高い技術力だけでは歯科医院として成功できない理由とは?

歯科医院の数が飽和状態となり、かつてのように黙って待っていれば患者が勝手にやってくる時代は終わりました。本連載では、開業医として成功を勝ち取るためのノウハウを紹介していきます。

患者が病院を判断する基準は技術力だけではない

歯科医業界を取り巻く環境は厳しい現状ですが、筆者は必ずしも「歯科医院の開業はイバラの道」だとは思っていません。これまでに数多くの歯科医院の開業相談を受けてきましたが、開業した先生方の業績が厳しいかといえば、決してそんなことはないからです。

 

開業初日からたくさんの患者さんでにぎわった歯科医院もあります。毎年確実に患者さんの数を伸ばし、診療収入が右肩上がりで伸びている歯科医院もあります。つまり、歯科医院開業は、決して「お先真っ暗」とは限らないのです。

 

では、歯科医院を繁盛させるために、最も必要なものとは何なのでしょうか? 最初にいっておくと「開業時、最も必要なもの=技術力」でないことだけはたしかです。

 

歯科医の先生と話していると、「技術さえあれば、患者さんは自然に増える」と単純に考えている方が、依然として大勢いることに驚かされます。しかし、それは残念ながら間違った“常識”です。世の中には、高い技術があるのに経営が芳しくない歯科医院もあるからです。

 

暴論のように聞こえるかもしれませんが、歯科医がいくら高い技術で治療しても、患者さんにそれが伝わるとは限りません。というのも、患者さんは「痛くない」「治療のスピードが速い」「先生の感じがよい」「よく説明してくれる」といった点で、歯科医の良しあしを判断するからです。技術面については、痛くない、素早い治療をする歯科医こそ、患者さんにとっての名医なのです。

何より重要なのは「患者思いの歯科医院」であること

歯科医の側からすると、「痛くなくて治療のスピードが速い=高い技術を持っている」とはいえないでしょう。とはいえ、歯科医が高い技術を駆使し、患者さんのことを考えながら治療したつもりでも、患者さんには伝わっていないかもしれません。

 

つまり、患者さんと歯科医の考える「技術力」には、隔たりがあるのです。となると、もちろん技術力は必要ですが、患者さんに支持される歯科医院をつくるための第一条件は、技術力+αだということです。

 

治療技術だけではないとすると、一体何が必要なのか――いろいろありますが、簡単にまとめていうと、「患者さんのことを考えること」ではないかと思います。自分自身が患者さんの視点に立って考えてみると、歯科医院に求められるものは自然と見えてきます。入りやすい雰囲気で、待合室も居心地がよいこと。そして、先生の治療についての説明の丁寧さ、スタッフの雰囲気がよいことも、安心して通院するための必須条件です。

 

このように、患者さんのことを思い、理解することができれば、おのずと歯科医院にとって重要なことは見えてきます。そして、このような「患者思いの歯科医院」があることを、周辺の住民の方に知ってもらうための広告も、大変重要になってきます。

松本税理士事務所 所長

松本税理士事務所所長。税理士。三菱商事勤務を経て、都内・埼玉県内の会計事務所に勤務。主に会社経営、税務、各種医療機関の経営サポートに従事するほか、相続税申告、確定申告時の譲渡申告等の資産税関係を担当。
1992年、さいたま市に現事務所を開業。TKC全国会医業・会計システム研究会のクリニック開業支援アドバイザーとして、歯科医院・医院サポートに注力。特に歯科医院の開業支援に定評があり、歯科専門コンサルタントを顧問として、開業セミナーや増収増患セミナーの定期開催、増収増患に関する小冊子や情報を毎月提供して、多くの歯科医院の経営を支援し続けている。

著者紹介

連載失敗しない「歯科医院の開業準備」の進め方

本連載は、2014年3月20日刊行の書籍『一生稼げる歯科医院開業読本』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

一生稼げる歯科医院開業読本

一生稼げる歯科医院開業読本

松本 泰世

幻冬舎メディアコンサルティング

歯科医師とほかの診療科の医師との大きな違いは、近い将来いずれは独立開業を迫られることになるという点です。開業準備は早ければ早い方が有利になります。しかし、具体的に何から手を付ければよいのかが分からずに開業準備を…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!