金融政策、金利、インフレ、その背景を徹底解説 (※写真はイメージです/PIXTA)

投資のプロフェッショナルである機関投資家からも評判のピクテ投信投資顧問株式会社のマーケット情報。本連載では、社内外の投資のプロがマーケットの現状を語り合います。※本連載は、ピクテ投信投資顧問株式会社が提供するマーケット情報の動画番組を転載したものです。

インデックスファンドより高いリターンを狙う!
「アクティブファンド特集」を見る

「タカ派」と「ハト派」に二分するFOMCメンバー

社内外の投資のプロをお招きし、今のマーケットを語り合う『Pictet Market Lounge』。第63回はピクテ投信投資顧問株式会社 運用・商品本部投資戦略部 ストラテジスト、梅澤利文氏との対談です。

 

塚本:皆さんこんにちは。ピクテ・マーケット・ラウンジへようこそ。ピクテ投信投資顧問の塚本です。本日はストラテジストの梅澤を招きまして、アメリカの金融政策、特に足元のインフレ、金利動向について考えていきたいと思います。

 

梅澤さんと言えば、非常に人気のコンテンツ『今日のヘッドライン』をほぼ毎日執筆されていらっしゃいますので、今日はまさに金融政策、金利、インフレといったところを深掘りしていければと考えています。

 

まずは足元、アメリカの金融政策ということで、9月に開催されたFOMCのまとめとして、どういったところがポイントになるでしょうか?

 

 

梅澤:そうですね、9月のFOMCのポイントということですと、FOMCの内部が2つに分かれている、ということだと思います。特にインフレを巡って2つの見方がある、と。1つは「タカ派」と言われる、金利の引き締めを選択する人たちで、タカ派の人たちはインフレが非常に差し迫った問題だということで、金融引き締めを早めたい。もう1つはハト派と言われているグループで、インフレについてはあくまで一過性の問題であるという見方をしているんじゃないかなと思っております。

 

塚本:そういったタカ派とハト派の違いがどこから来るのかということに関して、よく言われるのは、地区連銀の皆様は、その地域の足元のインフレの高まりをどうにかしろという圧力が結構かかってきているということで、彼らというのは、たとえば生産者物価も含めていろいろな物価全体の上昇を気にしている一方で、ハト派の、どちらかというと執行部のほうはまた違った視点でインフレを見ているというような…そんな感じになるんでしょうか。

 

梅澤:そうですね。非常にいいポイントでございまして、まずインフレと言っても実はいろんな尺度があり、生産者物価で測るインフレもございますし、一般的にインフレというと消費者物価指数で測るということになるんですけども、今のタカ派について言えば…。

 

続きはこちら ↓

 

<今回のトピック>

●9月のFOMCのポイント

●「タカ派」と「ハト派」に二分するFOMCメンバー

●想定以上に長引くインフレ懸念、その背景と影響は

●物価を見るポイント ①家賃 ②財の価格 ③賃金

●2.4兆ドルの「過剰貯蓄」は何処へ向かう?

●「賃金」の今後には課題が山積

●労働市場のミスマッチ…

●注目される9月の雇用統計

●金融政策の基本シナリオが変更される可能性は?

 

【動画/金融政策、金利、インフレ、その背景を徹底解説】

 

(2021年10月8日)

 

塚本 卓治

ピクテ投信投資顧問株式会社 投資戦略部長

 

梅澤 利文

ピクテ投信投資顧問株式会社

運用・商品本部投資戦略部 ストラテジスト

 

\PR/ 年間延べ2000人以上が視聴!
カメハメハ倶楽部
「資産運用」セミナー

 

【カメハメハ倶楽部のイベント・セミナー】

※<特設ページ>富裕層のためのヘッジファンド活用

 

【12/8開催】企業オーナー向けの決算対策「オペレーティングリース」投資の基礎講座

 

【12/8開催】相続、事業・資産承継の悩みを解決する「民事信託」の具体的活用術

 

【12/11開催】ヘッジ・ファンドによる「グローバル成長株」投資の全容

 

【12/11開催】償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力<幻冬舎会場・限定版>

 

【12/14開催】新ルール対応の中小企業オーナー向け「法人保険」入門講座

 

【12/14開催】日本で買える「劣後債」投資の実情と具体的な取り組み方

 

【12/14開催】富裕層のための「スイス・ボーディングスクール」の知られざる魅力

 

【12/16開催】現地金融機関の融資を活用した「アメリカ不動産投資」の最新事情

 

【12/16開催】賃貸スタイルによって変わる「ハワイ不動産」投資効果を検証

 

【12/16開催】口座情報交換制度を踏まえた「海外活用」の進め方

 

ピクテ投信投資顧問株式会社
 エグゼクティブ・ディレクター
運用・商品本部 投資戦略部長

日系証券会社にて債券及びデリバティブ業務に従事した後、外資系運用会社および日系ファンド・リサーチ会社にて投資信託のマーケティングを担う。通算20年以上にわたり運用業界で世界の投資環境を解説。ピクテではプロダクト・マーケティング部長等を経て、現職。経験豊富なストラテジストが揃う投資戦略部を統括する傍ら、自らも全国の金融機関や投資家を対象に講演を行う。

マサチューセッツ工科大学(経営学修士)、日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)、日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト

著者紹介

ピクテ投信投資顧問株式会社
運用・商品本部 投資戦略部 ストラテジスト 

日系証券会社のシステム開発部門を経て、外資系運用会社で債券運用、仕組債の組み入れと評価、オルタナティブ投資等を担当。運用経験通算15年超。ピクテでは、ストラテジストとして高度な分析と海外投資部門との連携による投資戦略情報に基づき、マクロ経済、金融市場を中心とした幅広い分野で情報提供を行っている。経済レポート「今日のヘッドライン」を執筆、日々配信中。CFA協会認定証券アナリスト、日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)

著者紹介

連載PICTET 動画コンテンツ マーケット情報

【ご注意】
●当レポートはピクテ投信投資顧問株式会社が作成したものであり、特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではなく、また特定の銘柄および市場の推奨やその価格動向を示唆するものでもありません。
●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。当レポートに基づいて取られた投資行動の結果については、ピクテ投信投資顧問株式会社、幻冬舎グループは責任を負いません。
●当レポートに記載された過去の実績は、将来の成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
●当レポートは信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。
●当レポート中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。
●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。
●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の対象ではありません。
●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資家保護基金の対象とはなりません。
●当レポートに掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!