多くの人が「衰退産業」との認識を持っていた、きもの業界。縮小していく市場を目の当たりにしながら、それでも可能性を探し、試行錯誤していた女性経営者がいました。きもの業界ではこれまで重視されてこなかった「ユーザーの快適性」について向き合い、地道な努力を積み重ねた結果、きもの用肌着「満点スリップ」を開発します。そしてこれが「きもの業界」に一石を投じる大ヒット商品となるのです。

地元の縫製工場に持ち込むも、対応は「けんもほろろ」

筆者が日々の試行錯誤から生み出した「ヒットの法則」、それは「試作百遍! 手持ちリソースを総動員してユーザーが求める商品を極限まで作り込む」です。言い換えると「人の輪が商品力を倍増させる」ということです。

 

満点スリップの原案が固まった2003年、筆者はついに製品化へと踏み出しました。個人事業主の縫製職人に頼む方法もあったのかもしれませんが、それではまとまった数がそろうまでに時間がかかってしまいます。そこで地元の縫製工場に声を掛け、依頼することにしました。

 

気仙沼の主要産業は漁業・水産業ですが、実は、近隣にはいくつも縫製工場がありました。いまでは皆無に等しくなってしまいましたが、最初は「どこかは引き受けてくれるだろう」と高をくくっていました。ところがいざ工場に足を運んでみると、次から次へと断られてしまったのです。

 

なぜなら、筆者の話はあまりにも訳が分からないものだったからです。まず、決まっていたのは使用する材料だけでした。和装だというだけでも、どの縫製工場も嫌がりましたが、発注は単発のうえ、複数サイズなのにたったの200枚程度。

 

これは、大手はもちろん小規模の縫製工場にとっても小さな案件です。しかも、その和装肌着の一部に収縮率の違う防水布を縫い付けるという面倒なものです。けんもほろろとはこのことかと思いました。

 

(※画像はイメージです/PIXTA)
(※画像はイメージです/PIXTA)

和裁士が紹介してくれた工場が「面白そうだね」と…

そんななかで、和裁士さんから紹介された一つの縫製工場が面白がってくれました。「へぇ、面白そうだね。本当にうちの仕事の合間でいいなら、縫ってもいいよ。じゃあ、パターンと仕様書をちょうだい」と言われて初めて、そのようなものが必要なんだと知ったほど、筆者たちは素人でした。

 

その縫製工場の社長さんは無知な筆者たちにあきれながら、それでも乗り掛かった舟とばかりに、手取り足取り教えてくださったのです。パターンの作成も知り合いに頼んでくださり、糸やケアラベルなどほかにも必要なものも教えてくれました。想像するに、そうして手を掛けてくださるうちに、筆者の会社の試作品に愛着をもってくださったように感じました。筆者たちはその方にとって、よちよち歩きで目が離せない赤ちゃんのような存在だったのかもしれません。

 

筆者たちは、まさに怖いもの知らずでした。試作品をつくるためにこれほどの手間がかかると知っていたら、もしかしたら挑戦していなかったかもしれないと、やっと一枚仕上げたときに頭をよぎったものです。

 

知らないことを面白がる、もしくは恥ずかしいなんて思わない強さがあれば、きっと知らないまま突っ走るのも悪くないのかもしれません。

 

人との出会いに恵まれたこと、振り返ればそれがすべてだともいえます。これこそ単なる偶然ではなく、日々の小さな誠意や感謝の連なりのうえにあるのだと確信をもっていえます。思いを研ぎ澄ますことが人とのご縁をつないでいるのです。

 

注目のセミナー情報

【海外不動産】7月20日(土)開催
海外不動産の投資手法をアップデート!
日本国内の銀行融資を活用した
最新・ベトナム不動産投資戦略

 

【税金】7月23日(火)開催
「富裕層を熟知した税理士」が教える
2024年最新【所得税×インフレ】対策
~今後の手残りが3割変わる!?「所得税対策」~

次ページ面白がってくれる仲間の登場で「思い」は「形」へ
衰退産業でヒット商品を生み出す4つの法則

衰退産業でヒット商品を生み出す4つの法則

髙橋 和江

幻冬舎MC

旧態依然としたきもの業界で、赤字経営から脱却。年10%以上のペースで売り上げを伸ばしてきた社長が解説。 古い業界だからこそ風穴は開けられる! 市場縮小が進む業界の状況を打破し、東日本大震災に見舞われながらも、ひ…

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録