悪循環

変形性膝関節症などひざを痛める原因の一つに挙げられるのが肥満です。体重が重いと、ひざにより大きな負担がかかり、症状を誘発する→ひざ痛が現れる→痛みのために動くのが億劫になる→運動量が減る→ますます体重が増加する…という悪循環に陥ります。この悪循環を断ち切ってひざを良い状態に保つためにも減量は欠かせません。

 

実際に、患者さんが体重を落としただけでひざ痛や腫れなどが軽減しているケースを、私も診療を通してよく目の当たりにしています。

 

まず、自分の体重が適正であるかどうかを把握する必要があります。自分にとって適正な体重の割り出し方を覚えておくと良いでしょう。これは、BMI(体格指数)と呼ばれる数値を利用しており、肥満や痩せを判定する基準として広く用いられています。

 

BMI=[体重(kg)]÷[身長(m)の2乗]で求められます。

 

このBMIが25を超えると肥満と診断され、男女とも22のときが最も健康で病気になりにくい適正体重といわれています。

 

そこで、BMIが22となる体重が理想とされ、適正体重=22×[身長(m)の2乗]で求められます。

「いつもの間食」をやめるだけでもダイエット効果あり

では、なぜ体重が増えるのかといえば、消費するエネルギー量よりも多いエネルギーを摂取しているからです。つまり、運動などによってエネルギーを燃やしきれないほどの量を食べていることになるのです。これが給料なら支出よりも多くの収入があるわけですから貯金が増えて嬉しい話ですが、体重は喜べません。

 

ですから、減量するには摂取エネルギー量より消費エネルギー量を多くすること。そこで、ウォーキングなどの運動が必要なのですが、すべてを運動で消費するのはアスリートでなければ難しいと思われます。

 

肥満ぎみの人にありがちなこととして、「そんなに食べていない」と言いながら、試しに記録していただくと、かなりの量を食べているケースが多いのです。なかには間食が習慣化している人もいますので、それを止めるだけでも減量につながります。

一見「健康意識が高い」ようでいて、実は危険な食生活

運動と同じくらい重要なのが食生活です。患者さんの話を聞いていると、「筋肉を落とさないようにタンパク質をいっぱい摂っている」とか、「骨を丈夫にするためにカルシウムを積極的に摂っている」「糖質(炭水化物)は生活習慣病のもとだから食べないようにしている」などと、健康に気を使っている様子がうかがえます。

 

これらは一見、体に良いように思えますが、栄養の偏りは逆に健康を害することもあるのです。

 

例えば、ご飯などの炭水化物を摂らずにタンパク質を中心としたおかずばかりを食べていると、かえって栄養過多になり肝臓や腎臓に負担をかけることとなります。

 

また、カルシウムを摂りすぎると、高カルシウム血症といって血液中のカルシウム濃度が高くなり、脱力感や疲れやすくなるなどの症状が現れるようになります。

「栄養バランスを整えること」が重要

大事なことは、必要な栄養素が過不足なく摂れているバランスの良い食事です。

 

栄養とは、食事から摂取した栄養素を原料にして消化・吸収、さらに代謝することによって生命を維持し、成長に必要な成分をつくるといった一連の流れをいいます。栄養素は、食べ物に含まれているさまざまな物質のうち、人体に必要不可欠な成分で次のような働きをしています。

 

1.エネルギー源になる

2.体の組織(筋肉、血液、骨など)をつくる

3.体の調子を整える

 

エネルギー源になる栄養素には、糖質・タンパク質・脂質があり、これを3大栄養素といいます。これらに微量元素であるビタミン・ミネラルを加えたものを5大栄養素といい、これも体にとって必要な栄養素です。3大栄養素は、主に体内でエネルギー源や体の組織をつくる働きをし、ビタミン・ミネラルは体の調子を整える働きをしています。

 

これらが揃っていると、栄養バランスの良い食事といえます。理想とされている献立は、ご飯など穀類の「主食」を基本に、肉や魚、卵、大豆などのタンパク質をメインとした「主菜」であるおかず、野菜、きのこ、海藻など食物繊維やビタミン・ミネラルが豊富な「副菜」、そして「汁物」を組み合わせた和食です。

 

近年、世界的にも和食が注目されているのは、栄養バランスの整った健康食だからではないでしょうか。

 

 

松田 芳和

まつだ整形外科クリニック 院長

 

 

【勉強会/相談会情報】 

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

あなたにオススメのセミナー

    まつだ整形外科クリニック 院長 

    1994年、富山医科薬科大学(現富山大学)の医学部卒業。アメリカでの研修・留学を経験。

    2006年には膝専門医が選ばれるJohn. Insallトラベリングフェローに、アジア・環太平洋代表として選出(当時日本人として2人目、世界では毎年4名)。

    2007年には日本整形外科学会代表としても選出される(毎年1名)。

    2010年に医療法人社団nagomi会を設立し、当法人の理事長を務めるとともに、日本整形外科学会専門医、日本スポーツ協会公認スポーツドクター、日本医師ジョガーズ連盟所属ランニングドクター、埼玉県ラグビー協会メディカル委員、一般社団法人健康スポーツ研究会会長など多くの役職に就く。

    2020年からは城西大学薬学部客員教授に就任。国内外の学会発表、論文多数あり。

    著者紹介

    連載ひざ革命~最期まで元気な歩行を可能にする再生医療

    ※本連載は、松田芳和氏の著書『ひざ革命』(幻冬舎MC)より一部を抜粋・再編集したものです。

    ひざ革命 最期まで元気な歩行を可能にする再生医療

    ひざ革命 最期まで元気な歩行を可能にする再生医療

    松田 芳和

    幻冬舎メディアコンサルティング

    ひざ痛の予防から再生医療まで。 人生100年時代を豊かに生きるための「ひざ寿命」の延ばし方を徹底解説。 昨今、「健康寿命」の重要性が問われています。 人生100年時代といわれて久しいですが、その生活の質を左右す…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    TOPへ