母から相続した不動産を兄妹で共有するも意見が対立…税理士による解決方法 ※画像はイメージです/PIXTA

相続の際、遺産分割の話がまとまらず、「とりあえず不動産を共有する」というケースは多いもの。しかしその後、トラブルに発展することは珍しくありません。そこで不動産の共有状態の解消方法について解説していきます。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

不動産の共有状態を解消する5つの方法

国税庁のまとめによると、相続財産のうち土地や家屋といった不動産の金額が占める割合は全体の39.6%(土地:34.4%、家屋:5.2%)とその他の財産に比べて最も多いことがわかっています(「令和元年分の相続税の申告実績の概要」より)。

 

特に東京やその近郊の相続では不動産だけで8割や9割以上占めるというケースもあり、そのようなケースにおいて相続人が複数いる場合には遺産分割の方法について苦慮し、時としてトラブルになってしまうことも珍しくありません。

 

その結果しばしば辿り着くのは、結論の先延ばしとする“とりあえずの共有“です。

 

共有はメリットがあまりないのでできれば避けたいものですが、相続人間の関係が良好であってもやむを得ずそれを選択せざるを得ないこともあります。

 

ひとたび共有にした不動産については、その共有状態を解消する方法として①共有物分割②売買③交換④贈与⑤信託が考えられます。以下で、①の共有物分割に関する事例を見ていきましょう。

なぜ「共有」は避けたほうがいいのか?

遺産分割の方針が「平等に分ける」ということだけ決まっている場合、共有にすることは平等を実現するためにはこの上ない形と言えますのでその点は共有のメリットです。

 

しかし、民法において共有物についての処分や管理などに関する以下のようなルール(図表1)があることが特に共有の大きなデメリットとなります。

 

つまり、共有者間で意見の相違が生まれた場合には、その共有不動産の活用や処分がまったく行えなくなってしまうリスクを孕んでいるということです。

 

[図表1]共有物の処分や管理などに関するルール

 

親子間の共有については、将来的な親の相続により必然的に共有が解消されることもあり、基本的には大きな問題になりませんが、兄弟姉妹間での共有ではそれぞれに配偶者や子がいれば相続による世代交代により共有者間の関係性が遠くなり、また、その数も増えていくことで処分や管理などに関する意思決定についての統制がどんどん取りづらくなっていってしまいます。

 

そのため、近い将来における売却を前提とする場合を除いて“兄弟姉妹での共有は避けるべし“といういわば鉄の掟があるのです。

 

\\10/16(土)開催//
入居率99%を本気で実現する「堅実アパート経営」セミナー

税理士法人ブライト相続 税理士

東京都杉並区出身。2012年、税理士法人レガシィ入社。200件超の相続税申告、相続税還付、税務調査対応、譲渡所得税申告、遺言書作成その他の相続対策コンサルティング業務など、数多くの資産税関連業務に従事。2019年、税理士法人ブライト相続入社。

著者紹介

連載実例で解説!相続専門税理士が教える「あなたに合った」相続対策

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧