「周辺エリアの医師の数」を重視するドクターの不動産投資

前回は、人口減少が進む中で、医師だからできる競合物件と差別化をする方法について説明しました。今回は、「周辺エリアの医師の数」と「コンセプト」という土地選びの視点について見ていきます。

人口の少ない地方都市でも経営は成り立つ

たとえば、シングルマザーの多いエリアなら託児所を併設した「シングルマザー向けシェアハウス」や、高齢者が多い地域なら日帰りで利用できる「デイサービス付き高齢者住宅」といったものです。

 

このように医師ならではのコンセプトを明確に打ち出せれば、多少、人口の少ない地方都市でも十分に経営は成り立ちます。同時に、シングルマザーや高齢者が生き生きと生活できるといった地域の活性化にも役に立てるでしょう。

 

逆に、いくら都心に近くいい立地でも、コンセプトのない平凡な物件では、競合に埋もれて年月とともに入居者募集が困難になります。また、どんなに画期的なコンセプトでも、過疎地のような人がそもそも少ない土地はお勧めしません。一棟だけでの集客効果には限界があるからです。過疎地には、行政による町興しなど、大がかりな仕組みがないと人は集まらないものです。ある程度の人口規模があったうえでのコンセプト選びが重要です。

人口あたりの医師数が少ない国への進出も視野に入れる

「周辺エリアの医師の数」と「コンセプト」という土地選びの視点は、何も国内に限ったことではありません。

 

日本は、先進国のなかでは人口当たりの医師の数が少ないほうです。人口1000人当たりの医師の数は2.3人となっており、ドイツの3.9人やアメリカ合衆国の2.5人などと比較すると、まだまだ医師不足といえます。しかし、世界に目を向ければ、さらに医師数の少ない国はいくらでもあります。

 

たとえば、定年退職後の移住先として人気の高いマレーシアは1.2人、同じくアジア圏内で今後の成長が見込まれているタイは0.4人、インドネシアは0.2人、カンボジアは0.2人となっています。日本に比べても圧倒的に医師が少ない状況です(TheWorldBank「WorldDevelopmentIndicators2015」より)。

 

また、各国の在留邦人数は次のようになっていますが、これに対して日本人の医師は不足しているようです。

 

●マレーシア

邦人人口:約2万2000人(日本人医師1名程度)

注意点:日本の医師免許書換不可

 

●タイ

邦人人口:約6万4000人(日本人医師3名程度)

注意点:タイの医師免許が必要

 

●インドネシア

邦人人口:約1万7000人(日本人医師2名)

注意点:日本の医師免許書換不可

 

●カンボジア

邦人人口:約2200人(複数の日本人医師が常駐)

注意点:日本の医師免許の書換可能

 

※邦人人口については「海外在留邦人数調査統計」(2015年、外務省)より。日本人医師数と注意点については「東南アジア医療事情」(2012年、田中耕太郎氏レポート)、「平成25年度新興国マクロヘルスデータ規制・制度に関する調査」(経済産業省)を元に作成。

 

これらの国の一等地であれば、日常生活で困ることもないでしょう。海外で気ままにリゾートライフを送りながら、現地の日本人を対象とした開業も、タイのような国なら決して不可能ではありません。

→毎日読むのが楽しみ!「幻冬舎ゴールドオンライン」無料メルマガ登録はこちら​

 

 

幻冬舎ゴールドオンラインの主催・共催・協賛セミナーをいち早くお届けする、

LINE@アカウントを始めました!お友達登録はこちらからお願いします。

 

友だち追加

 

株式会社トライブ  代表取締役社長

1979年生まれ。東京の不動産投資会社にて、土地売買からアパート、マンション、ビル建設までを幅広く手掛ける。自らが考える不動産価値と収益を最大化する不動産物件を実現するため、2010年に㈱トライブを共同で設立。翌2011年、同社代表取締役就任。これからの高齢化社会では、不動産と医療は密接に連携すべきという持論の下、高収益と高付加価値を同時に実現する独自の不動産物件を多数手掛ける。自ら沖縄の医療法人にも助力し、倒産しかけた医療施設の再建に乗り出し、再生させた。また、新たな医療法人の立ち上げにも参画し、地域医療の活性化に努めている。著書に『なぜ医者は不動産投資に向いているのか?』『資産10億円を実現する 医師のための収益物件活用術』(いずれも幻冬舎)がある。

株式会社トライブホールディングス:http://trivehd.co.jp/

著者紹介

Soegi Group 代表

公認会計士・税理士。1979年生まれ。大阪府立大学経済学部卒業。グロービス経営大学院卒業MBAホルダー。2002年に公認会計士試験合格、卒業後約8年間にわたり大手監査法人にて会計監査、上場準備会社の支援、企業再生、M&A支援等に従事。2010年に同監査法人を退所、公認会計士西川会計事務所を創業。近年は特に医療法人の設立や医師の独立支援を多数手掛ける。

著者紹介

連載医療×不動産で生まれる超高収益スキーム

本連載は、2016年4月27日刊行の書籍『資産家ドクター、貧困ドクター』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

資産家ドクター、貧困ドクター

資産家ドクター、貧困ドクター

大山 一也,西川 晃司

幻冬舎メディアコンサルティング

いまや「医師=超富裕層」とは限らない時代。自分の資産は自分で守り、増やすことが当たり前になってきました。しかし、多忙な医師にはそんな時間を作ることさえ難しいのが実状です。 そこで本書は「手間をかけずに確実に儲か…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧