「生活の質は、個人の努力次第」深刻化する社会福祉削減の大波 (※写真はイメージです/PIXTA)

「働き方」の激変により、世界各国で悩む人が増えています。その変化の根源にあるのは、グローバルな規模での経済構造の変化です。働き方の変化と経済構造の変化には、一体どのような関係があるのでしょうか? ここでは、まず注目すべき事柄として、世界的に貧富の差が拡大している現状について見ていきましょう。※本記事は、谷本真由美氏の著書『日本人が知らない世界標準の働き方』(PHP研究所)より一部を抜粋・再編集したものです。

世界中で「貧富の差」が拡大した3つの理由

OECDが2011年に発表した「Growing Income Inequality in OECD Countries: What Drives it and How Can Policy Tackle it?」では、世界的な貧富の差の拡大と、働き方の変化には、強い相関性があるとされています。

 

貧富の差が拡大したのは、

 

「グローバリゼーション、技術の進展、規制や構造改革が収入の再配分に影響を与えた」

「家族の形態の変化が各家計の収入に影響」

「税や社会保障の仕組みの変化」

 

の3つが引き金であるとされています。

 

最初の「グローバリゼーション」は、「投資や貿易を通して国内外の市場が統一されたため、国内外の働く人に影響があった」ということです。先進国から新興国に仕事を発注することや、新興国からもっと安いものやサービスを買いやすくなったことから、先進国の給料の高い人材や労働力が必要なくなったのです。さらに、情報通信などの技術が発達するので、ものやサービスのやり取りが簡単になりました。

 

世界的な規制緩和の波も、グローバリゼーションに関係があります。外国と取引するのに規制がゆるくなる国が増えたので、前に比べると取引も容易になり、新興国に仕事を依頼することや、ものやサービスを買うことが容易になったのです。

 

1980年には加盟諸国で海外直接投資は5%に満たなかったのが、2000年代後半になると50%近くになっています。多国籍企業の海外事業が拡大し、付加価値の低い仕事が海外に外注されるようになったわけです。規制の改革には金融の規制も含むので、機関投資家や個人投資家は、株、不動産、投資信託などの金融商品で儲けやすくなりました。

 

先進国では投資や貿易を通して国内外の市場が統一されると、国内の働く人の収入差が広がります。つまり、海外に仕事を外注して、海外や国内で売る人は儲かるようになり、それ以外の人は賃金が下がってしまうというわけです。これはまさに海外市場に依存している日本企業は好調なのに、国内市場に依存している企業は厳しい状況なのと一致します。

「福祉や税金の仕組み」が発展に追いついていない?

「家族の形態の変化が各家計の収入に影響」も重要な指摘です。かつては多くの国で、夫婦と子供という家族構成では、夫は外で働いて妻は家庭を守るという「伝統的な家族の形」が基本形であり、福祉や税金の仕組みは、それに沿って設計されていたのですが、多様な働き方、多彩な家族形態が増えてきたために、現状に合わなくなってきたということです。

 

例えばイギリスでは、約半分の家庭で女性が稼ぎ手です。フランスでは事実婚のカップルが珍しくありません。2回も3回も結婚する人もいます。北米や欧州だと、代理母経由で子供をもうける同性カップルもいます。

 

そのような家族の変化に合わせて、多くの国では、夫婦と子供、という形態に対して社会保障を提供するのではなく、個人ベースで社会福祉手当を提供したり、扶養家族控除をなくすなど、「社会福祉の個人化」が進みました。それと同時に、社会福祉全体が削減され、生活の質は、個人の努力次第という傾向が強まっています。

 

日本でも配偶者控除や福祉手当の削減が話題になっていますが、「税や社会保障の仕組みの変化」は日本だけの話ではなく、他の国でも起こっていることです。

公認情報システム監査人(CISA)

神奈川県生まれ。公認情報システム監査人(CISA)。シラキュース大学大学院国際関係論および情報管理学修士。ロビイスト、ITベンチャー、経営コンサルティングファーム、国連専門機関情報通信官、金融機関などを経て、情報通信サービスのコンサルティング業務に従事。専門はITガバナンス、サービスレベル管理、システム監査、オフショア開発及び運用管理、多国籍チームの管理、情報通信市場および規制調査。日本、イギリス、アメリカ、イタリアの現地組織での就労経験。現在はロンドン在住。ツイッター上では、May_Roma(めいろま)として舌鋒鋭いツイートで好評を博する。趣味はハードロック/ヘビーメタル鑑賞、漫画、料理。

著書に『キャリアポルノは人生の無駄だ』(朝日新聞出版)、『日本が世界一「貧しい」国である件について』(祥伝社)、『世界のニュースを日本人は何も知らない』(ワニブックス)、共著として『添削!日本人英語』(朝日出版社)などがある。

著者紹介

連載これからの時代を生き抜く知恵を伝授!日本人が知らない「世界標準の働き方」

日本人が知らない世界標準の働き方

日本人が知らない世界標準の働き方

谷本 真由美

PHP研究所

「働き方」にこれほど悩むのは日本人だけ⁉ 好評ロングセラー、『日本人の働き方の9割がヤバい件について』を大幅に加筆してアップデート! 日本、イギリス、アメリカ、イタリアの現地組織での就労経験を持つ著者が、海…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!