不動産運用を成功に導く「パートナー」の選び方

前回は、医師の不動産投資先選びにあたって「周辺の医師の数」などが重要となる理由を説明しました。今回は、不動産運用に必要不可欠な「パートナー」の選び方を見ていきます。

企画書を持ってくる「提案力のある営業担当」を選ぶ

収益物件で長期間競合物件と差別化を図るには、周辺地域のニーズに合ったコンセプトが必須であり、医師免許は強い武器になります。

 

ところが、残念ながらコンセプトというものはすぐに思いつくものではありません。まして一般的な社会人よりもはるかに多忙なドクターに、そのことを考える余裕はないのではないでしょうか。

 

そこで頼りにしたいのが、収益物件の仲介や販売を行うパートナー、つまり不動産会社の営業担当です。しかし、すべての営業担当がコンセプト立案の達人というわけではありません。それゆえ、立地条件と利回りだけをアピールするマニュアル通りの営業手法になりがちなのです。

 

そこで、しっかりとコンセプトを立案できる営業担当を見分ける必要があります。

 

まずは、担当者の「提案力」を確認します。たとえば、「何か差別化の提案はありませんか?」と聞いたときに「ありません」と即答するようでは論外です。多少時間がかかっても、企画書を持ってくるような提案力の有無を確認しましょう。

実現可能な提案かどうかを見極めることも重要

次にこの提案が絵に描いた餅ではなく、実現可能かどうかの「実行力」を見極める必要があります。見極めの際のチェック項目には、以下のようなものがあります。

 

●計画実現までのスケジュールを記した工程表はあるか

●あるなら1カ月後、2カ月後にどのような状況になっているか、そして完成はいつなのか

●それまでにかかるコストやその後の収支計画に無理はないか

 

ここまで漏れなく説明できる実行力があれば、営業担当としてのスキルは合格といえるでしょう。

 

ただし、いくら美しい提案でもオーナーである医師をやる気にさせなければ意味がありません。ご存知のように不動産は高額商品です。「提案の筋は通っているけど、なんとなくやる気になれない」ということもあるでしょう。

 

筆者は経験上、その「なんとなく」の原因の多くは営業担当自身にあると考えています。たとえ計画に落ち度がなくても、その営業担当は「この人なら任せられる」と思える条件を満たしていないのです。そして、その条件とは「安心感」です。

本音で話せる関係を築けるか?

しかし、安心を感じるポイントは人それぞれです。理詰めの説明、趣味の話、一緒にお酒を飲んでいて楽しい、子どもが同世代、医療に対する知識が豊富・・・、といったように、これは相性としかいいようがないかもしれません。

 

そのため「提案力」と「実行力」があることが判断できたら、「この営業担当に本音を話すことができるか」と自問自答してみてください。不動産運用を行う医師にとって、営業担当はまさに「女房役」です。年収や預金、そして将来の目標などをすべてさらけ出す必要があります。逆に営業する側からすると、さらけ出してもらわないと何年ローンがいいのか、どこの金融機関がいいのかといった最適な提案ができません。

 

営業担当はそのことをよく知っているので「本心で話してください」というスタンスで接してきます。このときに「何だか話しにくい」と感じるようなら、あなたはまだその担当を信用していないということになります。

 

そのときには、もう少し時間をかけてみる、上司に連絡して担当を替えてもらう、あるいは違う不動産会社へ相談するべきでしょう。

 

ちなみに筆者は、お酒が飲めるドクターならば、場合によっては軽くお付き合いをお願いすることがあります。お酒が入ればお互いに腹を割って話すようになるものです。「息子と一緒にクリニックを作りたい」「あと○○○○万円あれば目標達成だ」といった話が聞けて、「ならばこうしましょう」とオフィスでは決してできなかった仕事の話ができることもあります。なかには、後日「あの晩の話で人生が変わった」と言ってくれたドクターもいました。

 

とにかく、不動産運用には腹を割ってじっくり話し合えるパートナーの存在が必要不可欠ということは間違いありません。

株式会社トライブホールディングス 代表取締役社長

1979年生まれ。東京の不動産投資会社にて、土地売買からアパート、マンション、ビル建設までを幅広く手掛ける。自らが考える不動産価値と収益を最大化する不動産物件を実現するため、2010年に㈱トライブを共同で設立。翌2011年、同社代表取締役就任。これからの高齢化社会では、不動産と医療は密接に連携すべきという持論の下、高収益と高付加価値を同時に実現する独自の不動産物件を多数手掛ける。自ら沖縄の医療法人にも助力し、倒産しかけた医療施設の再建に乗り出し、再生させた。また、新たな医療法人の立ち上げにも参画し、地域医療の活性化に努めている。著書に『なぜ医者は不動産投資に向いているのか?』『資産10億円を実現する 医師のための収益物件活用術』(いずれも幻冬舎)がある。

株式会社トライブホールディングス:http://trivehd.co.jp/

【最新書籍】無料プレゼント:https://trivehd.co.jp/lp/r/book07/

【医師限定】不動産投資セミナー:https://gentosha-go.com/ud/seminar/id/5f20c5757765611528000000

著者紹介

連載医療×不動産で生まれる超高収益スキーム

本連載は、2016年4月27日刊行の書籍『資産家ドクター、貧困ドクター』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

資産家ドクター、貧困ドクター

資産家ドクター、貧困ドクター

大山 一也

幻冬舎メディアコンサルティング

いまや「医師=超富裕層」とは限らない時代。自分の資産は自分で守り、増やすことが当たり前になってきました。しかし、多忙な医師にはそんな時間を作ることさえ難しいのが実状です。 そこで本書は「手間をかけずに確実に儲か…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧