(※写真はイメージです/PIXTA)

投資のプロフェッショナルである機関投資家からも評判のピクテ投信投資顧問株式会社のマーケット情報。本連載では、社内外の投資のプロがマーケットの現状を語り合います。※本連載は、ピクテ投信投資顧問株式会社が提供するマーケット情報の動画番組を転載したものです。

インデックスファンドより高いリターンを狙う!
「アクティブファンド特集」を見る

期待される債券市場の正常化

社内外の投資のプロをお招きし、今のマーケットを語り合う『Pictet
Market Lounge』。第56回はピクテ投信投資顧問株式会社運用商品共同本部長・石原豪氏との対談です。

 

萩野:ピクテ・マーケットラウンジへようこそ。本日は弊社の運用商品共同本部長、石原との対談です。石原さん、よろしくお願いします。

 

石原:よろしくお願いします。

 

萩野:石原さんは債権の経験が長いからね。どれくらいやってるのかな?

 

石原:もう約30年になります。円債、外債含め。

 

萩野:グローバル、クレジット、エマージン…あるいは流動性のないものも含めて?

 

石原:はい。

 

萩野:6月15、16日にFOMCが開かれて、そのあとのマーケット…債権市場がかなり面白い動きになったと思うので、そういった点も含めてお話していければと思います。まずどこから行きましょうか、10年債の変動利付含めた予想、CPIグロスレートというか物価上昇率、そこのところが5月くらいから変わってきてるよね。そのあたりをぜひ説明してくれるとありがたいです。

 

石原:わかりました。5月に4月分CPI、6月に5月分CPIが発表され、数字だけを見ると両月ともかなり高くなっていた、というところになります。5月に発表された4月分はヘッドラインで4.2%、コアで3%。6月に発表された5月分はヘッドラインで5%、コアで3.8%といったところで、予想よりも若干上振れした形にはなってたのかな、と。ただ、かなりCPIが高かったにもかかわらず…

 

続きはこちら ↓

 

<今回のトピック>

●債券利回りから鑑みる予想物価上昇率

●物価上昇率5月がピークと考える背景は?

●今後注視すべきポイント

●緩やかに低下する長期金利、なぜ?

●イールドカーブ(利回り曲線)はフラット化へ

●米国ハイイールド債券市場の見通し

●【コベナンツ】社債などの取り組み(組成)にあたり、契約内容に記載する一定の特約条項

●溜まるマグマ…

●2013年バーナンキ・ショック時との違い

●債券市場にもコロナの影響

●米国投資適格社債市場の見通し

●債券のプロは今「債券を買いますか?」

●新興国債券市場の見通し

●高まる“売られるリスク”

●米国債のバリュエーションは割高な水準

●債券市場参加者は“デフレ”を好む

●まとめ

 

【動画/“ディスインフレ”を好む債券市場

 

(2021年7月2日)

 

萩野 琢英

ピクテ投信投資顧問株式会社 代表取締役社長

 

石原 豪

ピクテ投信投資顧問株式会社 運用商品共同本部長

 

\PR/ 年間延べ7000人以上が視聴!
カメハメハ倶楽部
「資産運用」セミナー

 

カメハメハ倶楽部セミナー・イベント

 

【2/27開催】「区分マンションの相続税評価」
「暦年贈与制度」「相続時精算課税制度」
改正のおさらい&活用方法を一挙解説

 

【2/28開催】先々の供養方法で考える
「墓じまい」のお得で円滑な進め方

 

【2/28開催】オルタナティブとしての
「ワイン投資」の魅力

 

【2/29開催】「コモディティ」がインフレに強い理由
多彩化が進むゴールド・原油市場と向き合う姿勢を徹底解説

あなたにオススメのセミナー

    【ご注意】
    ●当レポートはピクテ投信投資顧問株式会社が作成したものであり、特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではなく、また特定の銘柄および市場の推奨やその価格動向を示唆するものでもありません。
    ●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。当レポートに基づいて取られた投資行動の結果については、ピクテ投信投資顧問株式会社、幻冬舎グループは責任を負いません。
    ●当レポートに記載された過去の実績は、将来の成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
    ●当レポートは信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。
    ●当レポート中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。
    ●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。
    ●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の対象ではありません。
    ●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資家保護基金の対象とはなりません。
    ●当レポートに掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ