その他 介護
連載介護施設を選ぶときは「感動」を大事にしなさい【最終回】

なぜ介護施設選びで「イベントやレクリエーション」を重視する必要があるのか?…「心の癒しと生きる喜び」

介護介護施設

なぜ介護施設選びで「イベントやレクリエーション」を重視する必要があるのか?…「心の癒しと生きる喜び」 (写真はイメージです/PIXTA)

介護付有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅、地域密着型のグループホームを運営する株式会社三英堂商事の代表取締役社長・上村岩男氏が、なぜ後悔しない介護施設選びを行うためには、イベントやレクリエーションが重要になるのかを解説します。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

イベントやレクリエーションに工夫をこらしているか

入居者先生が感動や生きがいを得られる空間であるか否かを判断するうえでは、そこで行われるイベントやレクリエーションも重要なチェックポイントとなります。

 

介護施設では、雛祭りや納涼祭、クリスマス会など季節ごとのイベントや、身体や心のケアなどを目的としたリハビリ体操や塗り絵など、機能訓練を兼ね備えた種々のレクリエーションが行われます。

 

こうしたイベントやレクリエーションも、施設の工夫次第で入居者に大きな喜びや感動・生き甲斐を与える要素となります。

 

ことにレクリエーションは、いつも同じようなものがただ繰り返されていると、新鮮味や刺激が失われていきます。「また、Aか」と入居者に飽きられてしまう恐れがあるでしょう。

 

そこで、イベントやレクリエーションの幅を広げようと、積極的に新しい取り組みを試みているかどうかも確認しておくとよいでしょう。

 

例えば、行われているレクリエーションのバリエーションが豊富か、他の施設ではあまり見られないオリジナルな活動があるかなどを意識してみることをお勧めします。

イベント・レクリエーションが創造力を引き出す

施設で行われるイベント、レクリエーションの中には、絵を描いたり、編み物をしたり、俳句や短歌、そして文章を書いたりなど何らかの作品の制作に取り組むタイプのものもあります。

 

高齢者の方はこれまでの長い人生の中で、仕事や趣味を通じて他者が真似のできないすばらしい能力を必ず兼ね備えています。だから、今ここにその業を再び実現してもらうのです。

 

そうした創作活動を通じて入居者の意外な創造力が再び甦り引き出されるのです。

 

一例を挙げると、ある介護施設では、塗り絵をレクリエーションに取り入れています。入居者の中には、はじめは「こんなの塗れるか」と拒否していた先生もいましたが、職員が勧めていくうちにいつの間にか少しずつ興味を示し塗るようになっていきました。

 

徐々に色使いも上手になり、最後にはまるで絵が浮きあがってくるかのような生き生きとしたすばらしい作品ができ上がりました。

 

職員が作品を見てほめると、「人物はかわいく塗って、何色の洋服にして着せようかと考えて塗っている」と笑顔で細かく説明されたそうです。

 

\\11/2(火)開催//
2023年3月末日まで 投資金額4,200万円 ⇒ 2,900万円の 「一括償却」 “コインランドリー事業”

株式会社三英堂商事 代表取締役社長

1948年、鹿児島県生まれ。1977年、29歳のとき、不動産管理業務を中心とする三英堂商事を創業(1978年には株式会社三英堂商事に改組し、代表取締役に就任)。1998年から介護事業に参入、現在は首都圏を中心に介護付有料老人ホームとサービス付き高齢者向け住宅、地域密着型のグループホームを運営する。

著者紹介

連載介護施設を選ぶときは「感動」を大事にしなさい

本連載は、『人生の最後を「感動」で締めくくる! 介護施設選び5つのポイント』(幻冬舎MC)より一部を抜粋・編集したものです。

人生の最後を「感動」で締めくくる! 介護施設選び5つのポイント

人生の最後を「感動」で締めくくる! 介護施設選び5つのポイント

上村 岩男

幻冬舎MC

高齢化が進み、人生100年時代といわれる今、介護施設の利用者は年々増え続けています。 介護施設の利用がごく当たり前となっている状況のなかで、高齢者やその家族にとって非常に大きなテーマとなっているのが施設選びを検討…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧