ここまで大変とは…「アメリカ不動産の相続」を弁護士が解説

コロナ禍からいち早く抜け出し、株はもとより不動産市場も好調なアメリカ。チャンスを狙う日本の投資家の購入例も増加しています。しかし、アメリカ不動産を購入するにあたり、決して忘れてはならない事項がひとつあります。それは、「万一の際の相続手続き」の問題です。国際法務に精通する、中村法律事務所の中村優紀代表弁護士が解説します。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

日本在住でも、アメリカの相続制度からは逃れられない

日本人がアメリカ不動産を購入するときにまず知ってほしいのは、もしアメリカ不動産を所有したまま亡くなった場合、たとえ亡くなったときに日本に居住していたとしても、「アメリカ不動産についてはアメリカの相続制度が適用される」ということです。

 

アメリカの相続制度が適用されると聞き、「日本人なのに? しかも日本に住んでいるのに?」と驚くかもしれません。しかしアメリカには、「不動産が所在する地の相続法が適用される」というルールがあるため、いくら日本人だから、日本に住んでいるからといっても、アメリカの相続制度からは逃れられないのです。

 

購入する段階で自分が死ぬときのことまで考えなければいけないとは…とうんざりする方もいると思いますが、遺された家族にとっては極めて重要なことですので、必ず知っておいていただきたいと思います。

 

アメリカ不動産を購入する主なパターンとして、①日本人個人で購入、②アメリカLLCで購入、③日本法人で購入、の3つが挙げられますが、ここではまず、①の「日本人個人で購入」する場合に必要なアメリカの法制度を解説します。

 

(※画像はイメージです/PIXTA)
(※画像はイメージです/PIXTA)

リステイトメントが使われている、歴史的な事情

アメリカにある「不動産が所在する地の相続法が適用される」というルールについて、よりわかりやすくいうと「どこの国(または州)の法律が適用されるかを決めるルール」ということになります。これは法律の世界で「抵触法(Conflict of laws)」ともいわれる分野です。

 

実はこのルールは、アメリカの連邦法や州法で明確に法源(法的拘束力のあるもの)として定められているわけではありません。裁判官や弁護士等から構成されるアメリカ法律協会(American Law Institute)が、アメリカの主要方分野について、各州の判例法を条文の形式で書き直した(re-state)ものがリステイトメント(Restatement)として刊行されています。ここに相続に関する上記ルールも書かれているのです。

 

リステイトメントは、連邦議会や州議会で法律として制定されたものではなく、本来は二次的資料(Secondary source)に過ぎないのですが、過去の判例に重きを置くアメリカの法実務は、判例法の書き直しであるこのリステイトメントに従った法適用をしているのが実状ということになります。

 

アメリカは50の州と連邦区などから構成されていて、各州が自ら立法を行っています。しかし、各州法の内容が異なると州境を超えた取引、案件等について、どこの法律を適用すべきか、結果はどうなるのか混乱が生じてしまいます。

 

連邦議会が法制度を定めて全州に統一的に適用させる方法も考えられますが、それは伝統的に尊重されている州の権限を弱めることになるため反発があります。そこで、なんとか法適用の予測可能性、安定性を高めるべく作られたのがリステイトメントなのです。

 

あなたがアメリカ不動産を購入するとき、まずはアメリカ経済のことを気にされると思いますが、アメリカの法制度もあなたの取引に関わってきます。取引に適用される法制度の内容がどうなっているか、日本とどのように違うのかということにもぜひ目を向けて頂きたいと思います。

 

\\2/10開催//
令和4年度税制改正を徹底解説!「日本一富裕層に詳しい税理士」が教える
経営者・企業オーナーのための「節税対策」2022 

中村法律事務所 代表弁護士
ニューヨーク州弁護士 

弁護士登録後、国際コンプライアンス案件を専門とする矢吹法律事務所に入所。8年以上に渡り、国際カルテル案件等に従事。

ニューヨーク州の弁護士資格を取得し、米国大手法律事務所Gibson, Dunn & Crutcher LLPのサンフランシスコオフィスに執務する。

2018年、中村法律事務所の開設後は、日系企業向けにアメリカ進出時の法的サポートを行うほか、製造業の海外販路拡大、飲食業の海外イベント出店、国際取引契約、クロスボーダーM&A、海外現地法人設立といった取引案件を担当。また、海外不動産トラブル交渉、海外の債務者への債権回収、アメリカ大使館での証人尋問といった紛争案件の代理も務める。最近は、英語対応できる日本法弁護士として、海外上場会社の日本法人向けにも多くのアドバイスを行っている。

個人向けには、海外資産を有したまま亡くなった時の国際相続を専門的に取り扱い、海外不動産を購入した日本人向けに海外口座解約を含む様々な手続きを受任。これまでアメリカの相続制度やその対応策に関するセミナー講師、執筆を多数行っている。

中村法律事務所(https://nakalaw.jp/

著者紹介

連載敏腕国際弁護士が解説!「アメリカ不動産オーナー」が知っておきたい法律基礎知識

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧