無駄な資産や不良債権は「事業承継のタイミング」で処分したほうがいい理由【税理士が解説】 ※写真はイメージです/PIXTA

事業承継において、後継者へ株式を移転する際、自社株式の評価を一時的に下げることで移転コストを抑えることができます。自社株の評価を事業承継のタイミングに合わせて下げるにはどうすればいいのか、みていきます。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

含み損がある資産の売却など、不良在庫を廃棄

事業承継というのは、まさに会社の資産を承継するものなので、貸借対照表の中身がどうなっているのかを確認し、無駄があればそれを省いておくことは重要です。

 

無駄な資産の代表が、遊休不動産や利用しないゴルフ場の会員権です。特に、バブルの時代に投資目的で購入し、価格が大きく下がった土地やゴルフ会員権を、使わないままで「塩漬け」にしている会社は、案外多くあります。あるいは投資目的の上場株式などで、大きく値下がりしたまま保有しているものも同様です。

 

こういった含み損のある資産が計上されている場合、事業承継のタイミングにあわせて、思い切って処分してしまうことをおすすめします。

 

例えば、簿価1億円で資産計上されている土地の時価が7000万円になっているのなら、売却すれば3000万円の特別損失を計上できます。その分、株価が下がるというわけです。簿価と時価との差、つまり含み損が大きければ大きいほど、効果も大きくなります。

 

また、含み損のある土地が事業上必要なものである場合に、オーナー経営者が個人の資金で買い取るという方法もあります。その後、会社に貸し付ければいいのです。この場合、適正な価格での売買であれば問題ありませんが、市場価格よりも低廉での売買だと課税上の問題が生じるので、価格には注意が必要です。

 

また、オーナー社長が買うのではなく、グループ企業間で親会社が子会社に売るようなケースでは、「グループ法人税制」が適用される場合があります。そうなると、損失が計上できないのでこれも要注意です。

 

含み損のある資産を処分するという考え方は、不良在庫などでも同様です。

 

もし販売できる可能性のない汚損品や、何年も売れ残っている長期滞留品が大量に棚卸資産として計上されているのであれば、それを廃棄処分することで損失が計上できます。

 

製造業では、売上原価を引き下げて見かけ上の利益を増やすために期末の過剰生産や過剰在庫が恒常的になっていることがあります。事業承継を機に、不良在庫を処分するとともに、そのような悪習を適正化してから、後継者にバトンタッチするというのも、オーナーがなすべき仕事でしょう。

 

なお、役員退職金での説明と同様ですが、これらの実施により株価が下がるタイミングは、実施した期の翌期となります。株式移転のタイミングには注意してください。

 

\\1/22開催//
【賃料6~8%保証&物件維持費ゼロ!】
カンボジア・プノンペン「ローカルマーケット投資」の全貌

相続税を専門に取り扱う珍しい税理士事務所。年間1,500件(累計7,000件以上)を超える相続税申告実績は税理士業界でもトップクラスを誇り、中小企業オーナー、医師、地主、会社役員、資産家の顧客層を中心に、低価格で質の高い相続税申告サービスやオーダーメイドの生前対策提案等を行なっている。各種メディアやマスコミから取材実績多数有り(※写真は代表社員 荒巻善宏氏)。

税理士法人チェスター http://chester-tax.com

著者紹介

連載税理士法人が解説!オーナー社長が頭を悩ませる「事業承継」成功の秘訣

オーナー社長の悩みを解決! 事業承継成功の秘訣52

オーナー社長の悩みを解決! 事業承継成功の秘訣52

税理士法人チェスター

幻冬舎メディアコンサルティング

帝国データバンクによると、2020年の社長の平均年齢は過去最高で60歳、後継者不在率が65%となりました。社長平均年齢の上昇は、第一線で活躍し続ける社長の多さを示唆する反面、事業承継の課題が浮き彫りにしています。 し…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧