生活習慣病や花粉症…現代人の不調の原因は「腸もれ」にあった

慢性的な疲労感や痛み、アレルギーや生活習慣病の原因は「腸の漏れ」にあるかもしれません。本連載では、現役医師である藤田長久氏が、いまや日本人の70%が罹患しているとされる「腸もれ症候群」を改善するための食養生、生活術について解説します。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

老いも若きも「慢性的な体調不良」を抱えている日本人

現代の日本では、ストレスの増大、不規則になりがちな生活習慣などを背景に、「いつもどこかしら具合が悪い人」が増えています。腰痛や肩こり、頭痛など、日本では成人の4人に1人が、慢性的な痛みを抱えているとの調査報告もあります。

 

年を取ると誰にでもあると諦めてしまっている人も多いようですが、昨今は20~30代の若い世代や子どもでも、パソコンやスマホのし過ぎなどから、こういった不調の訴えが増えています。

 

痛みの他にも、疲れが取れない、イライラする、便秘や下痢を繰り返す、動悸や息切れ、しびれ、めまいなど、明確な原因がはっきりしない不調は、今やまったくないという人を見つける方が難しいでしょう。体と心はつながっていますから、痛みやつらさがあると活力を奪われます。こうした不調は、背景に慢性的な病気(慢性疾患)がある場合も多々あります。ひとたび発症するとなかなか治癒に至らない、いわゆる「持病」です。

 

慢性疾患の代表格といえば、糖尿病や脳卒中、がん、高血圧をはじめとする生活習慣病です。生活習慣病は自覚症状が乏しいまま徐々に進行していくのと、若い世代は自分の健康を過信し、病気の発見や治療開始が遅くなり、場合によっては生涯、その病気と付き合っていかなければなりません。

 

体の不調と一生付き合っていかなければならない…(画像はイメージです/PIXTA)
体の不調と一生付き合っていかなければならない…(画像はイメージです/PIXTA)

 

また、外部環境や食物などに過敏に反応し不調が出るアレルギーも年々、増加しており、今や社会問題にすらなっています。

 

国民病ともいわれている花粉症において、2016年に行った都の調査によると、都内のスギ花粉症の推定有病率は48.8%で、2人に1人は花粉症との報告があります。アレルギーもひとたび発症すると根治が難しく、大半はアレルゲン(アレルギーの原因物質)を避けながら対症療法で付き合っていかなければなりません。

 

人生100年といわれている時代、その大半をこうした慢性疾患とともに過ごさねばならないとしたらなんとも残念なことだと思いませんか。

 

\\10/16(土)開催//
入居率99%を本気で実現する「堅実アパート経営」セミナー

医療法人社団茜会 理事長

1940年生まれ。1966年、新潟大学医学部卒。病院勤務を経て1982年に藤田神経内科病院を設立。1986年、医療法人社団茜会理事長に就任。
自身が糖尿病家系、高血圧であることから、糖質制限による体調管理にいち早く着目。
現在は糖質制限にとどまらず、食事や生活習慣の改善によりさまざまな病気を防ぎ、改善できることを日々患者に啓発している。
近年は糖質の過剰摂取による腸不調「腸もれ」に着目している。

著者紹介

連載現役医師が解説!慢性疾患の原因になり得る「腸もれ」の全容

体の不調は「腸もれ」が原因

体の不調は「腸もれ」が原因

藤田 長久

幻冬舎メディアコンサルティング

「腰痛や肩こり、頭痛がなかなか治らない」「不眠や慢性疲労に悩んでいる」 そんな慢性的な体の不調は「腸もれ」が原因かもしれません。 腸の細胞間に隙間があき、未消化の食物やウイルスが血管にもれ出る「腸もれ」。放置…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧