(※写真はイメージです/PIXTA)

投資のプロフェッショナルである機関投資家からも評判のピクテ・ジャパン株式会社のマーケット情報。本連載では、社内外の投資のプロがマーケットの現状を語り合います。※本連載は、ピクテ・ジャパン株式会社が提供するマーケット情報の動画番組を転載したものです。

インデックスファンドより高いリターンを狙う!
「アクティブファンド特集」を見る

コロナ変異株「オミクロン」登場でマーケットは大荒れ

社内外の投資のプロをお招きし、今のマーケットを語り合う『Pictet Market Lounge』。第67回はピクテ・ジャパン株式会社 客員フェロー・岡崎良介氏との対談です。

 

糸島:皆さん、こんにちは。ピクテ・マーケット・ラウンジへようこそ。今回も、岡崎さんとの対談です。よろしくお願いします。

 

岡崎:よろしくお願いします。

 

糸島:オミクロン登場、ということでマーケットが大きく荒れています。そうした中で足元、11月30日の上院銀行委員会におけるパウエルさんの議会証言の内容が公表されていて、雇用や経済にちょっと下振れリスクが出てきたということを言っています。あと、バイデン大統領は、オミクロンについては影響を与えない、日本株は上値が重いとのことなんですけども…。変異株について、このあたりはどんな見方をされているでしょうか。

 

岡崎:まず、2週間くらいは静かにしていましょう、と。

 

糸島:2週間。

 

岡崎:感染症の専門家や先生方、それから製薬会社も、データの取得までに2週間かかるということですから。まあ、そのうちすでに3日くらい過ぎたようですけども。しばらく…そうですね、日経平均株価で言えば夜間のうちに先ほどつけた2万7500円がありましたね。

 

糸島:ありましたね、薄いところで。

 

岡崎:戻りは…そうですね、その前の週に付けた3万円は無理でしょうね…2万9000円台後半とかですね。その中で、オミクロン型の感染力や毒性は強いのか弱いのかということをデータで見て、現在のワクチンが効くのかどうかを大人しく待つしかないと思うんです。

 

糸島:うーん。

 

岡崎:その待つしかない中で、日本政府ができたことは…。

 

続きはこちら ↓

 

<今回のトピック>

●オミクロンの影響、2週間は様子を見る

●資産運用もコロナとの戦い

●フラッシュ・クラッシュ再発リスクも念頭におく

●ボラティリティ(価格の変動性)が高い時代の資産運用

●2022年の金融政策、鍵を握る「労働供給」と「インフレ」

●バイデン大統領の最優先課題「インフレ対処」

●金利は上昇傾向か?株式市場への影響は?

●株式は、インフレ、金利上昇を前提に銘柄を選ぶ

●高ボラティリティ時代の債券投資は、円高に注意

●withコロナ時代の資産運用

●ベンチマークとしての「CBOEボラティリティ指数(VIX)」

 

【動画/VIXに着目!高ボラティリティ時代の株・為替】

 

(2021年12月3日)

 

 

糸島 孝俊

ピクテ・ジャパン株式会社 ストラテジスト

 

岡崎 良介

ピクテ・ジャパン株式会社 客員フェロー

 

\PR/ 年間延べ7000人以上が視聴!
カメハメハ倶楽部
「資産運用」セミナー

 

カメハメハ倶楽部セミナー・イベント

【6/19開催】墓じまいのその先は?
遺された家族の負担を意識した新たな供養の選択肢
メリットの多い「墓じまい」と「海洋散骨」の組み合わせ方

 

【6/20開催】良い案件を見つける3つの方策とは?
決算対策に効果的な「日本型オペレーティングリース」
投資の基礎講座

 

【6/22開催】アフターコロナの旅行・観光産業の成長率は?
ファンドマネージャーが語る、
投資対象としての「ツーリズム業界」

 

【6/22開催】ドクター・高所得サラリーマン必見!
今できる「中古太陽光」を活用した個人の節税対策

 

【6/23開催】子ども?孫?その他?
「誰に贈与するか」で考える
最も効果的な“相続税対策”

【ご注意】
●当レポートはピクテ・ジャパン株式会社が作成したものであり、特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではなく、また特定の銘柄および市場の推奨やその価格動向を示唆するものでもありません。
●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。当レポートに基づいて取られた投資行動の結果については、ピクテ・ジャパン株式会社、幻冬舎グループは責任を負いません。
●当レポートに記載された過去の実績は、将来の成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
●当レポートは信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。
●当レポート中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。
●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。
●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の対象ではありません。
●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資家保護基金の対象とはなりません。
●当レポートに掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録