万病のもとになる「便秘」…解消のための「3つの法則」

日ごろ感じているお腹の不調は、日本人の70%に可能性がある「腸もれ症候群」の可能性が高く、もし原因が他にある場合も、逆にお腹の不調が「腸もれ症候群」を引き起こすこともあります。「腸もれ症候群」は糖尿病や、心筋梗塞、アルツハイマー病やパーキンソン病などの慢性疾患に至ることもあるため、原因や対策、解消のためになにをすべきなのか、知っておく必要があります。今回は、現役医師である藤田長久氏が、腸もれと密接な関係にある「便秘」解消のためになにをすべきなのか、解説します。

医師の方はこちら
無料メルマガ登録はこちら

認知症やうつ病も!?「腸もれ」が引き起こす疾患

今や日本人の70%に「腸もれ症候群」の可能性があるといわれています。

 

「腸もれ」とは、なんらかの要因で腸の状態が悪くなり、細胞と細胞の結合がゆるんで隙間があいて、腸菅内に存在する未消化の食物や細菌やウイルスなどの有害物質が、腸から血管に入ってしまうことを指します。

 

腸もれで引き起こされると考えられている不調は便秘・下痢、膨満感、胸焼けなどに始まり、腹痛やめまい、神経過敏、不安感、疲労が続きます。そして、原因不明のまま長期になるに従い糖尿病、心筋梗塞、自己免疫疾患、多動症、自閉症、骨粗鬆症、アルツハイマー病やパーキンソン病などの生活習慣病を含む慢性疾患に至ります。

 

私は自身の経験や診療経験から、特に腸もれと関連の深いストレスの筆頭は便秘と考えます。

 

便秘の解消に効果的なのは…(画像はイメージです/PIXTA)
便秘の解消に効果的なのは…(画像はイメージです/PIXTA)

 

食物繊維は大腸で腸内細菌により発酵されエネルギーやビタミンを生成しています。一
方、腸管は免疫系としても働いています。つまり便秘により腸内環境が悪化しますので、免疫力も低下するというわけです。こうしたことから、便秘は万病のもとになるといわれているのです。

 

慢性的な便秘で悩んでいる人は多いのではないでしょうか。今回は、腸もれと深い関係にある「便秘」を解消する法則を示しますので、実践してみてください。

①毎食前に「常温か少し温かい水」を飲む

便秘には水分不足で便が硬くなり滞留してしまうタイプと、蠕動運動が鈍くて便がなかなか送り出されないタイプの大きく二つに分けられます。

 

前者は、積極的に水分をとることが解決策となります。食事をとることで胃腸の活動が盛んになり便意が起こりやすくなりますが、その時に水分が十分にないとなかなか出ないばかりか、腹痛を起こすもとにもなってしまいます。

 

基本的には朝は、睡眠中に水分補給をしていないために不足気味なので、コップ1〜2杯飲むと良いでしょう。便秘気味の人は食間にも意識して水分をとるようにします。目安としては1日1~2ℓ程度となります。

 

水分を十分に摂取することは、便通の改善の他、のどを滑り良くする、食べ過ぎを防ぐといったメリットがあります。なお、水が冷たいと胃腸への刺激になり、消化不良を起こす場合もあるので、常温か少し温かくして飲むことがすすめられます。

 

\\8/7開催WEBセミナー//
投資すべき国NO.1「フィリピン」を活用した資産防衛&永住権取得術

医療法人社団茜会 理事長

1940年生まれ。1966年、新潟大学医学部卒。病院勤務を経て1982年に藤田神経内科病院を設立。1986年、医療法人社団茜会理事長に就任。
自身が糖尿病家系、高血圧であることから、糖質制限による体調管理にいち早く着目。
現在は糖質制限にとどまらず、食事や生活習慣の改善によりさまざまな病気を防ぎ、改善できることを日々患者に啓発している。
近年は糖質の過剰摂取による腸不調「腸もれ」に着目している。

著者紹介

連載現役医師が解説!慢性疾患の原因になり得る「腸もれ」の全容

体の不調は「腸もれ」が原因

体の不調は「腸もれ」が原因

藤田 長久

幻冬舎メディアコンサルティング

「腰痛や肩こり、頭痛がなかなか治らない」「不眠や慢性疲労に悩んでいる」 そんな慢性的な体の不調は「腸もれ」が原因かもしれません。 腸の細胞間に隙間があき、未消化の食物やウイルスが血管にもれ出る「腸もれ」。放置…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧