株価下落がチャンス…「逆張り手法」で一発逆転を狙うには?

株式投資ではほとんどの人が順張り手法で投資をするのに対し、逆張り手法は心理的やプレッシャーなどに強い人でないと成功しづらい手法です。一方で、大逆転の取引ができる可能性もあり、実際大きな利益をあげる人の中には、逆張り手法を使っているという人も少なくありません。そこで今回は「逆張り手法」の基本から学んでいきましょう。※本連載では、AI技術を用いた株価予測ソフトを開発する、株式会社ソーシャルインベストメントでトレーダーとして活躍する川合一啓氏が、個人投資家が株式市場で勝ち続けていくための極意について説明していきます。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

「逆張り手法」は意外と難しい

逆張りとは、株式が大きく値下がりしたところで買いを入れ、上がったところや株価が戻ったところで売却するという手法です。

 

順張りが、上昇する株価に追って買いを入れ、さらなる値上がりを見込んで、その後売却して、利益を狙う手法ですが、逆張りは、その反対です。

 

そのため、逆張りで難しいのは、下がったところでの買いのタイミングはいつなのか。また、売却する時期はいつぐらいになるのかということです。

 

株式が下がったところで買いをいれることを「押し目買い」とも言います。

 

株価が下がってきたので、すぐに買いをいれた場合に、反発して戻せばよいですが、そのままズルズルと下がっていって、そのまま株価が回復するのを待つことになることもあります。

 

さらに下がったら、再度押し目買いを入れて買い増しをするという人もいますが、逆張りで買付した株式が、想定したよりも下がってしまった場合、塩漬け株になってしまう可能性もあります。

 

下がりすぎなのか、上がりすぎなのかの判断は、チャートでオシレーター系と呼ばれるRSI、サイコロジカル、ストキャスティクスなどの指標で判断することができます。

 

しかし、売られすぎ、買われすぎという指標の判断をする事はできますが、不安定な相場状況だとチャート上にダマシが入っていたりしてくるので、参考にならないこともあります。

 

チャートは、判断材料の一つとして、他のテクニカル系やファンダメンタルズなども併せて判断する方がよいでしょう。

 

よし、今がチャンスだ(※写真はイメージです/PIXTA)
よし、今がチャンスだ(※写真はイメージです/PIXTA)

「逆張り手法」と「順張り手法」とどちらがよいのか

逆張り手法は、下がった時のタイミングで買いをいれるところが難しい手法です。それに対して順張り手法は、逆張り手法より心理的に買いやすいという面があります。

 

順張りの場合、会社によいニュースなどが出て、株価が今後さらに上がると見込まれる中でみんなが買いをいれるので、出来高も多く、株価もよく動いていることが多く、「みんな買うから買ってみよう」という気持ちがおきやすくなります。

 

会社の成長性の期待、株主優待の内容など投資するきっかけが出ているので、買いやすいという面もあるのかもしれません。

 

一方、逆張りは下げている時に買うため、株価が下がる要因を考えると、良いことで株価が下がるというのは、あまり多くありません。

 

そのため、どこまで下がるのか不安などもあることが多く、心理的には順張りよりも重くなる傾向にあります。

 

\\11/2(火)開催//
2023年3月末日まで 投資金額4,200万円 ⇒ 2,900万円の 「一括償却」 “コインランドリー事業”

株式会社ソーシャルインベストメント 取締役CTO

2013年、現在につながる株式投資手法に出合い、ソニーグループで会社員をしながら200万円を元手にトレードを開始。2014年には専業トレーダーとして独立し順調に資産を伸ばす。2016年、わずか1ヵ月で全財産3,000万円をなくし、タクシー運転手として再就職、再び兼業トレーダーとなる。2017~2018年、年利300~400%達成。2019年、株式会社ソーシャルインベストメントにて、多くの教え子を稼げるトレーダーへ導くべく活動している。

著者紹介

連載個人投資家が「株式投資」で勝ち続けるための極意

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧