空売り(信用売り)の買い戻しを原動力として株価が上昇することを「踏み上げ」といいますが、自分が空売りした株に踏み上げが起きた時は、どのようにするべきでしょうか? 考えていきましょう。※本連載では、AI技術を用いた株価予測ソフトを開発する、株式会社ソーシャルインベストメントでトレーダーとして活躍する川合一啓氏が、個人投資家が株式市場で勝ち続けていくための極意について説明していきます。

株の「踏み上げ」とは何か?

担保を差し入れて株や現金を借りておこなう信用取引の一種に「空売り(信用売り)」があります。

 

空売りでは、株を借りて売り、期限までにその分の株を返済します。その際、最初に売った価格よりも安い価格で市場から買い戻せば差額が利益となりますので、それを主目的とするのが空売りです。ちなみに、市場から買い戻すのではなく、手元にもともとある、または他の方法で取得した同銘柄・同数の株を返済に充てる「現渡し」という返済方法もあります。

 

現渡しの返済分をのぞけば、空売りされた株はその返済期限までに買い戻されることが確実です。ですから、空売りが活発になっている銘柄には、反対に買いの力が蓄えられているということができます。

 

そして、空売りした株が上昇してしまい、決済のために損失覚悟で買い戻すことを「踏み」「踏む」「踏まれる」などといい、そんな「踏み」によって相場が一層高くなることを、「踏み上げ」といいます。空売りの買い戻しを原動力として株価が上昇する現象を、踏み上げというのです。

 

ちなみに、仕手株(集団の投資家による巨額の資金で、意図的に価格を操作された株)、中小型の材料株(株価変動の材料が公開された、時価総額の低い中小型株)は、踏み上げが起きやすいとも言われています。

空売りした株に「踏み上げ」が起きたら、どうする?

それでは、自分が空売りした株に踏み上げが起きてしまった場合は、どうするべきでしょうか。これは、どのような計算のもとでその銘柄を空売りしたか、によるといえます。

 

こんなに上がっている!(※写真はイメージです/PIXTA)
こんなに上がっている!(※写真はイメージです/PIXTA)

 

空売りは、今後その株が値下がりすることを想定した取引です。ですから、どこまで下がるのが妥当か、そして偶然によってどこまで上がるか、をあらかじめ大雑把に(かつ保守的に)計算しておくことが賢明です。

 

そして、その想定の範囲内での上昇ならば、わざわざ買い戻して損失を確定させる必要はありません。放置しておけば、再び株価は下がっていくでしょう。また、ちゃんとそういう計算をしていた投資家ならば、その自信もあるはずです。

 

しかしながら、それ以上に上昇してしまったら、それは当初の想定が誤りだった可能性があり、その後どこまで上昇するかは未知数となります。ですからこの場合は、いち早く買い戻して決済するのが賢明だといえるでしょう。

 

また、何の計算もなく漠然と空売りをしてしまった場合も、その後の株価の予測は困難ですから、いち早く買い戻して決済したほうがよいでしょう。

 

それから、きちんとした計算がありいずれ株価が下がってくることが想定できたとしても、決済間近に踏み上げが起きてしまった場合はいつ再下降するかわからないので、この場合も残念ながら、買い戻して決済した方がよいのではないでしょうか。

 

注目のセミナー情報

【国内不動産】4月25日(木)開催
【税理士が徹底解説】
駅から遠い土地で悩むオーナー必見!
安定の賃貸経営&節税を実現
「ガレージハウス」で進める相続税対策

 

【資産運用】5月8日(水)開催
米国株式投資に新たな選択肢
知られざる有望企業の発掘機会が多数存在
「USマイクロキャップ株式ファンド」の魅力

次ページ「踏み上げ株」は買うべきか?買わざるべきか?

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録