食事・入浴…「たった5分、目を離した」が命の危機に【介護施設で起こるリスク】 (写真はイメージです/PIXTA)

この記事では、介護付有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅、地域密着型のグループホームを運営する株式会社三英堂商事の代表取締役社長・上村岩男氏が、高齢者の「食事・入浴」に潜むリスクと、介護施設が行うべき対策について解説します。

医師の方はこちら
無料メルマガ登録はこちら

誤嚥(ごえん)のリスクは非常に深刻な問題

転倒と並び介護施設で起こるリスクが高いのが、誤嚥(ごえん)事故です。誤嚥とは、食べ物等が誤って気管に入ってしまうことであり、肺炎や窒息等の重大事故の原因になります。

 

高齢になると咀嚼する力や飲み込む力が低下したり、唾液の量が少なくなるため、食べ物等をのどの奥に送り込むことが難しくなります。さらに、万が一、食べ物がのどに詰まったときにも、せきなどで押し返す力が弱まっています。

 

こうしたことが原因となって、誤嚥が起こりやすくなるのです。また、飲み込む力などは健常者と変わりなくても、認知症を患っているような場合には、認知機能の低下のために、安全な食べ方が難しくなるケースがみられます。

 

例えば、知らず知らずのうちに食べ物を次から次へと口いっぱいに入れて、そのまま丸飲みしてしまうようなこともあるのです。誤嚥によって窒息が起こった場合はもちろん、肺炎となった場合にも大切な命を失うことになりかねません。誤嚥事故のリスクは非常に深刻な問題なのです。

 

■食事を入れる器を小さくするのも一つの手

 

では、誤嚥事故を防ぐためには、どのような対策を講じるべきなのでしょうか。まず、大前提として、噛みにくいもの、飲み込みにくいものなどは極力食事に出さないようにすることです。

 

あるいは、もし提供するとしても小さく切り分け刻むことが必要です。また、嚥下機能が低下している人に対しては、食事を刻み食にして飲み込みやすくしたり、咀嚼しやすくすることなどが必要でしょう。

 

さらに、認知症の人への工夫としては、食事を入れる器を小さくして、食べ物の量が少ししか入らないようにするという方法があります。これなら大量の食べ物を一度に口へ入れてしまうことを防げます。

 

また、スタッフがすぐそばにいて、ゆっくりと咀嚼して飲み込むよう、サポートしてあげることも有効でしょう。

 

こうした防止策を取ったうえで、もし万が一、のどに食べ物が詰まってしまった場合の救急法としては、背部叩打法とハイムリック法の2つがあります。

 

うつぶせにして背中をぼんぼんと叩いてあげるのが背部叩打法であり、こぶしを後ろからみぞおちに入れて突き上げて、詰まっているものを吐き出させるのがハイムリック法です。

 

他には掃除機で食べ物を吸い出すという方法もありますが、咀嚼せずに丸のみしてしまったような場合には、このやり方では対応することが難しいでしょう。その場合には、救急隊に連絡するほかありません。

 

このような不測の事態を最大限に避けるためにも、やはり誤嚥そのものを防ぐことが何より望ましいといえます。

 

\\8/7開催WEBセミナー//
投資すべき国NO.1「フィリピン」を活用した資産防衛&永住権取得術

株式会社三英堂商事 代表取締役社長

1948年、鹿児島県生まれ。1977年、29歳のとき、不動産管理業務を中心とする三英堂商事を創業(1978年には株式会社三英堂商事に改組し、代表取締役に就任)。1998年から介護事業に参入、現在は首都圏を中心に介護付有料老人ホームとサービス付き高齢者向け住宅、地域密着型のグループホームを運営する。

著者紹介

連載介護施設を選ぶときは「感動」を大事にしなさい

本連載は、『人生の最後を「感動」で締めくくる! 介護施設選び5つのポイント』(幻冬舎MC)より一部を抜粋・編集したものです。

人生の最後を「感動」で締めくくる! 介護施設選び5つのポイント

人生の最後を「感動」で締めくくる! 介護施設選び5つのポイント

上村 岩男

幻冬舎MC

高齢化が進み、人生100年時代といわれる今、介護施設の利用者は年々増え続けています。 介護施設の利用がごく当たり前となっている状況のなかで、高齢者やその家族にとって非常に大きなテーマとなっているのが施設選びを検討…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧