介護職員だけではない…施設で「入居者を支えるスタッフ」5種 (写真はイメージです/PIXTA)

介護付有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅、地域密着型のグループホームを運営する株式会社三英堂商事の代表取締役社長・上村岩男氏が、介護施設を選ぶ際のポイントについて解説します。

ケアマネージャー・生活相談員の仕事内容

ケアマネージャー(介護支援専門員)は介護サービス計画書(ケアプラン)の作成をはじめ、他の介護サービス提供事業所・医療機関などとの連絡調整、役所等への諸手続き業務などケアマネジメント業務全般を行います。資格としては、各都道府県が管理する介護支援専門員実務研修受講試験に合格後、所定の研修を受講することが必要です。

 

その主たる業務であるケアプラン作成の流れは次のような形になっています。

 

1.最初の面接・相談(インテーク)

 

面接・相談により相手の基本情報や訴えを把握する。

 

2.アセスメント

 

解決すべき課題を明らかにする。

 

3.サービス計画(ケアプラン)の作成

 

アセスメントによって明らかになった課題を解決するためのサービス計画(ケアプラン)を作成する。

 

入居者は一人ひとり、それまでの生活環境や、認知・身体機能の状況などが違います。インテークではそうした個々の状況等に関して細かく聞き取り調査が行われます。

 

また、介護サービスは作成したケアプランに基づいて実行されますが、ケアマネージャーは必要があればその修正を行っていきます。

 

なお、ケアマネージャーはこのようなケアプラン作成業務等を通じて、介護に関するさまざまな事例を見聞きしているので、施設への入居を検討する際に疑問や悩みがあれば率直に相談するとよいでしょう。プロの視点から的確なアドバイスを得られるはずです。

 

■生活相談員の仕事は多岐にわたる

 

生活相談員は、入居者先生等からの相談に応じたり、各種の援助や関係機関との連絡・調整を行うことを職務としています。

 

生活相談員になるために求められる条件は自治体によって異なりますが、一般的には、社会福祉士や介護福祉士、精神保健福祉士などの資格を有していることが必要となります。その具体的な仕事は以下のように多岐にわたります。

 

・入居者や家族からの相談対応

・家族との連絡

・調整・医療機関、地域機関などの外部機関との連絡調整

・介護職員と看護職員との内部調整

・ボランティアへの対応

・送迎業務

・苦情対応

 

なお、施設によってはケアマネージャーなどが生活相談員を兼務するケースもみられます。

 

【5/20 関連セミナー開催】
不動産価値創造企業「レーサム」不動産小口化商品、待望の第2弾商品説明会

株式会社三英堂商事 代表取締役社長

1948年、鹿児島県生まれ。1977年、29歳のとき、不動産管理業務を中心とする三英堂商事を創業(1978年には株式会社三英堂商事に改組し、代表取締役に就任)。1998年から介護事業に参入、現在は首都圏を中心に介護付有料老人ホームとサービス付き高齢者向け住宅、地域密着型のグループホームを運営する。

著者紹介

連載介護施設を選ぶときは「感動」を大事にしなさい

本連載は、『人生の最後を「感動」で締めくくる! 介護施設選び5つのポイント』(幻冬舎MC)より一部を抜粋・編集したものです。

人生の最後を「感動」で締めくくる! 介護施設選び5つのポイント

人生の最後を「感動」で締めくくる! 介護施設選び5つのポイント

上村 岩男

幻冬舎MC

高齢化が進み、人生100年時代といわれる今、介護施設の利用者は年々増え続けています。 介護施設の利用がごく当たり前となっている状況のなかで、高齢者やその家族にとって非常に大きなテーマとなっているのが施設選びを検討…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ