練馬区美術館の館長が語る「アートの価格は誰が決めるのか?」

Appleのスティーブ・ジョブズが、文字のアートであるカリグラフィーをプロダクトに活かしていたことは有名だ。マーク・ザッカーバーグがCEOをつとめるFacebook本社オフィスはウォールアートで埋め尽くされている。こうしたシリコンバレーのイノベーターたちがアートをたしなんでいたことから、アートとビジネスの関係性はますます注目されているが、実際、アートとビジネスは、深いところで響き合っているという。ビジネスマンは現代アートとどう向き合っていけばいいのかを明らかにする。本連載は練馬区美術館の館長・秋元雄史著『アート思考』(プレジデント社)の一部を抜粋し、編集したものです。

【医師限定】節税、開業、資産形成…全部叶える!
資産家ドクターになる「不動産投資」講座 開催中>>

オークション最高額は9107万5000ドル

消費社会における作品

 

2019年5月15日にクリスティーズ・ニューヨークで開催された戦後・現代美術セールで、アメリカ人アーティスト、ジェフ・クーンズの《ラビット》が、9107万5000ドル(約100億円)で落札され、2018年デイヴィッド・ホックニーが記録した、現存するアーティストのオークションにおける過去最高額9031万2500ドル(約99億円)を更新しました。

 

この落札された《ラビット》は、1986年にクーンズが31歳のときに制作され、アメリカ人実業家のサミュエル・ニューハウス・ジュニアによって購入されましたが、ニューハウスが2017年に他界したことを受け、遺族がクリスティーズに出品していました。

 

アメリカ生まれのポップアーティストといえば、アンディ・ウォーホルが有名ですが、ウォーホルの精神を引き継いで、コマーシャリズムやエンターテインメントと真っ向勝負しながら作品を制作し続けてきたのが、ジェフ・クーンズです。クーンズの前歴は変わっていてニューヨーク証券取引所のストックトレーダーでした。

 

アート作品は、版画やブロンズ彫刻などは別にして、基本的にオリジナル1点だけだという。(※画像はイメージです/PIXTA)
アート作品は、版画やブロンズ彫刻などは別にして、基本的にオリジナル1点だけだという。(※画像はイメージです/PIXTA)

 

ウォーホルの後継者らしく、クーンズの作品はときにスキャンダラスでキッチュなもので、いくつもある代表作の中には、1991年の、イタリアのポルノ女優で国会議員だったチチョリーナとのからみを大型作品化した《メイド・イン・ヘブン》というものもあります。春画から着想したかのような性器の挿入場面を写した露骨なセックス描写で論争を巻き起こしましたが、この手のスキャンダルはクーンズの望むところです。

 

クーンズの《ラビット》は、うさぎのおもちゃを巨大化したステンレス製の彫刻で、一見、光沢のあるバルーンのように見える彼の代表作のひとつです。この作品の真骨頂は、ビニール製の銀色の風船、バルーンが、実はべらぼうに重い無垢のステンレスだったというところです。

 

見た目と実際の極端な違いは、作品を前にしたときに、より実感され、見るという行為がいかにいい加減かを知ることになります。その一方で戯画化された世界の儚さを感じる作品です。例えば、CNNのニュースのようにマスメディアは、人の死も戦争すらも見世物にして世界を劇場化させて、消費の対象にしてきましたが、そうした消費社会の、現実の重さと軽さを同時に表現しています。

東京藝術大学大学美術館 館長、教授 練馬区立美術館 館長

1955年東京生まれ。東京藝術大学美術学部絵画科卒業後、作家兼アートライターとして活動。

1991年に福武書店(現ベネッセコーポレーション)に入社、国吉康雄美術館の主任研究員を兼務しながら、のちに「ベネッセアートサイト直島」として知られるアートプロジェクトの主担当となる。

開館時の2004年より地中美術館館長/公益財団法人直島福武美術館財団常務理事に就任、ベネッセアートサイト直島・アーティスティックディレクターも兼務する。2006年に財団を退職。2007年、金沢21世紀美術館館長に就任。10年間務めたのち退職し、現職。

著者紹介

連載ビジネスエリートに欠かせない「現代アート」という教養

アート思考

アート思考

秋元 雄史

プレジデント社

世界の美術界においては、現代アートこそがメインストリームとなっている。グローバルに活躍するビジネスエリートに欠かせない教養と考えられている。 現代アートが提起する問題や描く世界観が、ビジネスエリートに求められ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧