トヨタの在宅勤務…社員5万人の生産性を上げるためにしたこと

コロナ禍において、トヨタの生産現場以外の職場では、在宅勤務を増やすなど多くの施策が行われた。新型コロナ危機以前の勤務体制は、トヨタに限らず、小さな子どもがいるママワーカーの負担が大きいものであった。在宅勤務は「生活の質」を向上させるものであるが、現状ではオフィス勤務の方が生産性が高いという意見が多くみられる。在宅勤務の生産性を上げるにはどうすればいいのか。※本連載は、野地 秩嘉氏著『トヨタの危機管理 どんな時代でも「黒字化」できる底力』(プレジデント社)より一部を抜粋・再編集したものです。

【オンライン開催(LIVE配信)】10/30開催
空き家再生×最低家賃で「利回り20%」を実現!
「ダイヤモンド空き家投資」最強の不動産投資ノウハウ
詳しくはこちら>>>

在宅勤務は「生活の質」が向上!改善すべきは生産性

どこの会社でも変わらないが、新型コロナ危機以前、公共交通機関を利用する通勤は日常の風景だった。

 

事務系の仕事に関する限り、フレックスタイムは導入されていても、誰もが毎日、自宅とオフィスを行き来していた。

 

小さな子どもがいるママワーカーは朝早く起きて、子どもを保育園に預けて、混雑した電車、バスに乗って会社へ行く。帰りはまた混雑した電車、バスに揺られて、駅からは自転車に乗って子どもを迎えに行く。子どもと一緒にスーパーで買い物をする。うちに帰ったら家族の食事の用意をして、食べ終わったら洗濯と掃除もする。

 

そんな毎日を送って、しかも通勤時間が1時間以上という人が平均的だというのだから…。

 

子どもの送迎やスーパーの買いものは時には夫がやってくれることもある。しかし、これまでの勤務体制で負担が大きかったのは小さな子どもがいるママワーカーだった。

 

都市でなければ自動車で子どもの送り迎えをする。それであっても負担の大きさは変わらない。

 

新型コロナ危機以前の通勤生活はリーンな生活で、スリルとサスペンスにあふれていた。

 

それが一転して、在宅勤務になった。

 

レノボ・グループはコロナ禍の最中、世界10か国で在宅勤務について調査をしている。その結果が朝日新聞に載っていた。

 

「日本では在宅勤務の生産性がオフィスより下がるという回答が40パーセントとなり、各国平均の13パーセントを上回った」

 

おそらく、日本の場合、どこの会社が調査をしても、「オフィスで仕事をする方が在宅勤務よりも生産性は高い」という答えが多いのではないか。そして、ビジネスパーソンのうち、男性はオフィス勤務の方が性に合うと思っているのではないか。

 

みんなとワイワイガヤガヤ話ができるし、帰りに居酒屋で1杯飲むことができる。在宅勤務となると、そういった楽しみがなくなってしまう…。

 

ただし、よく考えてみてほしい。それまでの通勤実態と生活を考えれば、人間にとっては在宅勤務の方が「生活の質」は向上しているのではないか。

 

なるほどオフィスで仕事をする方が家で働くよりも生産性は高いかもしれない。しかし、多少、仕事の生産性が下がったとしても、企業も働く人間もできるかぎり在宅勤務を受け入れるべきなのではないか。

 

さて、調査に答えた人が「生産性が下がったと感じている」原因は次の3つだと思われる。

 

慣れていないこと、オフィスに比べれば整っていない通信環境、そして、仕事をする環境そのもの。

 

3つのうち、後者ふたつを改善していけば在宅勤務の生産性は間違いなく上がっていく。

 

【オンライン(LIVE配信)】10/30(土)13:00開催
災害協定を締結する自治体が続々!
国も認めた「レスキューホテル」の重要性
社会貢献して利回り9%以上の商品力 詳しくはこちら>>>

ノンフィクション作家

1957年東京都生まれ。早稲田大学商学部卒業後、出版社勤務を経てノンフィクション作家に。人物ルポルタージュをはじめ、ビジネス、食や美術、海外文化などの分野で活躍中。

『TOKYO オリンピック物語』でミズノスポーツライター賞優秀賞受賞。

『キャンティ物語』『サービスの達人たち』『企画書は1行』『なぜ、人は「餃子の王将」の行列に並ぶのか?』『高倉健インタヴューズ』『高倉健ラストインタヴューズ』『トヨタ物語』『トヨタ現場のオヤジたち』『スバル ヒコーキ野郎が作ったクルマ』『トヨタに学ぶカイゼンのヒント71』『日本人とインド人』ほか著書多数。

著者紹介

連載トヨタ自動車の「危機対策本部」の舞台裏を大公開!

トヨタの危機管理 どんな時代でも「黒字化」できる底力

トヨタの危機管理 どんな時代でも「黒字化」できる底力

野地 秩嘉

プレジデント社

コロナ禍でもトヨタが「最速復活」できた理由とは? 新型コロナの蔓延で自動車産業も大きな打撃を受けた―。 ほぼすべての自動車メーカーが巨額赤字となる中、トヨタは当然のように1588億円の黒字を達成。 しかも、2021…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧