暗記数学の実力「解法パターンの暗記で、数学の成績は上がる」 (※画像はイメージです/PIXTA)

灘高時代、同級生のひとりが優秀な生徒の数学のノートを編集したものをコピーして同級生に売り始めた。しばらくしてコピーを売っていた同級生の数学の成績が飛躍的に伸びた。そこで和田秀樹氏はコピーを買って、そこに載っている解法をひたすら覚えることに注力した。しばらくすると、学校の成績だけでなく、模擬試験の数学の成績もどんどん上昇していったという。なぜなのか。※本連載は、和田秀樹氏の著書『公立・私立中堅校から東大に入る本』(大和書房、2019年2月刊)より一部を抜粋・再編集したものです。

【オンライン開催(LIVE配信)】6/21(火)開催決定!
インドアゴルフ事業は次なるステージに突入します!
FCビジネスだけではない、新しいビジネス事業投資が登場
「シミュレーションゴルフ事業」投資の全貌 >>>>

暗記数学とは「定石」を覚えるようなもの

するとどうでしょう。

 

中間テストや期末テストの成績がみるみる上がってきて、満点もめずらしくなくなったのです。

 

とはいえ、ここまでは自分でも想定はしていました。学校のテストでは授業でやったのと同じような問題が出るわけですから、優等生のノートで解法を覚えておけば、成績が上がるのも当然だろう、と。

 

解法を覚えたことで、解法パターンが身につき、それを応用することでいろいろな問題に対応する力がつくという。(※写真はイメージです/PIXTA)
解法を覚えたことで、解法パターンが身につき、それを応用することでいろいろな問題に対応する力がつくという。(※写真はイメージです/PIXTA)

 

しかし、しばらくすると、模擬試験の数学の成績もどんどん上昇していったのです。

 

解法を覚えたことで、解法パターンが身につき、それを応用することでいろいろな問題に対応する力がついていたのです。

 

ここにきて、私は「解法パターンを暗記すれば、数学の成績は上がる」という事実に気づきました。それ以降は、これまで試験範囲でなかったので覚えていなかった単元についても「チャート式」の解法を頭からひたすら暗記し、解法パターンを身につけることに注力するようになりました。

 

結果として、高2の初めくらいから数学の実力が急成長し、高3になると、もはや数学は得意科目だと胸を張れるくらいになっていました。

 

高3になってからの模試では、数学でかなりよい点数をコンスタントにたたき出せるようになったのです。

 

暗記数学とは、囲碁で言うところの「定石」を覚えるようなものです。

 

定石をたくさん覚えると、頭の中でさまざまなシミュレーションができるので、囲碁の実力が上がります。

 

数学の問題も、定石の組み合わせで解けるようにできています。いくつもの解法を組み合わせれば、自然に答えを導き出すことが可能です。

 

東大入試も、解法の暗記(とその組み合わせ)だけで少なくとも半分の問題は確実に解けるようになるのです。

 

■解法は500~600パターン覚えればOK

 

「なぜそのような式になるか」を理解する

 

先ほど、ごく簡単な計算例で説明しましたが、ベクトルや数列、微分・積分でも解法のパターンを身につければ、似たような問題が解けるようになります。

 

高校レベルの数学では「なぜそのような式に変形するのか」を理解しておく必要があります。解法の流れをきちんと理解できていないと、機械的に丸暗記しなければならなくなり、事実上不可能です。

 

【オンライン開催(LIVE配信)】7/9(土)開催
投資家必見!銀行預金、国債に代わる新しい資産運用
ジャルコのソーシャルレンディングが「安心・安全」な理由

和田秀樹こころと体のクリニック院長
精神科医

1960 年大阪府生まれ。東京大学医学部卒。東京大学医学部附属病院精神神経科助手、米国カール・メニンガー精神医学校国際フェローを経て、国際医療福祉大学心理学科教授。川崎幸病院精神科顧問。和田秀樹こころと体のクリニック院長。「I&C キッズスクール」理事長。一橋大学経済学部非常勤講師。27 歳のときに執筆した『受験は要領』がベストセラーになり、緑鐵受験指導ゼミナール創業。主な著書に『自分が高齢になるということ』(新講社)、『年代別 医学的に正しい生き方』(講談社)、『孤独と上手につきあう9つの習慣』(だいわ文庫)、『「人生100年」老年格差』『70歳が老化の分かれ道』(詩想社)などがある。

著者紹介

連載公立・私立中堅校から東大に入る「本当の勉強法」

公立・私立中堅校から東大に入る本

公立・私立中堅校から東大に入る本

和田 秀樹

大和書房

教育書を多数執筆し、多くがベストセラーになっている実績をもつ和田秀樹氏の渾身の書。 2020年の入試改革への備えにもふれ、具体的なノウハウを数多く入れた。 いわゆる「地頭のいい子」でなくとも、東大を目指せる、合…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ